コカ・コーラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「コカ・コーラ」の項目を執筆しています。
「スカッとさわやかコカ・コーラ」
コカ・コーラ について、卑弥呼

コカ・コーラ(英:Coca-Cola)、コーク(英:Coke)は、世界有数の飲料メーカーであってアメリカ合衆国による世界征服の手先にされている(とされる)企業、およびその企業が販売する麻薬入りが疑われるコーラ飲料のことである。

しかし、肝心のアメリカでペプシコーラ(ペプシコインク)の方に気変わりするする人がたくさん出てしまったことや、その陰謀に気づいた(主にアラブ系の)人が対抗して別のコーラ(メッカコーラ)を販売するなどの動きを見せているため、世界征服の目的を達成することは未だにできないでいる。

コカ・コーラの概要[編集]

麻薬入り?

コカ・コーラという名前のうち、「コーラ」はコーラ飲料全般の原料であった「コラ」という植物の実に由来している。昨今は手間と費用の問題でコラの実など全く使っていないのだが、これはまあ良いとしよう。問題は「コカ」と「砂糖」である。

このコカ、実はアルカノイド(有機化合物の一)の一種であり、麻酔および麻薬としても知られる「コカイン」を指しているのである。すなわち名前の通りなら、全世界で消費されるコカ・コーラには、アメリカによる洗脳計画の一部として麻薬が含まれていることになる。

コカ・コーラ社の創業地であるアメリカでは、既に19世紀の段階でこのことが問題視されていたと言われており、同社は麻薬入り飲料を販売していたと認めたくないためか、「コカ・コーラには最初からコカインなど入っていなかった」と歴史修正主義に基づく公式声明を発表した。

日本中国など諸国はコカ・コーラ社のこの発言を鵜呑みにし、コカ・コーラを自分の国で生産することを認めさせたが、ヨーロッパでは自分の国の飲料産業が潰れるのは嫌だからというわがままな側面もかなり強かったが「麻薬入りが疑われる飲料など飲めるか」と反対運動が繰り広げられたこともあった。しかし結局、コカ・コーラ許容・支持派の人が多かったため、それらの国でもコカ・コーラは販売されるようになった。

なお現在でも、コカ・コーラとコカインの関係をアメリカの会社に問い合わせることは禁則事項です

続いて砂糖。アンサイクロペディア常習性の高い麻薬としておなじみだが、ペプシにも入っている。最近は合成甘味料で代用した商品も扱っているが、味についてはお察しください

コカ・コーラ社の創業地であるアメリカでは、既に20世紀の段階でこのことが問題視されていたと言われており、同社は麻薬入り飲料を販売していたと認めたくないだろうから、「コカ・コーラには最初から砂糖など入っていなかった」と歴史修正主義に基づく公式声明を近々発表する予定である。

またアメリカ主導の覇権を面白く思わないアラブ諸国では、そのヨーロッパの人々と手を組んで冒頭で書いた「メッカコーラ」(英:Mecca Cola)という独自というが実質的にはコカ・コーラの劣化コピーのコーラを開発し、反米活動の道具として活用している。

ペプシとの戦争[編集]

世界中で広く知られているが、コカ・コーラはペプシコーラ第二次世界大戦終了後から何度も営業妨害まがいのことも含めた挑戦を吹っかけられている。

これは世では「コーラ戦争」とか言われているが、実質的にはペプシからコカ・コーラへの侵略活動に過ぎず、コカ・コーラはほとんど防戦に徹している。それはペプシに対して下手に反抗すると、コカ・コーラが昔から「自分たちは大人でペプシは子供ガキ)」と内心バカにしているペプシと同レベルの企業と世間からみなされ、コカ・コーラの愛好家を落胆させ、かえって自分のシェアを落としかねないと考えているからである。

そのため、ペプシからの攻撃は「子供からの投げ石のようなものだ」として静観しており、反応してくれないことを妬んだペプシをかえって調子に乗せてしまった。ひどいときはその子供の踏み台にされたこともあったが、必死に耐えている。

また1985年には一回、まともにペプシに喧嘩を仕掛けようと「味を変える」という巨大プロジェクトを立ち上げたこともあったが、コカ・コーラのプライドで「ペプシへの対抗」というキーワードを公表することが出来なかったため、上述したシェア下降の事態に陥りすぐ計画を中断した。しかしその迅速・正直さと「大人のコカ・コーラが反省して帰ってきた」ということが好印象を与え、コカ・コーラのシェアは伸びたというから、コカ・コーラにとっては「禍転じて福」だったと看做せよう。

日本での状況[編集]

最後は数で勝負をつける

さて、上述したようにコカ・コーラは日本にも進出してきている。日本におけるコカ・コーラの侵略活動の手先となっているのは日本コカ・コーラ社であり、日本の飲料業界でも同社の製品はかなりのシェアを有している。

しかし、アメリカとは状況の異なる面もいくらかある。まずコーラなど炭酸飲料より爽健美茶など)とコーヒー(ジョージアなど)をたくさん売っていて総合飲料メーカーになっていること、次にペプシと棲み分けを図っていることである。

前者は同社による世界征服計画が遅々延々として進まない理由として、世界的に健康ブームとかで非炭酸飲料の売り上げばかり伸びていて炭酸飲料が没落しているのに、炭酸メインを放置している社の方針があげられている中、見習うべき事例だとしてアメリカからも注目を集めており、日本からアメリカに人材が派遣されるなどの動きも見られる。

後者はコカ・コーラが偉かったというより、ペプシの戦略の失敗で同社のシェアが伸ばせなかったことからやむなくペプシ・サントリー側が打ち出したといえるものである。そのせいで昨今ではペプシを扱うサントリーの自販機でも普通のペプシを見つけにくい(TwistやNEXばかり)状況になっていたりする。

コークファン[編集]

1940年代のコークのガラス瓶は0.1%のウランを含有し、紫外線を当てると蛍光緑色を呈する。瓶を目当てに収集するコレクターも多い。

コカ・コーラは世界で最も売れている炭酸飲料だけあって、コアなファンがたくさんいる。彼らはコークファンと一般的には呼ばれている。

アルコール飲料()やグロテスク飲料にはまる人よりはマシといわれているが、ひどいものになると砂糖中毒で肥満になったり病気を煩ったりしており、一部では社会問題とみなす声もある。だが、それをいうならば他の清涼飲料水全般にも当てはまるため、煙草や他の麻薬のように規制・禁止すべきという声はなかなか強くならない。

規制が行われないもう一つの要因としてコカ・コーラ社に雇われた傭兵の存在が挙げられる。第二次世界大戦を熱烈に支援したことでも知られているように、コカ・コーラ社はその筋のコネクションを持つ。1980年代、健康過激派がコーラの製造を停止させるためにコカ・コーラ社の重役を誘拐したが、コカ・コーラ社は傭兵を雇い事態に対処した。誘拐のスペシャリストであるこの傭兵は、犯行側の家族の名前を記したリストと死体安置所の死体から切り取った指を贈りつけ、無条件で人質を解放させている。この傭兵もまたコークファンであり、報酬の一部をコーラで受け取っている。

またコカ・コーラは国ごと、製造業者ごとに味が異なる事があることで知られており、それゆえわざわざ隣国の品を仕入れて愛飲する人もいるといわれている。コーンシロップを使っているアメリカ製に対し、砂糖を変わらずに用いているメキシコ製のコカ・コーラがアメリカに逆輸入されている事例は、代表的なものである。

日本でも、アメリカのコカ・コーラは製造量が多い分だけ単価が安く、輸送費用を考えても日本製を買うより安くなるということで、格安飲料自販機や輸入食料品店でアメリカ製のそれを見ることがある。原材料費を抑えられたアメリカ製のパッケージのアルミは非常に柔らかくできており、積み上げられたケースの中で既に圧縮されていることから、手間の省けた主婦や持ち運びやすくなったとして運送会社に大変好評である。また味覚面では、アメリカ製のコカ・コーラは日本のそれより甘さが抑えられており、飲みやすいということでこちらを好む層もある程度いるといわれている。

なお、ペプシコーラに対しては嫌悪感を強く示すものと、気分次第で飲み分け両方とも愛飲するもので分かれている。ペプシみたいに精神錯乱を起こさないのは、「大人飲料」といわれる所以である。

関連項目[編集]


ドーピングコンソメ.jpg フゥ~この「コカ・コーラ」わぁ~、我が帝国に関する記事だぁ~。おまえ達にこの記事をより愉快に出来るかな。加筆しろーいいから加筆しろー!俺の料理は至高にして究極だー! (Portal:スタブ)