コスチュームプレイ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
コスプレの成功例
「コスプレするなら心まで飾れ」
コスチュームプレイ について、銀魂サブタイトル

コスチュームプレイ、略してコスプレとは現実逃避願望を一時的に解消する方法である。あくまでも一時的にである。

目次

[編集] 概要

こういった着ぐるみも高得点。
春のプロ
冬のプロ

コスプレを楽しむにはアニメ漫画ゲームライトノベルなどに登場するキャラクターに扮装するコスプレイヤーとなるか、そのコスプレイヤーに蠅の如く群がるカメラ小僧及び観衆になるかの二者択一を迫られる。前者になるには様々な条件や試験があるため(後述)、大多数は後者の道を選ぶことになる。コスプレイヤーはキャラクターになりきることで現実を忘れ、カメラ小僧と観衆はコスプレイヤーに目を奪われることで束の間現実を忘れる。あくまでも束の間である。

[編集] 歴史

コスプレの歴史は古く、20世紀には小説アニメ漫画登場人物の仮装をする人々が登場していた。90年代末になると店員がメイドのコスプレをするメイド喫茶が登場するなど、コスプレは広く認知され、ルールや規範が急速に体系化されていった。

[編集] ルール

  • 何らかの仮装をし周囲の注目を得ることを競う。
  • 妄想力と化粧力と演技力が不可欠。
  • 過度なパフォーマンスによって注目を得ようとすると失格。あくまで服装で勝負。
  • 新聞や雑誌に取り上げられたらその発行部数などに応じてボーナスポイント
  • 逮捕されたらボーナスポイント

[編集] 名プレイヤー

  • ヘンリー王子(ヘンリー・チャールズ・アルバート・デイヴィッド・マウントバッテン=ウィンザー)
仮装パーティでロンメル将軍のコスプレをし、ユダヤ人団体に絶賛された。
経営者代表。ドラえもんになりたくて、世界最大級のコスチュームプレイのポータルサイトまで作ってしまった。

[編集] プロ集団

  • 毎年2回春と冬に開催されるコミケにプロのコスプレ集団が現れる
  • ネタに走るか、エロを目指すか、可愛さを目指すか・・・こちらのページで評価していただきたい

[編集] 関連項目

Uncyclomedia Commons.png
アンコモンズに、コスチュームプレイに関するガラクタがあります。


この項目「コスチュームプレイ」について57. 2%がスタブにしなくても良いと回答しているが、この記事を読まなかったサイレントマジョリティを考慮に入れて追加したほうが良いと結論付けられる。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語