コソボ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
コソボ共和国
Republika e Kosovës(アルバニア語)
コソボバブ・ゲボボムシカカ(コソボ語)
Flag of Albania(逆色).svg.png [[Image:800px-Flag of the U S A.png|100px]]
(国旗) (国章)
国の標語 : セルビア人をブッバキューンせ!
コソボの位置
公用語 アルバニア語 
コソボ語(バントゥー語群)
首都 プリシュティナ
最大の都市 プリシュティナ
臨時大統領 ジョージ・W・ブッシュ
臨時首相 コンドリーザ・ライス
面積
 - 総計
 - 水面積率
世界第xx位
xxx,xxxkm²
不明
人口
 - 総計(xxxx年
 - 人口密度
世界第xx位
xxx,xxx
x人/km²
政府 不明
国民的な英雄 不明
独立 最近
通貨 物々交換 ([[USO 4217|]])
時間帯 UTC +1 (DST: 不明)
国歌 不明
宗教 不明


コソボ(コソヴォ)は、本当はバルカン半島中部に位置するが、そこはかとなくアフリカっぽい響きの名前であるが故に、大半の日本人からアフリカ大陸中央部あたりに位置すると思われている空想上の国である。

目次

[編集] 政治

国連安保理決議666によりアメリカ合衆国を中心とする空爆戦隊NATO軍の暫定統治下にあったが、アメリカは石油の出てくる美味しい国とかの相手をするのに忙しいので、近日中にEUに丸投げする予定である。

独立時にはアメリカ国旗を振る若者もいるぐらいの親米国で、アメリカ合衆国の第51番目の州に立候補しているが、多数のライバル(日本カナダ、その他大勢)がいるため当選は難しいとされている。今は、大阪民国が植民地支配していると言う噂もあるが真相は、わからない

[編集] 経済

現在のコソボの経済状況は非常に貧しく、海外に出稼ぎにいった人々の仕送りや外国の援助金に支えられているような状態だが、セルビアで燃やされた多数のマクドナルドがコソボに店舗を移転して営業を再開する見込みなので、心配は無用である。

[編集] 住民

民族構成

  • アルバニア人(黒人) 88%
  • セルビア人(色の白い黒人) 7%
  • ブルガリア人(白人) 40%
  • その他、おもしろ黒人多数

[編集] 独立運動

セルビア南部コソボ自治州は、2008年2月17日現地時間で午後3時、セルビアからの独立を宣言した。もちろん、セルビアはヘソを曲げて、つむじも曲げて、「独立は無効!」と主張。ロシアも一緒につむじを曲げている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「コソボ」の項目を執筆しています。

コソボのサチ首相による独立宣言は、アルバニア語でなされた。アルバニア語はインド・ヨーロッパ語族の独立した一語派であり、スラブ語に属すロシア語やセルビア語とはやや趣きが異なる。やっぱり独立は正解じゃないのか? その時の宣言が、「我々は貧相でアホなセルビアから独立しセルビアをうんこたれにします。」と発言。これに対しセルビアは唖然。

セルビアの首都ベオグラードは、昔、ユーゴスラビアの首都だった。ユーゴスラビアという国はもうなくなって久しい。コソボの独立は、このユーゴスラビア解体の最終段階なのである。

この項目「コソボ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語