コマンドー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事はフィクションです。
実在の人物、団体、企業、コマンドーとは一切関係ありません。

コマンドーとは、父親と娘のエクストリーム・かくれんぼをそのまま映像化した、日常系コメディ番組である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「コマンドー」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「フルハウス (1987年のテレビドラマ)」の項目を執筆しています。

概要[編集]

1985年より隔週で連載されており、子育てに奮闘する父親の姿が描かれている。初めは視聴率が振るわず低迷していたが、母子家庭の母親などを中心に徐々に人気を博していった。

1990年台には世界各地に放送が拡大し、コメディでありながらも家族や友人の大切さなどを語る場面もあり、一定の評価を受けた。

名台詞が多く、スピンオフドラマなども公開されており、一定の人気が定着している。

あらすじ[編集]

スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、フェル博士の正体はハンニバル・レクター教授であることや、ロジャー・アクロイド殺しの犯人は語り手の医師であることや、太陽の翼はアクエリオンそのものの事だったことや、天沢勇子の兄信彦はカルテ番号4422であり交通事故直後に死んでいることや、暁の黒幕はトビことうちはマダラ、と思わせておいて実は「死んだ」と思われていたうちはオビトであることや、“ともだち”の正体はカツマタでありフクベエは小学校時代に死んでいたことや、レザード・ヴァレスがオーディンと融合して神となることや、飛鳥五郎殺しの犯人は総統Dであることや、吾輩」は偉そうな事言った挙句に酔っ払って溺れ死ぬことや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

プロローグ[編集]

父親(ジョン・メイトリックス)との普通のかくれんぼに飽きた娘(ジェニー)は、より刺激的なかくれんぼを求めて、当時家族ぐるみで付き合いのあった、当時役者で大きなお友達だったベネット元大尉に相談を持ちかける。

当初、ただでも喜んでやるつもりだったベネットだったが、ジェニーがなけなしのお小遣い(10ドル)をポンッとくれた事で、口だけが達者なトーシロを集め、少々派手なドッキリを仕掛ける事に。人脈の無駄遣いである。

かくれんぼ開始[編集]

ジェニーの作戦を知らないメイトリックスだったが、突如娘が誘拐された上に変な任務を押し付けられるという事態に直面し、面食らってしまう。

しかしそこは元特殊部隊の隊長を務めた経験による勘でなんとか乗り切るが、ただのかくれんぼと知らないメイトリックスはマジで娘が誘拐されたと勘違いしており、少々派手に行く事に。経験の無駄遣いである。

道中で「空手の恵子」と名乗るシンディを半ば強制的に仲間に引き入れ、娘の監禁場所と思われる島に捜索という名義で作戦行動を仕掛けるのであった。

戦闘開始[編集]

予想より早いメイトリックスの登場に少々驚くベネットだったが、実はこの時を待っていた。以前から手合わせ願いたいと思っていた事や、役者として演技派で通していた自分の実力をジェニーに見せたかった事もあり、ドッキリである事を告げずにメイトリックスを挑発していく。

そうこうしている内にドッキリであった事を告げるタイミングを逃し、なんとベネットは殉職してしまう。役者としては本望だったか。

しかしジェニーとしては、以前から何かにつけてちょっかいを出してくるベネットについては快く思っておらず、なんとこの展開も計画通りだったんだとか。なんというジェニー、恐ろしい子!

エピローグ[編集]

無事に事態を解決したメイトリックスとジェニー。

なぜかメイトリックスは以前の職場の上司、カービー将軍に戻ってこないかとスカウトを受ける。しかし、

メイトリックス「特殊部隊より自宅警備員を増やす必要がある」

と答えて断った。めでたしめでたし[注 1]

ジェニー「ドッキリなんて無かった。いいね?」

ベネット「残念だったな、トリックだよ」

登場人物[編集]

ジョン・メイトリックス
娘思いの優しい父親。目に入れても痛くないんだとか。普段はガーデニングや木こり等で生計を立てている元特殊部隊隊員。娘には「かくれんぼの鬼の鬼」と呼ばれている。どこに隠れてもすぐに見つかってしまうらしい。
ジェニー・メイトリックス
父親思いの優しい娘。勉強は父親に見てもらっているため、知識が特殊部隊寄りに偏っている。それを補うために父親に勧められて読書を始めたが、特殊部隊寄りの本ばかり読んでいるため効果は無かった。
シンディ
巻き添えを食らった可愛そうな民間人。「空手の恵子」と名乗りジョン・メイトリックスから逃げようとするが、付け焼き刃な空手ではかなうはずも無く、渋々従う羽目になった。空手の他にも小型飛行機を操縦できたり、説明書を読んだだけでロケットランチャーが扱えたりと結構有能で、まさかの即戦力であった。
ベネット
ジョン・メイトリックスと同じ職場だった事もある元大尉。役者として数々の映画に出演し、幾つか賞をもらっていた。趣味でサバゲーなどを嗜んでいる。
口だけが達者なトーシロ
ベネットに雇われただけの、ただの力カシでスナイパー。(はたけカカシとは別人)
フランクリン・カービー将軍
とってもフランクな将軍。実力は不明だが、ジョン・メイトリックスとは長い付き合いだった。彼を見込んでいたが職場を去られ、なんとか復帰してもらえないかと考えていた。叶わなかったが。

後日談[編集]

  • そこには親子で海戦アクションゲームを楽しむ姿が[1]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ユーモア欠落症患者と見られるウィキペディアンのために、元ウィキペディアン特殊部隊が、なぜここで「めでたしめでたし」となるのかを以下に善意により説明してやる。一回しか言わないからよく聞くように!まずメイトリックスの視点だが、誘拐された娘を無事に取り戻したので、めでたしめでたし、となる。また、本項では触れていないが、メイトリックスは後にカービー将軍の部下数人を、ヒマだからという理由だけで自宅警備につけてもらえるという特典をもらっているため、そういう意味でもめでたいのである。分かったか!次にジェニー視点となるが、なぜめでたいのか、それは父親とまたエクストリーム・かくれんぼができるからである。特殊部隊なんかに行かれたら遊べないのである。そしてもう一点は目障りだったベネットを自分の手を汚さずに処理できたと、この瞬間は思っていたからである。つまり、一番めでたい瞬間なのである。次の行でベネットが死んでいないと気づいた時、一時期ショックで声を失ったんだとか。つまり、めでたしめでたしを使い、めでたい事をアピールする瞬間はこの瞬間しか無かったのである。分かったか!わかればそれでよろしい。めでたしめでたし。byハートマン軍曹

出典[編集]

  1. ^ "『ハイスクール・コマンドー』8話". わぐ (2016年6月7日). 2018年6月20日閲覧。

関連項目[編集]

この項目「コマンドー」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。