コーラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
  • ちょっとおかしなオジサンが発する奇声。「オラコラボケ」の三段活用の一つとして使われる。
  • 何かの実から取れるエキスを使ってる飲料。この項で記載。

某番組のCMで紹介された日本の新コーラ。1リットル缶はアメリカ人対象ならまだしも日本人には多い気がするが、それでもこの製品は売れたらしい

コーラ(Cola)は、コークペプシコカイン属の植物。その種子は、「炭酸飲料」と呼ばれ、大量の果糖ぶどう糖液糖を含む。日本において唯一許された戦略兵器であって、奈良時代より注目されて取引された。

真っ黒い液体で、口に含むと連続して爆発を起こす。消防法適用品、危険物第5類(自己反応性物質)指定で貯蔵できる量は50kg以下。

楽しみ方[編集]

世界の覇者はコーラを飲む…らしい
業界関係者でも浮気はしょっちゅうだという

コーラの飲み方は人それぞれである。ここでは一般的な飲み方を記す。

  • まず風呂に入浴するなどして心身を落ち着かせる。そして布団もしくはベッドに正座をし、皇居に向かって敬礼し、お祈りの言葉を三回唱えたあとに飲む。これは脳からアドレナリンを大量に放出するため、性行為自慰をする前にやることが望ましい。 
  • 風邪を引いた時などは、飲み口にアイスクリームを塗り、コーラを一気飲みして吐き気を催して一気に胃の中のものを吐いてしまうことにより、体調が完全復活する。そのため、「大日本高羅連盟」というNGO団体が国会議事堂に赴き、衆議院予算委員会にて憲法改正を唱えるが、いずれも門の警備員にぶっ飛ばされている。この光景は日本の初夏の風物詩であり、修学旅行生などに大人気である。
  • ある種の依存性があり、振戦等の禁断症状を起こす場合も見受けられる。三食をコーラを摂取して生活する人種もおりコーラ無しでは生活できないと言う健康被害が報告されていて、コーラダメシンドロームとして近年懸案となっているがDHMOに比べれば被害は軽微である。
  • またアメリカの一般家庭では「フライド・コーク」がポピュラーな家庭料理として親しまれている。これはコーラ味の生地をフライにし、シロップやシナモンシュガーなどを掛けたもので、飲み物・揚げ物・甘味を同時に味わいたいというアメリカ人の合理性がよく表れた国民的デザートとして有名である。
    • 料理はしないがデザートは作るというアメリカの一般家庭ではフライド・コークをいかに美味くデコラティブに作るかが主婦の腕の見せ所でもあり、その味付けや飾り付けには各家庭の特色が出ると言われている。健康に気を使う上流家庭ではコーラはダイエット・コーラを使うのが良いとされているが、逆に高カロリーな食品を好む家庭ではピザやフライドチキンなどを飾り付けに使いその妙味を楽しんでいる。
    • アメリカではこれ以外にも、DHMOの代わりにコーラを用いることが多いが、それゆえ日本でいう500ml(アメリカはヤード・ポンド法なので若干量が違うが)のペットボトルはまだしも、1lに相応する量のペットボトルを普通に買っていき、一気飲みする人が多い。DHMO中毒ならぬコーラ中毒といってもはや過言ではないだろう。
  • あと、メントスと一緒に飲む、飲み口にアイスクリームを塗って飲む、うがいをするなどの楽しみ方もあるが、チキンにはおすすめできない。

兵器としてのコーラ[編集]

兵器としての利用法

古くから、コーラは兵器としての利用も活発に行われてきた。以下に特徴をあげる。

  • 高い爆発性
コーラには広島市に投下された原爆のおよそ10万倍のエネルギーがあるといわれ、取り扱いを誤った事による犠牲者は年間数十万人規模で発生している。これはTNT爆薬に換算すれば5000t以上、世界最大の原子爆弾ツァーリ・ボンバと同等である。
起爆剤として、前述のメントスのほか、グッピーラムネフリスクがある。しかし、起爆剤をいれずにただコーラを振っただけであれば、爆発し風が起こり、風が吹けば桶屋が儲かるがおきる。これをコーラに投入する事によって、大爆発が発生するといわれているが、実験を行った者が多くを語ろうとせず、詳細は謎に満ちている。
  • 被害の長期化
コーラによる爆発の被害を受けると、物的な被害はもとよりその者に対して深刻な精神的ダメージを与え、士気の低下に繋がる。具体例としては、炭酸飲料を開けるときに恐怖感を抱き、ちょっと開けてはまた閉める、といった行為を繰り返す症状が発生する。
  • 生産の容易さ
コーラの生産は非常に容易で、コカインを水に溶かすだけという非常に原始的な手法で生産される。そのため、発展途上国でも生産する国が後を立たず、たびたび国連安保理でも議題となる。
  • 取り扱いの容易さ
コーラはペットボトルやビンと呼ばれる、内部からの爆発に耐えうるような高気密で頑丈な容器に入れられる事が多く、手荒に扱っても誤爆する危険性が低い。
兵器として使用する際も、容器を力いっぱい振り回し敵陣のコーラとすりかえるだけで初心者でも簡単に兵器化することが可能で、小学生が悪戯半分で使用したために大惨事が発生するほどである。
また、その空き容器にガソリンDHMOを満たす事で再び別の兵器として使用する事ができ、空き容器が公園や道路などに散乱することが社会問題になっている。
  • バイオ兵器
小さい頃からコレステロールが高めのお子様が飲用すると体内で爆発テロが起こる。血糖値を最大に上げ、やる気をなくさせ、ピザが神のリンゴに見えてしまう症状に陥ってしまう。
この生態兵器は細胞を変質させてしまう為、大人になっても「ピザにはコーラ!神がそう言っている!」と信仰して病気も進行してしまうのである(決して冗談で言っているのではない!)。
  • 戦略ミサイル
コーラの入ったペットボトルを振り、逆さにして設置することで、ミサイルとしての利用も可能である。現在、中国が極東風2として開発中との噂もある。また、第二次世界大戦時の日本でも、三式ロケット砲「鳳凰」を実用化していた。大戦後も、アメリカが1982年にペンシルベニア級大陸間弾道ミサイルとして完成、翌年配備を開始した。

コーラの毒性[編集]

1970年代、コーラは骨をも溶かす猛毒であることが周知の事実となった。学校PTAの間では反コーラを掲げた市民運動が盛んになり、チクロなどといった化学甘味料と共に駆逐されかけたこともあった。しかし何らかの陰謀か圧力により、80年代に復活している。

骨溶解実験の方法

  1. コーラを適当な容器にあける。再現実験を行う場合は、温度は4℃、量は285.5cc、容器は500ccのビーカーで実験すること。
  2. 食べ残ったフライドチキン(ケンタッキー・フライドチキンが望ましい)の骨をそのまま1のビーカーへ入れる。
  3. そのまま蓋をせず、なるべく太陽光のあたる日向で放置プレイする。間違っても、冬場に実験してはならない。
  4. 経過を観察する。
  5. 三週間後に骨を取り出し、骨がどれくらい溶けているか観察する。

ここでの実験のポイントは二つある。一つは、ビーカーの中は「人体内の再現」だと信じること。そしてもう一つは、骨を同じようにDHMO、果汁100%のオレンジジュース、そのほかドラキュラ健康飲料トマトジュース)、サイダー等に入れて比較実験をしないことである。

代表的なコーラ[編集]

こんなコーラもある

兵器実験[編集]

エネルギーとしてのコーラ[編集]

フランキーという名のサイボーグはコーラを飲むことで力を得る。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「コーラ」の項目を執筆しています。
この項目「コーラ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)