ゴジラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
日本襲撃を計画するゴジラ。
嗚呼!東京がゴジラにっ!
かつては近似種が日本以外にも出没していたようだ
ゴジラによって札幌市夕張市が破壊された一部始終。夕張市滅亡の瞬間でもある。
夢の対決!!!!

ゴジラは、太平洋から上陸し、度々日本を襲う大怪獣、無敵の怪獣王、破壊神。昨今はヒデキ・マツイのように人間に擬態することもある。一応、アメリカの核が原因。

目次

[編集] 生態

最初の個体が発見されてから現在まで5~6体確認されている。登場時は怪獣が少ないのに怪獣王を名乗ってしまった。高層ビルが立ち並ぶ都市に目がなく、見つけようものなら手当り次第に破壊してまわる。ただし、ネズミの国だけはなぜか襲わない。また、阪急王国が支配する阪神地域も攻撃できないようで、梅田の阪急百貨店などはほとんど犠牲になっていない。反面、阪急電車が走っていない地下鉄淀屋橋駅付近やOBP付近などは、踏みつけられたり叩きつけられたりしている。小林一三の隠されたパワーが発揮されているのではという指摘もある。また広島市長崎市など、原子爆弾の落ちた場所も全く破壊されていない。

口からビームを吐く。(初代~昭和はひ弱な煙やガスに見えてしまうとか)ビームを吐いて尻尾を曲げながら飛ぶことができる。被害者には怖い顔と言われるが、怖い顔になったのは平成くらいからでむしろ初代~昭和はずっと平和的な間抜け面である。

最初に出現したのは1954年。このときは科学者(マッドサイエンティスト芹沢氏が個人的に作った環境破壊兵器「オキシジェン・デストロイヤー」で駆除に成功している。この時のゴジラは骨以外溶かされて蒸発してしまった。後にこの骨は機龍(メカゴジラ)に使われる。機龍(メカゴジラ)に関しては後述する。さらにオキシジェン・デストロイヤーからデストロイアという怪獣まで生まれてしまっている。

その後も数年に一度太平洋沖に姿を現しては日本(主に東京)を目指して進んでくる。上陸の度に多くの建造物が破壊、多くの人間の命が奪われるため、東京怪獣保険社員が対応に追われる光景は夏の風物詩となっている。

過去幾度も日本を危機に陥れたゴジラだが、キングギドラなど他の怪獣が日本を攻撃しようとするとそれを察知、激しい戦いを繰り広げた。ベビーフェイスとヒールの二面性を持つ怪獣として北半球では有名。また、息子ミニラ&ゴジラジュニアを溺愛したり「シェー」のポーズをしたりと様々な表情を見せてくれることから、旭山動物園から新しい展示動物にしたいと藤岡弘らに捕獲のオファーがあったことはあまりにも有名なエピソードである。しかし展示場所のスペース確保が難しいことと、餌代が高い(放射性物質北海道{に限らず日本}では入手しにくい)ことから、この計画はご破算となっている。

東海村原子力発電所を見学したこともあるが、その際ゴジラ来所に焦った所員が放射性物質を別の場所に退避(バケツに入れて運んだため被爆した所員も…)しようとしたことは記憶に新しい。

ゴジラの日本上陸地としては、主に首都東京が挙げられるが、これはゴジラの破壊衝動が足を向けさせるという主張をする科学者が多い。大きな建物(ビルやドーム)や有名な建物が多く建つ都市は、ゴジラに目を付けられやすいという統計結果もある。

ゴジラ上陸を阻止、または撃退を目的に度々自衛隊が出動しているが、F-15に爆撃させたり護衛艦をゴジラに接近させすぎて熱線にやられたりと、自衛隊の兵器運用法には疑問の声が絶えない。また、メカゴジラ、スーパーX2やディメンション・タイド(ブラックホール砲)、アブソリュート・ゼロ(絶対零度砲)などの超兵器開発は近隣諸国の軍部を無駄に刺激し続けている。ブラックホール砲や分子レベルで破壊する絶対零度砲は以上の脅威になるのが目に見えている。尚、ゴジラはこれ等の兵器に耐え切っている。奴は我々の想像を超えた化物だ!

世界的には1998年にアメリカで、巨大なイグアナが現れアメリカは一時大混乱に。軍が発生地を調査したところ、現地住民がGODZILLA(ガズィラ)と呼んでいたことが判明する。しかしマスメディアが「ゴッドジラ」と誤って報道したため、その名前が定着した。なお、日本に出現するゴジラに比べミサイルで絶命する等あまりにひ弱であったことから日本人のファンからは「あれはゴジラではない。ただのイグアナ」と位置づけされている。詳細は後述する

2014年にはついに独り身に耐えられなくなったのか、リア獣モンスターのMUTOを撃滅するためにアメリカに出陣。日本人の研究者いわく、ガズィラ(Godzilla)ではなくあくまでもゴジラ(Gojira)であるらしい。敵モンスターのMUTOともども人間を巻き添えにしながらハワイとサンフランシスコで大暴れした。アメリカの放射性物質はカロリーが高かったのか、あるいは長いブランクからか若干太ってしまった模様。そのたるんだ体で彼女が出来るはずもなく、MUTOを倒したあとは疲れてふて寝した挙句海へとぼとぼと帰っていった。見た目はずいぶんイケメンだがやってることは少々情けない。

食料は放射性物質と思われるが、日本にばかりやって来るため、日本料理、主に鯨肉等(ゴジラジュニアが捕食しているため)にも目がないものと思われる。

基本的に寒さに弱いデリケートな体質だが、暑さに関してはマントルの中も泳げ、マグマの中でも平気なレベル。

1995年に一旦溶けてメルトダウンで死亡したが、ジュニアがゴジラ化した。なお、ジュニアと名付けられてはいるが、ゴジラの息子ではなく、血縁関係にはない。2004年には12体もの怪獣をなぎ倒したが、姿を消し以降登場する様子がない。

2004年に、アメリカで日本各地を破壊しつくしたとして針木(日本名)で表彰されるが、自衛隊や日本政府はこれを激しく非難した。

[編集] ウルトラマン世界へ遠征

年末恒例の総合格闘技イベント「ウルトラマン・巨大化祭り」に、襟巻きで正体を隠したジラースというマスクマンスタイルで参戦。主催のウルトラマンに対してタイマンを挑むもののあえなく返り討ちとなってしまう。

この対戦の敗因は、対戦中にウルトラマンが襟巻きをもぎ取ったため、自分の正体を隠すのに必死となったためである(また、ウルトラマンは多数の飛び道具を隠し持っていたが、チョップで倒された)。さらにビームを吐くのを忘れた。

ウルトラマンが地球に来る半年前にも角をつけてゴメスとして暴れるがラドンもどきに敗れている。

アーストロンという角をつけてやや痩せた姿の奴も確認されているが親戚という情報もある。

試合後、ゴジラは「襟巻きをはぐ行為はマスクをはぐ行為と同じだ。反則だ。飛び道具使うのも反則だ。正々堂々と勝負しろ」と敗者インタビューにて主張した。しかし、これ以降世間一般ではウルトラマン>ゴジラが定着してしまった。この風説を払拭するための再戦をゴジラは強く望んでいるが、ウルトラマンは現在においてもこれを拒み続けている(2010年現在再戦は実現していない)。なお、同試合の勝利者インタビューではウルトラマンは「光線は(武器ではなく)超能力である」と主張している。

[編集] ガズィラ

どの辺が似てるのか果てしなく謎である

学名:Godzilla

1998年アメリカに現れた、フランスの核実験により巨大化したイグアナふたなり属性。地元漁師がフランス諜報部員ジャン・レノの質問に対し「ゴヂラ。ガヂラ。ガズィラ」と証言したためその名が付く。ゴジラとの関連性は一切なくマスコミの誤報により混同される。ゴッドジラではない。顔だけは昔の本家より立派である。予告編の足とか目とか姿をなかなか見せないシャイな所は初代ゴジラと同じ。後にアニメで子孫が本家並みに大活躍する。東宝公認だが、ファンには不人気。

不可解な伸縮を繰り返し、エンパイアステートビルと同じくらいの大きさだと思ったら下水道を余裕でくぐれるくらいに縮んだりする。口からビームは吐けず代わりに魚臭い息・突風を吐く。

運動能力にも疑問点が頻発し、時速270キロのHUNNTRE軍用ヘリの追撃を振り切ったと思ったら、時速せいぜい80キロのイエローキャブタクシーすら捕まえられない。

原形は海草を主食とする海イグアナであるが、なぜか魚を主食とする。摩天楼の中を駆け回るほどの脚力を持つ。人間用の出産検査器でなぜか出産がわかる。卵生でありタイムズスクエアを埋め尽くすほど大量の卵を産む。こちらのベビーガズィラは凶暴で人間に見境無く襲い掛かる。

巨大化後産卵のためマンハッタン島に出現し、軍隊の誤射も含み摩天楼を一通り破壊する。知能は本能に忠実で食欲を満たす、子孫を残す等の欲求を満たそうとする。MSG(マジソン・スクエア・ガーデン)を巣にしたがミスター・ドーナツがスポンサーなのにドーナツ嫌いのフランスのスパイと戦ってベビーガズィラは全滅する。しかし虚弱体質であるため、マグロでおびき出された挙句にキャッチコピーが「人類に打つ手は無い」なのにあっさりミサイルで殺される。怪獣研究家北村一輝は「やっぱマグロばっか喰ってるやつはダメだな」とコメントしている。

後年、似たような巨大イグアナがオーストラリアに出没したが(「ジラ」という名前がつけられている)、本家ゴジラの不興を買い13秒で熱線によって☆爆★殺☆された。まさしく秒殺である。まあ、他の怪獣(ヘドラ、エビラなど)も秒殺されたのがいるが。なお、この際オペラハウスなどが豪快に破壊されたため、オーストラリア政府は日本政府に対し謝罪と賠償を求めている。また、本作の続編としてクローバーフィールド/HAKAISHAが2008年に制作された。

だが、「あのガズィラが最後の一匹とは思えない」 …2014年、二代目ガズィラが出現した。しかし↑と違って断然イケメンだが

[編集] 敗れた・破壊された

海に帰ったゴジラに対する自衛官の一般的な感想。
自衛隊
打倒ゴジラを目標に、日々超兵器開発に余念がない。メカゴジラやスーパーX2、MOGERA(モゲラ)など次々に送り出すが、開発費に見合った効果を挙げられないでいる。代表的なのはひ弱なメーサー光線銃。
気紛れで、自衛軍であるとか防衛軍であるとかGフォースなどという組織に変わったり、下請け民間子会社Gグラスパーなる非営利団体を作ったりもしているが内容はほぼ自衛隊と同じである。
これらの自己責任撤回の気紛れ組織編成には、国際情勢を加味した日本政府の思惑があると考えられ、一部のゴジラファンから予算の使い方に関して疑問視する声があがっている。
自衛隊所属の黒木翔特佐の「来年度の予算はこれでない」という発言が劇場映画で報道されて以来、親会社のGフォースがわざわざ自衛隊にゴジラを倒す出動命令を出している点など不可解な部分が多いのもこのためである。
かろうじてだが、辛勝したことは結構ある。
キングギドラ
自衛隊に次ぐ最多出場者。異星人の兵器だったかと思えば人間(未来人)の物=ペットのドラッドになったりする。一度劇中で復活を果たしメカキングギドラとなるも、敗れる。
敵対怪獣
たくさんいるが、ほぼ全員酷い目にあって敗北している。多勢でリンチしようとしても同様。アンギラス、モスラ(成虫)、エビラ、大コンドル、ヘドラ、ガイガン、ガバラ、カマキラス、クモンガ、チタノザウルス、メガロ、バトラ、メカゴジラ、スペースゴジラ、デストロイア、オルガ(ミレニアン)、メガギラス←メガニューラ←メガヌロン、パラゴン、キングシーサー、ラドン、ガメーバ、モンスターX(カイザーギドラ)。バラン、マンダ、ゴロザウルスは対戦なしに仲間もといパシリにされているが、おそらく敗北したのだろう。
東京タワー
何故か怪獣たちが好きな建築物ナンバー1。東京タワーヲタクのゴジラが抱きついたり、触れようと毎回試みているのだが、力加減を間違えて破壊してしまっている。作りが簡単なのですぐ直る。やられた自衛隊の戦車を原料にしているので素材不足にもならない。ちなみに初代が抱きついたのは平河町テレビ塔という別物である。
大阪城
大阪に上陸すれば、なぜか必ず壊しに来る建築物。太平洋戦争の空襲にも耐えたにも関わらず、戦後になってから何度も破壊されている。第2作撮影中には、ゴジラではなく係りの者が先に誤ってタイミング悪く壊してしまった。壊されるために急遽再度作り直し、めでたくゴジラに壊されることに成功した。
夕張市
ゴジラによって完全に破壊された街。以前から内部崩壊がささやかれていたが、ゴジラ来襲を機に「ゴジラのせいにしねぇか?」的流れになったとも。
加古川市
ゴジラ狩りをしてる途中、破壊された町。

[編集] ゴジラの天敵

  • モスラ(幼虫):成虫は光線や鱗粉でゴジラに挑むが羽を熱線でやられたり、ゴジラに体当たりしようとして逆に捕まって噛まれたりと寿命とはいえ良いところ無し。しかし幼虫は本来自らの成長のために整形する繭糸をゴジラに浴びせるなど、およそ勝てそうにない方法で見事に撃退している。
  • ラモス:ブラジル生まれの怪獣。みなとみらい21でゴジラと対決。自らのポジションを狙う者にはチームメイトでも足を折りに来る容赦なき攻撃性の持ち主。
  • バモラ:「バモラ!」と鳴くことから命名された静岡県出身の怪獣。孵化して黒いラモスとなり元祖ラモスと共闘。サッカーの壮絶なPK戦の末ゴジラを道連れに海底深く沈んでいった。
  • 機龍(MFS-3):メカゴジラ。1954年に退治されたゴジラが残した骨格で出来ている。そのため潜在能力はゴジラと同等!? 周辺諸国からの恐れが垣間見える。最後に自我が芽生え、モスラ(幼虫)の繭糸に包まれたゴジラと共に自ら日本海溝に沈んだ。
  • スーパーXシリーズ:この超兵器の開発より通常兵器の運用方法を見直すべきとの声多数。ただ、ゴジラに勝った事もあるので難しい所である。
  • 特殊潜航艇さつま:防衛軍の地味な超兵器ながら推進式削岩弾D-03で白目ゴジラの腹を破壊し心臓だけにしてしまった。
  • キングコング:怪獣映画の元祖らしいアメリカ出身の巨猿。一応、引き分けにはなっているが怪獣プロレスで海から上がってこなかったので負けにされた。しかも人間側はキングコングを応援している。
  • 和田アキ子:ゴジラを倒した唯一の大怪獣であり暗黒の破壊神。以後「GOD姐ちゃん」と呼ばれるようになったアキ子はゴジラに変わって恐れられる存在に。峰という子分がいるとかいないとか。まあはっきり言って日本最凶最悪の超傲慢暴力クソババアである。
  • 柳田理科雄:芹沢大介博士似の空想化学研究所所長。その著作の中で何度もゴジラをこき下ろしている。
  • 松岡修造:ゴジラにとっては現人神同然の存在である。
  • ナッパ:ゴジラの口から出す最大の武器である熱線の力を与えた唯一の存在。この方の前ではゴジラもペット同然である。

[編集] ゴジラの親戚

  • ミニラ:ゴジラの子供。ちび太のような顔で全然似ていない上、弱い。親に無理矢理ビームを吐かされた。ガバラやカマキラス・クモンガにいじめられる。がゴジラジュニアを差し置いて平成にも復活している。
  • ビオランテ:G細胞(ゴジラから採取)とバラ植物とを合成したキメラ怪獣。沢口靖子の生き霊がパイロットとして乗り込んでいる。ゴジラを敗退させた隠れた実力者。出生に漫画が関わっているとかいないとか。
  • スペースゴジラ:宇宙から突如来襲した。クリスタルが背面に燦然と輝き、世界中の宝石商から狙われることに。福岡はヤツが壊滅させダイエー球団を消滅させた。ブラックホールで生まれてホワイトホールから出てきたすごい出自を持つが、まあ、それだけ。出生にテレビゲームが関わっているとかいないとか。肩にでっかいとげがある。
  • ゴジラジュニア:最初はベビーゴジラというただの恐竜だった。ちょっとデカくなってリトルゴジラと呼ばれるようになる。この時の顔はミニラよりも数倍可愛い。最終的にデストロイアに殺される。が死んだゴジラの力で新しいゴジラとして復活。
  • メカゴジラ:上記の機龍(MFS-3)とは別物の異星人の侵略兵器とGフォースの超兵器。昭和はゴジラのふりをしてキングシーサーにやられたりチタノザウルスの前座だった。平成はゴジラ好きの超能力少女を取り込んだり鳥のガルーダと合体してスーパーメカゴジラとなる。機龍(MFS-3)も骨を使っているのでもっと近い親戚である。 
  • ゴジラ塔(ゴジラタワー):世界子供ランドの観光名物。実は異星人の侵略兵器。ガイガン&キングギドラの前座である。攻撃力はあるが動けない。漫画家とアンヌ隊員に爆破される。
  • ゴジラザウルス:ゴジラに生まれ変わる前のラゴス島の恐竜。大日本帝国の軍隊に貢献する。
  • オルガ(ミレニアン):なぜか海中に埋まっていた円盤から復活したタコ型異星人。G細胞の一種オルガナイザーG1で身体を再生したが怪獣化してしまった。
  • デストロイア:ゴジラには似ていないが、天敵オキシジェン・デストロイヤーが原因で進化した古代生物。小さいのが増殖し合体して巨大になる。本来対になる存在だが弱かった。ジャイアント芹沢博士とはお仲間。
  • 松井秀喜:彼が幼い頃野球の練習をしている時、ビキニ環礁における水爆実験の放射能を多量に浴びるという事件があった。ゴジラ同様核のパワーを体に秘めるが、同時に肌の保湿力を失ってしまう。現在はアメリカのニューヨーク・ヤンキースで活躍。「俺がアメリカ版ゴジラだ」発言は多くの日本人の心を惹きつけた。成長に巨人軍が関わっているとかいないとか。
  • タモリ:ゴジラの調教師で、彼の行動の一部を生んだ人物。特にダンスや不良のウンチングスタイルなどを指導した人物であるという事は案外知られていない。
  • ジャイアント芹沢博士:スペースゴジラ同様、出生にテレビゲームが関わる巨大生物。芹沢大助博士の成れの果て。眼帯に隠されたビーム砲やオキシジェンデストロイヤーの容器を武器に破壊活動を繰り広げる。巨大化には失恋のショックが絡んでいる。
  • マグロ食ってるやつ:ガズィラを参照。海から現れて背ビレもあったが、日本人(と名乗る韓国人)の勘違いだった。ま、なんだかんだ言っても単なるザコ。アニメは別物。
  • ライゼロス幻星神ジャスティライザーの合体獣王。キングギドラに似たリュウトとライゼロスが合体して誕生。ついでにこのライゼロス、機龍とガイガンの親戚ではないかと言われている。
  • ダイセイザー:↑の前作超星神グランセイザーの合神獣王。外見がまんまゴジラをメカにしたようなやつ。
  • ジラース:赤いタイツの宇宙人と戦った色違い。本人ではないかとの噂も。
  • ゴメス:角を付け、背ビレを隠しゴジラの部分を隠しているがバレバレ。
  • アーストロン:角を突け、少しスマートにしたようなもの。
  • ヤンガリー(ヨンガリ):韓国の怪獣。マイナーなザコ。しかし、登場人物はアメリカ人だらけである。
  • プルザガリ北朝鮮の怪獣。大魔神も混ぜている。中の人が同じ。将軍様お気に入りの守護神。

[編集] ゴジラに戦いを挑んだ兵器

[編集] 関連事項

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ゴジラ」の項目を執筆しています。
Uncyclomedia Commons.png
アンコモンズに、ゴジラに関するガラクタがあります。

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語