メンバーにゴリラが混ざると人気が出る法則

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ゴリラから転送)
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「メンバーにゴリラが混ざると人気が出る法則」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

メンバーにゴリラが混ざると人気が出る法則(めんばーにごりらがまざるとにんきがでるほうそく)とは、音楽ユニット(典型的にはアイドルグループ)結成において知られる経験則である。

承前[編集]

日本音楽ユニット「Perfume」が中田ヤスタカをサウンドプロデューサーに迎えたことによって大ブレイクしたのは有名である。その理由として、表向きはヴォコーダーを多用した近代感溢れるテクノポップが若者にウケたと思われているが、他にも理由はある。そもそも中田ヤスタカがプロデュースに携わった音楽ユニットは他にも存在し、その殆どの楽曲が似たような音なのである。では何故Perfumeだけが異常とも言える人気を博しているのか。その答えのひとつとなるのがこの法則である。

理由[編集]

引き立て役として[編集]

美しさを数値化した棒グラフ。折れ線グラフの角度が急であればあるほど「可愛い」と錯覚する補正がかかる。

複数の人間がいれば、無意識のうちに見た目の優劣をつけるのが人間である。例えば、ミスコンの決勝などでは高レベルなご尊顔の女性が集まっているにも関わらず、その中で票を得られなかった者は可愛くないとの烙印を押されることがある。(右図A)いわゆる相対評価である。逆に、そこまで可愛いとは言えない女性たちの中にゴリラを混ぜておけば必然的に見た目の最下位はゴリラとなり、残った女性たちが高いレベルであるかのように見える。(右図B)しかも人外の存在であるゴリラと同じ空間に並べることによって補正がかかり、残った女性たちが通常時よりさらに美しく見えるようになるのである。

幹事最大値の法則などに代表されるように、人間同士で優劣をつけて相対評価を操作する法則というのは昔から存在していた。しかし「比較対象は人間でなければならない」という既成概念を捨て去りさえすれば、ゴリラという存在が新たな引き立て役となりえることがすぐに理解されるであろう。

マスコットとして[編集]

基本的に人間は動物が好きである。直接触れ合うのは苦手という人でも、テレビ等で動物番組を見るのは好きという人も多いだろう。その証拠に、近年ではチンパンジーの「パンくん」のように、人間と同等の知恵を持つ類人猿がテレビ番組の人気キャラクターになっていたりする。同様にゴリラにも相応の効果が見込まれている。

動物の笑顔[編集]

2009年、人間と同じように類人猿にも笑う能力があると示唆する研究結果が発表された[1]。なんと、ゴリラもくすぐられると笑うというのである。笑う動物というのは人気者になる可能性が非常に高い。笑う猫、笑う犬、笑うインコ等、動物が笑う、とそれだけでバラエティ番組が一本出来てしまうほどである。

踏み絵として[編集]

固定的な支持者層がその本体の活動維持に寄与する団体(典型的にはアイドルグループ)においては、その団体成立の初期段階においてより多くの新規支持者を取り込む事が至上の課題であり、その段階では、普遍的な価値を持つ、多くの人々に受け入れられやすい魅力のある容姿を持つメンバーの存在が重要視される。

しかし、このような容姿を持つメンバーに魅力を感じ、支持者となった者の多くは、その団体に対する表層的な構成要素のみを享受していることが多く、そのような者にとっては、他の競合団体への支持対象変更や、いわゆる「飽き」などを要因とする支持の中止は比較的容易なこととなる。

逆にその団体に、一般的にはその容姿の持つ魅力が理解されにくいゴリラを混成させることにより、人々に対して団体への支持表明をさせることへの意思決定時にいわゆる「踏み絵」のような機能を持たせ、容易には支持者となることができない代わりに、その者が支持を表明した後には支持の中止が容易には行えず、結果的に長期間にわたりその団体の活動に貢献することに繋がる。

類型[編集]

メンバーにゴリラがいるといっても、そうなるに至るにはいろいろなパターンがあるものである。

敢えて混ぜる
上で説明されているのだからこれ以上の説明は不要であろう。なお、稀にゴリラ担当メンバーが美女化したり逆のことが起きたりして混乱することもあるので安易にこれを前提としてグループを組んではいけない。そこの3流プロデューサーは十分注意するように。
他のメンバーが美男美女すぎる
本人も一般的に見れば十分イケているのだが、周りがすごすぎて自分が下に見られる場合である。この場合には現場で間近で見た人が「あれっ、実はあの人イケてる!?」と感じてそのギャップから一気にファンになってくれることもあるのであなどれない。
昔はかわいかった
グループ結成当初はかわいかったのだが、成長と共に骨格が変わってゴリラ化したという場合である。この場合、本人はかわいくてちやほやされていた頃の意識のままであることが多く、イジり方によってはひどく落ち込むこともあるのでファンのみんなは気をつけようね。
一時的にゴリっている
芸能活動が多忙なあまり体調を崩し、肌荒れ・激太り・メイク不足などでゴリってしまった場合である。これは周囲のサポートや本人の努力次第で元に戻すことができるし、だいいち話題があってナンボの芸能界、「ちょっとの苦労は人生のスパイスだよねっ♪(キラッ」
顔以外の優れた才能がある
顔はゴリラだが、お笑いやトークができる・ダンスがうまい・特殊な楽器が使える・グループをまとめられる・オチ担当ができる・有名人の2世だ、などの優れた才能があって存在が許されている場合である。こういう人もいてもいいのがグループのいいところ。
整形崩れ
最初は整形で顔を維持していたが、年月を経るごとに整形部分が崩れてゴリラ化した場合である。なまじっか芸能人ゆえに昔の写真が残っているので、整形崩れが一目瞭然、おまけに昨今はネットに出回って消えることはないので大変つらいことになる。いくら芸能界に入りたいからって無茶はやめましょう。

実例[編集]

アイドルグループ[編集]

HITOE
SPEEDにおいて最年長であったゴリラ。SPEEDをMAXより人気のグループとすることに貢献した。特によく彼女の隣に居たTAKAKOは彼女のおかげで100年に数えるほどの絶世の美人という、現在でも揺るがない評価を手に入れることができた。歌と踊りより絵を描くことに興味があり、彼女が絵描きの修行のため脱退すると同時にグループ全体が瓦解してしまった。
保田圭
モーニング娘。における「いらない子」で有名だったゴリラ。しかし、彼女がいなくなってからモーニング娘。の凋落が始まったことを考えると、いかにゴリラの存在が重要であるかを示す好例であるといえる。
秋元才加
AKB48における兄貴ゴリラ。小学生時代の友人がブランコに「秋元 マジ ゴリラ」と記したことによりまず秋元に注目が集まり大島優子前田敦子に目が移って注目されるきっかけとなった。これにより客寄せパンダならぬ、客寄せゴリラの集客力がいかに強力か、日本中が知ることとなった。今はチンパンジーです。

その他[編集]

山崎邦正(現・月亭方正)
ダウンタウンにいつもくっついてくる「全然面白くないニワカ」。しかし、その存在がダウンタウンの笑いを全国一にまで引き上げたことは紛れも無い事実である。いわゆる「美貌」以外に「笑い」の分野においてもゴリラとは重要な存在である。
いかりや長介
ザ・ドリフターズのリーダーでゴリラ。ギャラを6:1:1:1:1にしていたガッチリゴリラ。ザ・ドリフターズはメンバーが全員何かの動物のため、『8時だョ!全員集合』は視聴率50%を成し得た。高木ブーは豚。
ブタゴリラ
漫画『キテレツ大百科』に登場するジャイアン的位置づけのキャラクター。酷いあだ名である。ブタでゴリラなのでキテレツ大百科のアニメ視聴率に貢献した。
ギャズ・クームス
スーパーグラスのボーカル、ギター。カルバン・クラインのモデル依頼が来るレベルのモデル系ゴリラ。
里中千枝
ペルソナ4のゴリラ。格闘ゲームでは「一般的に強いキャラ」である。

注意事項[編集]

だからと言って、本人を直接ゴリラ呼ばわりするのは、たとえ冗談でも本気でも厳禁である。相手が芸人や架空の人物ならまだしも、それ以外の人(特に、女性アイドル)に対して言うのは大変失礼極まりない行為であり、言ったら間違いなくキレるか、泣くからである。特に、後者は深刻な事態に発展する可能性が高い。また、ゴリラ自身にも必ず美醜感覚がイカれたファンが存在する為、彼らからブーイングや罵声を浴びせられたり、呪われたり、暴行を受けたり、抹殺されたりするのはもちろん、終にはマスコミに取り沙汰されて社会問題にまで発展する恐れがあるので、たとえ相手が本当にゴリラと見間違える程そっくりだったとしても、本人の前では絶対に言わない事

尚、万一本当にゴリラと見間違えて声をかけてしまった場合は、直ちに謝罪する事

関連項目[編集]

  • ゴリラ                                                      *
この項目「メンバーにゴリラが混ざると人気が出る法則」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)