サイゼリヤ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サイゼリヤ」の項目を執筆しています。

サイゼリヤ(Saizeriya)とは、提供するメニューの中で「間違い探し」が最も人気を集めているファミリーレストランである。略称は「サイゼ」。

概要[編集]

日本には多くのファミレスがある。ガストジョナサンロイヤルホスト、そしてココスなど、多くのチェーンが挙げられる。しかし「女性をデートでファミレスに連れていく男」が話題になるときに、俎上に載るのは必ずサイゼリアである。つまりほとんどの日本国民の頭の中には、「ファミレスと言ったらサイゼリヤ、サイゼリヤといったらファミレス」というような回路ができあがっているということであり、サイゼリヤがファミレス業界の覇権を握っていることがおわかりいただけるであろう。

ファミレスとしてのサイゼリヤの最大の特徴は、その安さである。野菜などの材料は仕入れるよりも自社で栽培した方がちょっと安くなるという理由で、サイゼリヤはオーストラリアに自社専用の農場を持っている。仕入れる場合でもJAから購入するのではなく生産者と専属で契約し、材料の価格が下落しても一定の値段で買い続けているため、取引先である生産者の信頼も勝ち得ているのである。つまり商社を介して取引するのではなく、直接生産者と契約することによって材料を仕入れるか、もしくは食材を完全に自社で製造してしまう。このしくみによって、「味も価格もよい」が実現されているのだ。

間違い探し[編集]

サイゼリヤの各テーブルには、メニューに見せかけた間違い探しが存在する。建前としては子供向けのものということになっているため、注文してから料理が運ばれてくるまでうるさいキッズを黙らせる役割も持っているが、この間違い探しに含まれた10個の間違いをすべて見つけることは大人でも困難を極める。注文のメニューがすべてそろうまでに間違いをすべてを一人で見つけられた者は、飲食代金から50%の割引を受けられることになっているが、それに成功した者はほとんどいない。もし成功した者が出た場合には、店内にいる全員がスタンディングオベーションをして祝福する決まりになっている。

出題と傾向[編集]

サイゼリヤの間違い探しに、先入観を持って臨んではいけない。例えば、絵が複雑な部分やごちゃごちゃしている部分に間違いがあるなどと思い込んで、そこばかりを見てしまうと大きく時間を取られてしまう。しかし、たしかに一定の規則性は存在すると思われるので、以下ではそれを解説する。

よくあるパターン[編集]

  • 羊の存在
    サイゼリヤの間違い探しには、必ず羊がいるかいないかという違いがある(例外あり)。羊は白く大きく書かれているため、この間違いを探し当てるのは難しいことではない。まず羊を見つけるところからサイゼリヤの間違い探しがスタートすると言っても過言ではないだろう。
  • 色の違い
    すぐに見つけて然るべき間違いである。しかしこの間違いは必ず入っているとはいえず、とても小さいものの色が違っていたり周囲のものと同化していたりすることもあるため、これに固執して時間を失うのは得策ではない。すべてのパターンについていえることだが、一つのものに固執することは非常に危険である
  • 大きさの違い
    非常に難しいが、多くの間違いに共通してみられるパターンでもある。過去にあったパターンとしては、木のプレートの大きさや厚みが僅かに違ったり、地面の色によって区切られた領域の大きさが違ったりといった間違いが挙げられる。非常に難しい反面、大半の間違いを見つけたあとの残り数個はほぼ確実にこのパターンの間違いであるといえるため、このパターンの存在自体がたいへん有用な手がかりとなることがある。
  • 位置の違い
    上記大きさの違いの派生系であるが、非常に難しい。周囲から孤立しているものの場合は周辺のものとの位置関係を正確に把握することがより困難となるため、場合によっては大きさの違いよりも見つけるのが困難である。大きさの違いが見つからなかった際に疑ってみるとよい。
  • 服・装飾品の違い
    最近の出題では多数の人物が登場することが多い。そのため、人物の服や装飾品に違いが潜んでいることが多い。
  • 遠近の違い
    難しいように思われるだろうが案外難しくない。本来は奥にあるべきものが手前に来ているという間違いである。ものが少ないところにこれをまぎれさせるのは困難なので、絵がごちゃごちゃしている箇所に多くみられる。探すべき範囲の中が多少複雑なだけでその範囲自体は狭いので、すんなり見つけたいところである。

あまり見られないパターン[編集]

  • 線の違い
    サイゼリヤの間違い探しでは草や影を線で表現する。しかし線の場所・長さ・色等に間違いがあるという事例は全く見られない。これは探すだけ無駄だといえよう。
  • エフェクトの違い
    黄色いキラキラなどの数が違う、といった間違いもほとんど出題されないが、これは上記の線の違いのように全くないわけではない。一度だけチェックして、見つからなかったらキッパリ忘れてしまうのが得策だ。
  • 模様の違い
    薄く淡い色で表現されたサイゼリヤの皿の模様なども、間違いとして設定された例はない。
  • 文字の違い
    当然ない。8つまで見つけた時点で「表裏にある『間違いが10コある』が間違いだ!」などとほざくのはやめなさい。

出版[編集]

サイゼリヤ公式の間違い探し集、『サイゼリヤのまちがいさがし』が新星出版から出版された。来店する前に過去問として活用するのがよいだろう。定価も599円と非常にお買い得で、暇つぶしグッズとしては時間あたりの価格が非常に低いといえる。サイゼリヤは暇つぶし界でも最強のコスパを誇るのである。

サイゼリヤ1000円チャレンジ[編集]

サイゼリヤは公式に、合計1000円以下になるようランダムにメニューを決めてくれるガチャ機能を提供している。ちなみにその中で最もカロリーが高いのは、ポテトのグリル・アーリオ・オーリオWサイズ・ラージライスの3点からなるメニューであり、合計992円・1940kcalである。


この項目「サイゼリヤ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)