サウロン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情DHMOが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

サウロン(Sauron)とは、第一紀から第三紀に掛けて、中つ国という地域で利用された緑色で有名な胃薬の商品名である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「サウロン」の項目を執筆しています。

目次

[編集] 概要

Sauron1.jpg

「サウロン」という胃薬は、エーザイ製薬が販売していた。第一期から第三期に掛けて世界に増え過ぎたエルフドワーフ、または人間といった疾病よる胃もたれを改善するべく利用されたが、第二期から第三期頃に発生したホビットには対応しきれず、その役割を終えた。

元々は強力な下剤である「モルゴス」(同社製品・一般薬品名は「冥王」)の補助剤として利用されていたが、モルゴスの効果があまりに強く、この効果のために発生した社会的混乱の最中に、その製法が失われてしまったため、補助剤としてではなく主剤として胃もたれに用いられ始めた。なお主剤として利用され始めてからは、「冥王」という薬品名を引き継いでいる。

このほか、大腸菌の環状DNAを置き換えたバイオ製剤力の指輪」の製造にも利用されていたが開発は難航、同バイオ製剤の最終形態である「一つの指輪」も、ホビットには効果が薄く、また同バイオ製剤に重大な副作用(「影が薄くなる」や「見えないものが見えてしまう」という幻覚症状、加えて誇大妄想や万能感といった向精神作用)があったため、現在の厚生労働省諮問機関にあたる当時の「白の会議」で問題視され、後に現在の国会衆議院)にあたる裂け谷にあるエルロンド最後の憩いの館で行われた会議で使用禁止が決定された。指輪という商品名が好きな魂まで指輪フェチが開発者となった。

[編集] バイオ製剤制作の誘導剤として

サウロンは、その特殊な分子構造から大腸菌のDNA(環状になっているため、研究者らは俗に「指輪」と表現する)を変異させることがあり、これによって大腸菌の変異を促す事で、第二期頃にはバイオテクノロジー面での利用が盛んに行われていた。

これは温度の管理によって大腸菌DNAの任意の部分を自由に書き換える事が出来たというサウロンの特殊性が買われてのことで、当時は画期的な遺伝子操作手法として注目を集めていた。しかし遺伝子書き換えには幾つかのパターンが存在し、そのいずれにも最終形態である「一つの指輪」が持つ欠陥を潜在的に持っていた。

これらのバイオ製剤は最終的に他の手法により開発されたものと併せて20が作られ、症状に合わせて利用され、エルフに有効とされた3種、ドワーフに有効とされた7種、人間に有効とされた9種が存在していた。しかしドワーフ向けの内3種がサウロンによって更に変質して使い物にならなくなり、残りのドワーフ向け4種は熱に弱かったため実用的なバイオ製剤としては利用されなかった。

人間向けの9種は直接サウロンに影響されて幻覚・向精神作用が発生、後に違法な幻覚剤指輪の幽鬼」の原型となってしまった。現在、このタイプのバイオ製剤から抽出された9種類の幻覚剤が地下マーケットを中心に出回っており、社会問題として扱われている 。「アングマールの魔王」という現象が特に有名。

なお残りのエルフ向けである3種類は最初からサウロンに関係なく開発・利用されたバイオ製剤で、サウロンとの併用は禁忌とされたことから影響を受けなかったが、後にその薬理効果が次第に衰えたため、中つ国では自然消滅的にその役割を終えた。

[編集] 関連項目

サウロンの効果を弱める栄養補助製剤。
サウロンが問題視されるようになった頃に利用されたバイオ製剤の効果を得るために利用された薬剤。後に効果が疑問視されて廃止。
補助薬の1つで、開発者は同盟の魔法使いであり、白の会議の主催者だった賢者サルマン。しかし、超強力病原体『オーク』と『ウルクハイ』を繁殖させる作用があったため、白の会議により回収された
超強力な病原体で、サウロンによって、或いはモルゴスによってエルフの体内にある白血球が変質して発生する。

[編集] 外部リンク

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語