サックス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

サックス (Saxophone) とはアドルフ・ヒトラー氏によって考案された楽器である。その音色は木管楽器金管楽器を足して2で割ったような音色といわれている。ビートルズのメンバーである林檎 星もこの楽器を愛用したと言われている。なお、なぜサックスという名前なのかは永遠の謎である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「サックス」の項目を執筆しています。

目次

[編集] サックスの種類

  • ソプラニーノ (Sopranino Saxophone)
  • ソプラノ (Soprano Saxophone)
  • アルト (Alto Saxophone)
  • テノール (Tenor Saxophone)
  • バリトン (Baritone Saxophone)
  • バス (Bass Saxophone)
  • コントラバス (Contrabass Saxophone)

[編集] サックスの使用される楽曲

[編集] ボレロ (M.Ravel)

ボレロとは、当然ながらベストの一種である。どの辺が楽曲かというとそれは分からないが、なぜか楽曲の一種にされている。なぜなら かの極悪音楽ヤクザJASRACはボレロを着用した者に対して「無断でボレロを使ったので使用料を……」などと言いがかりをつけてくるからである。

[編集] アルルの女 (G.Bizet)

アルルの女とは、魔導学校に通っていて、4つくっつくと消滅する生物を自在に操る少女について書いた交響詩である。演奏者はアルルのコスプレをしてアルト・サックスを演奏するように楽譜上では指示されているが、革命につながる恐れがあるとして、作曲者はヒトラー氏によって弾圧された。

[編集] サックスは簡単?

サックスは誰でも比較的簡単に演奏できる楽器である。そのため、つい調子に乗ってJポップを演奏したいものであるが、間違ってもJASRAC管轄曲を演奏してはならない。1小節でも一致した瞬間に「JASRACの者ですが……」

[編集] サックスの操縦方法

10個以上のボタンがついており、ヘタに押すと変な音になるので注意する。また、リコーダーと大して変わらないという意見もある。 発音にはマウスピースにリードと呼ばれる振動体をセットして使用する。

[編集] サックスとJASRACの関係

サックスはギターベースドラムスと並ぶポピュラーには必要不可欠な楽器であり、それだけにカスラックのマークも厳しい。例えば、クラシック音楽であるアルルの女を演奏する分にはJASRACも手を出せないが、間違ってもぷよぷよの音楽を演奏してはいけない。その瞬間、JASRAC警察部が飛んできて……。

[編集] サックスという名前の由来

サックスとは楽器の名前であり正式名称はサクソフォンなので、間違ってもちょっと似たような名前のものであったり、名詞じゃなくて動詞だったり何かの行為を表すようなものであったり、青少年に悪影響を与えるようなものではない。絶対に似て非なるものではない。

[編集] 関連項目


個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語