サハラ砂漠

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

サハラ砂漠(砂原砂漠)とは、アフリカ大陸に存在する世界最大の砂漠である。

1988年、英国人地学研究者のフィマ・ゴードンによって発見されるまでは、神話に登場する伝説の砂漠であった。

目次

[編集] サファラ伝説

サハラ砂漠は、アフリカの原住民の間ではサファラと呼ばれていた伝説の砂漠のことであり、そこには歴代の太陽王の墓と、神々が残した財宝があるとされていた。

ギザのピラミッドの内部には、サファラへと続く道が壁画に記されており、古代からサファラの伝説は存在したと考えられている。

オシリス神が天へと昇る際、体を休めた聖地があり、そこがサファラだとナイル聖典に記されている。オシリス神が残した聖なる力が、後々の太陽神達を導き、サファラに腰を下ろしたともされている。サファラは、聖者と死者が入り混じる空間であり、冥界王ハーデスもここから生まれたといわれている。 サファラに眠る財宝では、飲めば不老不死の力を得られるという魔法の水、風をも切る剣、空を飛ぶ絨毯などが有名である。

[編集] サファラに挑んだ者達

砂に埋もた探検者

サファラ伝説には、メソポタミアの王や、マケドニアの大将軍など、数多く存在する。 あまたの英雄がサファラに挑み、砂嵐とともに消えていった。

インカ帝国マンコ・カパックは、3万の歩兵と、5万の象兵を率いてサファラを目指したが、辿り着くことはなかった。

近代になってからは、サファラはただの伝説上の場所とされ、研究をする学者もほとんどいない状態となっていた。

[編集] サファラの発見

1980年、英国地学者フィマ・ゴードンは、自宅の倉庫から、彼の祖父アレックス・ゴードンのサファラ研究資料を発見した。

アレックスはアフリカ滞在中、サファラの撮影に成功し、学会を騒然とさせたことがあったが、結局写真は偽物と判断された。しかしアレックスは自らが見つけたものをサファラと信じ、独自にサファラ研究を続け、その資料を倉庫にしまっていた。

アレックスの資料を見たフィマは、すぐにサファラの研究に取り掛かり、その8年後、祖父念願のサファラを発見するに至った。

[編集] サファラからサハラへ

フィマの発見は学会を震撼させたが、それに異を唱える者は少なくなかった。 結局、彼の発見した砂漠はサファラとは認められず、サハラという名称を与えられた。

これに憤慨したフィマは学会を飛び出し、研究職から手を引いた。 1998年、フィマ・ゴードンは心筋梗塞でその短い一生に幕を引いた。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語