サムスン電子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
「過酷に働かなければ、爆発的な成果は生み出せない」
サムスン電子 について、ベストセラーの有識者

サムスン電子(-でんし)は、大韓民国随一の多国籍企業。その業績は製造業としては世界トップクラス(トップではないことに注意)である。

歴史[編集]

1969年漢江の奇跡の中で三星電子を設立。社名は日本の三洋電機と星崎電機(現ホシザキ電機)のパクリと言われている。東芝日立製作所松下電器産業などの日本を代表する家電メーカーからパクらなかったことについて、当時の幹部は「三洋や星崎くらいなら手頃な目標になると思った」と語っている。実は同年にサムスン三洋電気という子会社を設立しており、三洋電機に対する対抗意識は強い。

当初はおとなしく白物家電の製造を行っていた。日本でのカラーテレビ普及率が90%を超えた1975年の時点[1]でも、サムスンは白黒テレビの生産台数が100万台を突破したと喜んでおり、先進工業国から見ればまだまだ赤子同然であった。ちなみにその頃撮影された記念写真には、左端の三洋の段ボールがバッチリ写っている。[2]

1978年には白黒テレビの生産台数が400万台を突破し世界一と狂喜乱舞。とっくにカラーの時代だろ、空気読めと、日本をはじめとする先進国は冷ややかだった。

1971年にはパナマへ出荷を開始。1978年にはアメリカに現地法人を作り、1980年にはポルトガルにも進出。一見意味不明な海外戦略を行うが、これは発展途上国でしか白黒テレビは売れなくなっていたという事情、朝鮮戦争でのアメリカへの義理、韓国と同じく発展しているんだかしていないんだが分からないポルトガルへの親近感によるものである。

1980年代に入ると徐々に強気な経営を始める。1980年に韓国電子通信にTOBを仕掛けて乗っ取ると、1984年には光州電子もTOBで買収した。さらに再編の名のもと子会社も次々に編入してリストラを断行した。1997年のアジア通貨危機では実に3割の社員に対して解雇を突きつけている。また半導体や電子部品に特化した経営方針を打ち立てて国際競争力をつけた。

1990年代に入ると東芝の丸パクリを堂々と行うようになった。世界初の256メガDRAMを開発するなど、技術力も世界トップクラスになった。液晶パネル、フラッシュメモリ、携帯電話の出荷数も爆発的に増加し、その名を世界に知らしめた。社員に多くの犠牲を強いた結果であることは言うまでもない。サムスン電子本社ビルに人柱があるともっぱらの噂。心霊スポットとなっている。近年はシャープの液晶技術もぬけぬけとパクリ、とうとう提訴された。

社風[編集]

ブラック企業として認定されている。社員は社畜になることを強要される。他社からは猛烈社員と揶揄される。娘が駄々をこねようが仕事を優先して運動会やお遊戯会に行ってはいけないという、泣く子も黙るCMを堂々と流していることからも社風がよくわかる。もちろんノルマを達成できなければ、自社製品の買い取りを強要されるか、退職金なしの解雇が言い渡される。

身がボロボロになるまで働かせる割には、出世ができないことで有名な会社である。なぜなら、財閥一族が支配しているからである。韓国人でさえも入社をあまり勧めない。

評価[編集]

サムスン電子はフィナンシャル・タイムズをはじめ欧米からも高く評価されている。例を挙げると、

  • 製造業としては売上高世界8位
  • 製造業としては経常利益世界2位
  • 製造業としては史上2番目の利益1兆円企業
  • 製造業としてのブランド価値は世界2位

などがある。全業種で比較しても、ハワード財団ゲイツ財団ライツ保険機構ゆうちょ銀行MMMMNSSTUTRYNDKDTFGなどの超巨大企業の中で概ね20位から30位の位置につけており、その規模はお墨付きである。

ところで売り上げ以外製造業世界2位という文字が躍っているが、1位はもちろん世界のBOKU YO YUである。サムスンにとっても卜ヨ夕は(いろいろな意味で)脅威であり、李健熙会長の年頭挨拶でも「我々は世界の製造業を牽引するという使命を持って、えー、もちろん卜ヨ夕の後塵を拝する形ではありますが」と訂正する珍事があった。

ちなみに売り上げ順位は1位トヨタ 2位GM 3位GE・・etcで、家電メーカーに限定しても3位である。

そして家電だけではなく、暗殺武器としての評価も非常に高い。洗濯機っぽい焼夷弾や手榴弾など、よくもそんな発想したな。 特にその代表作「見た目はスマホだが機能は爆弾、名アサシン Note7!」は、テロリストの間では一時流行ってた、「こんなにスマホみたいな爆弾は初めてだ!しかも本当に爆発するぞ!すごい!」と感動した人も少なくもない。

だがそのサービスや商品管理も最悪レベルと呼べる、間もなく通常のお客さんのところに漏れてしまい、爆発で世界中の警察にその存在を知られるパターンも多い。

デザイン[編集]

一昔前までは安っぽく古めかしいデザインが世界の失笑を買っていた。しかし最近ではデザインも「ナウい(日本法人コメント)」ものになっている。たとえば携帯電話は無駄な機能を省き、小さくまとめた「イカした(日本法人コメント)」ものが多い。レーザープリンタなどは小型化しただけでなく、見た目も「ハイカラな(日本法人コメント)」ものになっている。2007年の新作発表でも、日本法人の専務が最新のデジタルカメラを手にとって「チョベリグでしょ?」とおどけてみせた。

黒歴史[編集]

1990年代後半から飛ぶ鳥を落とす勢いのサムスン電子は、同じ頃脚光を浴びた黄禹錫元教授と並んで「韓国の誇り」と言われていた。だが両者が裏では持ちつ持たれつの関係であったことは、触れてはいけない黒歴史である。

アップルと、全世界で特許訴訟を繰り広げる事になるが、法務コストが巨額となり、サムスンとアップルは世界中の法律屋に食い物にされていた事に気付いて、米国外は和解した。

そして今はまさに韓国の誇りっぽく、なんでも自分が発明したと思っているサムソンは、アップルだけでなく誰にも特許訴訟を挑むだが、自分が始まったのに負けたという情けないこともある。 例として、2015年、Nokiaに宣戦しただが負けた、それ以降は毎年3億ユーロをNokiaに払うことに、ほとんどNokiaのためにバイトしてるだね。

日本での展開[編集]

日本では1990年代後半より進出し、デブ専ゲイ雑誌と同じサムソンと名乗っていたが、マイノリティ オブ マイノリティに売り込む隙間産業から脱却しようと思ったのか発音を原音から離れたサムスンに変更した。一説においては、ペプシの炭酸飲料とも名前が被ったからだと言われている。後にスマートフォンで世界的躍進を遂げた事を考えると、砂糖水売りがCEOだった会社と同列に思われたくない事が大きかったのでは無いかとも思われる。しかし、日本では浸透度が低く、「サムソン・リー」と呼ばれていたため、2007年より日本市場より撤退をせざるえなかった。後に韓国の家電メーカーではLGが日本進出を本格化させた事や、アジア通貨危機で経営破綻して空中分解した財閥の家電メーカーである大宇電子が未だに日本市場に居座っている事を考えると、日本市場でどれだけダメダメだったかが計れる。

日本での広告[編集]

かつて日本のコンシューマ市場に進出を試みたサムスンは、おしどり夫婦として知られていた夫婦を起用しCMを放映したが・・・仮面夫婦が表面化して離婚。今となってはメモリアルすぎる内容であった。[3]

サムスンのおホモ達[編集]

ソニー
ソニーはブラウン管で自己満足して、液晶パネルを殆ど手がけていなかったため、外部からパネルを調達する必要があった。そこで格下と見下していたサムスンの液晶パネル工場に出資し、ソニーパネルの名前を付けて体面を保っていた。
シャープ
シャープは、液晶の技術には強かったが、無謀な設備投資を行い自分の首をしめていた。それまでサムスンを格下の不細工デブ男と見下していたのに、サムスンが単価が低く自社で作りたがらない小型液晶パネルをシャープに買付に来たら、シャープは色気を出して「100億出資して欲しい」と金の無心をし、経営危機の会社に大金を焼け石に水の出資する事になる。シャープの救済のため、シャープとコピー機の恋愛話は日本のコピー機業界の嫉妬により破談となった。しかしシャープをずっと陰から愛していた、もっとわかりやすく言えばストーカーのホンハイは恋のライバルの登場によっていつも以上にもえてしまい、結果的にはライバルだったシャープに対して更なる弱体化ができた。まぁめでたしめでたし?
セガ
セガとの関連も知る人ぞ知る内容である。大川総統が率いていたセガ第三帝国に加わり、健全なハードに健全なソフトが宿るとセガズムを真に受けたのかセガ・マスターシステムの韓国版SAMSUNG GAMBOY、ゲームギアの韓国版、メガドライブの韓国版Samsung Super Aladdin Boyを売っていたまではよかったが、セガサターンの韓国版SAMSUNG SATURNを発売、セガハードの崩壊への第一歩となるサターンに手を出した事が致命傷となったのか、サムスンはゲーム機を扱わなくなり、セガハードがドリームキャストになると、光学ドライブの一部を納入した程度となった。ミスタードリームキャストとでも言うべき入交将軍(その頃デルファイの社外取締役)は、日本でのDC発売の翌年サムスン自動車が破綻して「ザマァ、自動車部品はデルファイから買えよ」と思ったに違いない。その後のセガはCSKから見放され、セガと大川総統を失ったCSKはあんな事に。
東芝
サムスンと東芝は合弁会社、その名もズバリ「東芝サムスンストレージ・テクノロジー」を作りCDドライブの製造を行っていたが、長期間市場で存在感は無く事業譲渡に失敗。民事再生も失敗して破産。[4]。会社その物が日韓合弁会社「日立LG」の成功に触発されたパ○リであったが[5]、世界的企業同士の合弁事業であっても母体となっている企業の社員達が円形脱毛症になっていそうな状態だとうまくいかないと思われる。東芝サムスンより先にNECソニーオプティアーク社がああなっちゃったので。
アップル
Appleとサムスンは熱い熱い関係である。部材のサプライヤーとしてAppleにサムスンが大量の納入をし続けながら、Appleは「サムスンのスマホはパクリだ」と・・・役者が華為などに入れ替わった現代ではどうでもよい訴訟を世界中で訴えて、サムスンも対抗して法務合戦を行いホモツンデレとでも言うべきか、裁判所を舞台にした言葉責めのホモSMプレイだったのか、完成品メーカーにとって、部品サプライヤーはスレイブ君(奴隷)なので表舞台に出てくるな鞭で叩かれろという事なのか、Appleの教祖の誰もが服従しなければならない程の支配欲がサムスンの活躍を許さなかったのか今となっては誰もわからないが、アナルセックスは続いているようである。最初からセフレ?と取引していたって事なのだろうか?

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サムスン電子」の項目を執筆しています。