サンマリノ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サンマリノ」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「サンマリノ」の項目を執筆しています。

サンマリノ共和国(Serenissima Repubblica di San Marino)はイタリアの中にある国である。

5番目に小さい国家であり、一番小さく最も古い共和国であるが、だれも知らない。と思っていたら日本だけで、意外と他の外国版アンサイクロペディアでは記事がある。が、やっぱりヨーロッパ圏の人にしか知られていないのが現状である。

ちなみに、世界では「サン・マリノ」といわれているが日本では誰も気にしない

歴史[編集]

いつできたとかそんなものは不明で、アメリカ大陸が見つかる前から独立したといわれる、一番古い共和国だが誰も気にしなく、1631年にはローマ法皇も認めるが、気にしているのはサンマリノ国民のみであった。なお、一番古い国家はなんと日本である。古くから歴史的にも古いのに誰にも知られていない国であった。イタリアが一度侵略しようと思ったが、侵略しようとした人を名誉国民にされ、なくなく独立を認めることに。サンマリノは策士である。

国民[編集]

イタリアの中にあるので当然イタリア系がほとんどである。公用語はイタリア語で、日常語なるものはサンマリノ語といって、イタリアの方言の一つである。宗教はカトリックでイタリアと同じ。日本人は5人しか住んでいないところは唯一イタリアと違うところである。ちなみに人口は3万人しか住んでいない宮城県角田市とほぼ同じである。もはや国じゃなくてイタリアのとある町だろ。

経済[編集]

農業[編集]

農地は国土の約20%である。まぁ、ちょっと都会かも・・・。と思ったそこの画面を通して見てるそこの人!実はさらに20%が牧畜に使われている。残念でーした。主に作ってるのはぶどうオリーブ小麦たばこなど。ほぼイタリアである。イタリアの二番煎じではありません。気候的な関係ですから。

工業[編集]

だいたいが軽工業で、食品工業はワインオリーブオイルチーズで、窯業はレンガ、タイルなどである。やっぱりほぼイタリアである。イタリアっぽくないところはないのか!と言われれば、ない

交通[編集]

ロープウェイバスのみである。人口ではほぼ同じの角田市にはバスの戦いでは勝っている。けど、鉄道とかとかないとか乏しい。ただし、ヘリポートもあり、パスポートもなく国に入れるので、いいんじゃないでしょうか。そりゃ隣国がイタリアだけじゃあ当たり前かもしれない。

観光業[編集]

アンティークなコインや切手、ユニークな歴史や景観、消費税がないので買い物目的で来る人もいる。そこの面ではイタリアとはほぼ同格かなと思っても、海がない。ただ海がないのです。そこを突っ込まれたら「山がある」と答える国民がほとんどである。山からみた海は綺麗です。いや、綺麗らしいですのほうが正しいのかもしれません。

地理[編集]

  • サンマリノ

サンマリノの首都はサンマリノ。でも国全体が首都じゃない。ややこしい。人口が4000人ほどしかいないため、首都は首都でも、そこが栄えてるとは限らないのです。小さいながらもワシントンD.C.ニューヨークぐらいの区別はついているのです。

  • ボルゴ・マッジョォォォッレ

サンマリノのニューヨークである。人口は6000人ほどで、サンマリノの六分の一の人口を誇る。少なっ。 でも国内では2番目の人口で、国内一の市場町である。さらに、大広場もあり、国内唯一のマクドナルドがあり、大都会ともいえるだろう。

  • ティターノ山

アペニン山脈の中にある山で、サンマリノ最高峰ですが、739mです。ショボッ。でも、世界文化遺産にはなっていて、いいかな?。なんで自然遺産じゃないの?とかは禁句。人がたくさんいる証拠だ。この山には、国旗にもなった3つの塔が建っている。3つって、1つでもいいじゃない!

関連項目[編集]

この項目「サンマリノ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)