サーフィン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サーフィン」の項目を執筆しています。

サーフィンとは、西暦0032年 南の島のカメハメハ大王32世によって創められた。(古事記参照) 偉大なるとの交わりである。サーフィンをするかっこいい人のことをサーファーsurfer)と呼ぶが、技術不足の者やマナーを守らない奴は海の藻屑seaweed)と呼ぶ。 

ナルシストの快楽[編集]

カッコイイ(by俺)!

現代では、スポーツと勘違いされているが、朝一番に海に入ることを、「朝発ち」と呼び、ボードの上に立つことも「朝立ち」と呼ぶ。 主に、お金に余裕のない、若者達か、ナルシストが、女の子にもてるために、始めるケースが多い。金銭に余裕があるが体力のない中年層は、長い板に乗る傾向がある。

主なサーファの特徴[編集]

日焼けした肌と、潮焼けした髪。一般に、不良とまちがえられるケースがあるが、サーファーはナチュラル派で、不良は、ケミカル派が、多い。家に、サンバル(インドネシアの辛いケチャップ味の調味料)があれば、おそらくサーファーだろう。   また、環境問題や、エコロジーにはうるさいが、彼らはサーフィンすることで、膨大なカロリーを消費して、沢山食べるので、地球の限りある食物資源を惜しみなく使う。燃費の悪い生き物だ。また、ボードとの密着感増すワックスや、クラッシュで発生したボードの破片は偉大なる海を容赦なく汚染する。

注意点[編集]

なわばりがあるので気をつけよう。各々の地元の海が、なわばりで、年功序列と実力で、その地位がきまる。彼らをローカル(LawCal)と呼ぶ。他の、なわばりのサーファーや、初心者は、遠慮しないと、絆創膏をはる程度の怪我ではすまず、海底に沈められたり、車に人糞をつけられたりする。 

一番大切な掟は、ビーチにタバコ吸殻をすてないこと。その他の場所やその他の燃焼材の場合は、捨ててもいいかもしれない。

特権[編集]

上級者になると、スポンサーから、無料で支給されたサーフボードや、ウエットスーツ、ウエアーなどを、ネットで転売したり、友達に売ったりする権利が与えられる。

神の存在[編集]

20世紀後半から、21世紀前半にかけて、ケリースレーターという、神が、存在する。

関連項目[編集]


この項目「サーフィン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)