ザ・シンプソンズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
お前らはFOXニュースでも見ていろ
FOXニュース認定

本項の文章と内容は完全に正しい事実FOXニュースディレクター及びプロデューサーと共和党及び軍産複合体の馴れ合いで定められました。

この資料を疑った者は、合衆国愛国法により、テロリストとして国際指名手配され、グアンタナモに収容されます。

ザ・シンプソンズとは、黄色いアンサイクロペディアである。

何故ならそこではすべてのユーモアが、あらゆる風刺皮肉差別批判と罵倒を、と笑いで包み込むからである。

さぁ、愉快なザ・シンプソンズが始まるよ!チャンネルはそのまま!!

目次

[編集] 世界観

その舞台は母なる星、私たちのソフィア栄光と虚飾によって二千年の繁栄を誇るアメリカ帝国。激動する世界情勢なんてどこ吹く風、物語はスプリング・フィールドで繰り広げられる。

のどかな、のどかな田園風景。しかし、その平和を脅かす魔手は、すぐそこまで迫っていた。スプリングフィールドに、原子力発電所が建設されることになったのだ。破壊される自然環境、経済発展の波に翻弄されるささやかな幸せ。反対運動はあまりに無力で、政治闘争はあまりに腐敗していた。

かくして理想は現実に買収され、スプリングフィールドに原子力発電所は完成した。首都圏へ膨大な電力を供給することによって、万年不況に喘いでいた地域経済はにわかに活気づいた。

がある。いっぱいある。何でも買える。いっぱい買える。いくらでも、好きなだけ。

しかし、に溺れた代償の大きさに、誰も気付いてはいなかった。

町一番の悪ガキ、バートと、その愉快な仲間たち以外は・・・。

[編集] ストーリー

生まれついての悪ガキ、バート・シンプソンが、愛する家族やロー・スクールの同級生にスラムの仲間たちたくましく生きるご近所さんちょっと危ない大人たちとの人間関係の中から自分の生き方を模索する中で「生きる意味とは何か」を確信する。

欲望と悪意をキレイゴトで塗り固め、オブラートに包み込む権力者たちに、彼は真実を突きつける。

「Eat my shorts!(パンツでもかぶってろ=王様は裸だ)」

信じること、裏切ること、それでもやっぱり信じること。それが、ストーリー全編を貫くテーマである。

[編集] シンプソン家

ご存知シンプソン一家
バート・シンプソン(Bartholomew Jojo Simpson)
生まれついての反逆精神を持つ愛すべきツンツン小僧。出産時は逆胎(さかご)で、家族唯一の左利き、おまけに血液型はO Rh-という天邪鬼ぶりは、スプリングフィールドの創始者にして革命家ジェバダイア・グレイニングを彷彿とさせるが、そんなことよりスケートボードを操れば走破できない道はなく、皮肉とジョーク、そして黒板アートをこよなく愛する怒涛の10歳。
リサ・シンプソン(Lisa Marie Simpson)
お兄ちゃん大好き、だけど引っ込み思案で遠くから見ていることしかできずにいるそんなヒロイン。バートとは正反対に成績優秀、将来を嘱望されている神童だが、いつも無鉄砲でネタのためなら命の危険さえ顧みないバートが心配でたまらない。5歳の時に買ってもらったサックスをいつも抱えながら、お兄ちゃんにどこまでもついていく、俺の嫁・・・一途な8歳。
ホーマー・シンプソン(Homer Jay Simpson)
原作の主人公。あれから20年、物語のバトンは親から子(バート)へ。今ではハゲデブで出世は遅れ、とさえない3重苦の日々である。しかし家に愛すると子供がいて、ジョッキにダフビールが満たされていれば何も言うことはない。「ヨゴレキャラ」という言葉を絵に描いたような彼であるが、正直スプリングフィールドにいるキャラの大半はヨゴレなので、突っ込むのは愚の骨頂である。実際の所は彼が代表格のようなものだが。目先の誘惑に負けてバートと敵対してしまうドジをやらかすこともあるが、基本的に憎めない男中年39歳。
マージ・シンプソン(Marjorie Simpson)
ホーマーの妻。普段はシンプソン家には過ぎるほどの良妻賢母だが、その過去は女テロリストであり、当時の習性が抜けないため今でもアフロヘアーの中には暗器を忍ばせている。それなりに常識的ではあるが、ひょんな事から黒い言動に発展する事も多く、潜在的に狂人である。恐らく「常識的」という位置づけも、他の面々に比べたらマシ、という意味合いが込められている事相違ない。それでもホーマーと夫婦漫才をさせたら天下一品、どこか大物感を漂わせる泰然自若の37歳。
マギー・シンプソン(Margaret Simpson)
シンプソン家の二女で、よちよち歩きの赤ちゃん。まだ言葉は話せないが、おしゃぶりの音で動物妖精宇宙人異世界人とコミュニケーションをとることができる。キャラの中で1,2を争うくらい上手に生きている。危険な目に合わない実に幸運なキャラ。さすがのシンプソンズでも赤ちゃんには保護的なようである、まさに苦情。また、拳銃に関しては天与の才を持っている。ヤンマーニの使い手。早くも前衛的なセンスが仕草の各所にキラリと光る、末恐ろしい1歳。
リトルヘルパー(Santa's Little Helper)
ある日本人から譲り受けたグレイハウンドで、元の名前は「小助(こすけ)」。話が進むごとに可愛く描かれる事がなくなり、どんどんサブキャラ色が強くなっている。犬よりもなぜか猫にモテモテで、同棲中のスノーボール2世と熱愛中だが、浮気性は直らず、いつも違う猫をとっかえひっかえ、ウハウハである。
スノーボール2世(Snowball II)
ハートマン家から脱走した黒い野良が、リサに拾われてシンプソン家に。その後飼い主が取り返しに来たが、リトルヘルパーとの絆を引き裂くことはできなかった。リトルヘルパーの浮気性にうんざりしつつも、心底惚れている模様。

[編集] バートの仲間たち

ミルハウス(Milhouse Van Houten)
バートの親友・・・とバートが勝手に思っているだけで、ミルハウス自身は自分の都合でよく裏切ったりする。そのためか、ミルハウスが動画で出てくると「クソハウス」だとか「ウザハウス」だとか散々な言われ様である。が、さすがは腐れ縁の幼馴染、ここ一番で勇気を見せてバートを守ることだって・・・たまにはある。
ネルソン(Nelson Muntz)
バートのクラスのいじめっ子。アニメがアニメなだけに、いじめっ子という設定を存分に活用し時にはえげつない事もやってのける。しかし、時々見せるあどけない言動から、動画では多数の「かわいい」コメントを獲得するというDQNのモテ論理も兼ね備えた非常にズルいキャラでもある。いつもバートと衝突し、喧嘩ばかりしているが、共通の敵(ストリートギャングなど)が現れると即席の最強タッグ「Ay caramba!」を結成、仲良くフルボッコにされては友情を深めたりもする。
マーティン(Martin Prince)
チームの知恵袋。IQ220を自称する秀才だけど、ユーモアのセンスはイマイチである。おまけに、切り札の知恵袋は無駄に膨大な知識を貯め込むばかりで、一度として活用されたことはない。つまりは宝の持ち腐れ。
オットー(Otto Mann)
昼の顔はバスの運転手、夜の顔はハードコア・ロッカー。バートがリアルに尊敬する唯一の大人で、もしもバートが「将来はバスの運転手になりたい」と言っていたらそれは間違いなくオットーの影響である。ビートニクの体現者。
アプー(Apu Nahasapeemapetilon)
インドのマレガオン生まれ、元スーパーマンで現在はコンビニ経営・・・と思いきや実は秘密結社の連絡工作員である。バートにこの世界を覆う不正について啓発し、彼の運命を変えた一人となる。表面的には人格者だが、脳内は店の利益と私利私欲で渦巻く事もしばしばである。よく人間を表しているキャラだと思えば納得できなくもない。思えなかったらスクイシーを買うべき、是非クイックeマートへ!。

[編集] 権力者たち

バーンズ社長(Montgomery Burns)
バーンズ財閥の総領にして「スプリングフィールド環境電力」の社長、そしてスプリングフィールドの新しい支配者にして独裁者。卓越した政治手腕をもって原子力発電所の誘致に成功、絶大な権力を握り、ほしいままにする。口癖は「エクセレント♪」
スミサーズ(Waylon Smithers)
バーンズ社長の懐刀。「博愛と進歩主義」をスローガンに数々の名声の獲得に貢献するその裏で、拉致暗殺密輸人身売買などのダーティーな事業も手がけている。
クラスティー(Krusty the Clown)
スプリングフィールドの生んだ百年に一度の天才コメディアンにして、メディア王。そのサクセス・ストーリーは少年たちの憧れであり、バートもまたその熱烈なファンであるが、裏ではバーンズと手を組んでいる。
クィンビー市長(Joe Quimby)
バーンズの傀儡となっているスプリングフィールドの市長で、クラスティーのスポンサーでもある。立場上、表立った権力行使は控えているものの、謀略を巡らすのが何かと好きなようである。が、ほとんど失敗に終わる。
ウィガム署長(Clancy Wiggum)
スプリングフィールドの警察署長だが、実質はクィンビーの私兵となっている。頻繁な法改正と軽犯罪法の拡大解釈は、市政に対するあらゆる批判を沈黙させている。
スキナー校長(Seymour Skinner)
スプリングフィールド小学校の校長であり、まあまあバートの宿敵である。本当の名前はお察し下さい。バート達の暴走には再三注意をし学校の秩序や規則うんたらかんたらの反面、学校の教科を勝手に減らしたり、食品としてギリギリのラインな給食を出したりと中々あくどい性格をしている。時々、某L5少女のようになる。

[編集] その他もろもろ

モーの店。「萌え」じゃなくて悪かったな! by店主
フランダース家(Flanders family)
なかったことにしたい隣人の存在。シンプソン家の黒歴史にして頭が頭痛で痛くなる偽善的良識者たち。しかし彼らがいなければ
スプリングフィールドは冗談抜きで地獄へと急落下してしまうため、作中でDQNと田舎っぽさに溢れた街で迫害を受けつつも
サブキャラの先頭となっている。しかしそれは裏を返せば、お隣からも制作陣側からも生かさず殺さずという生々しい扱いを
受けている事に他ならないため、(自分で密かに墓穴を掘る事も少なくはないのだが)気の毒なキャラである。
モーの店(Moe's Tavern)
ホーマーの心の止まり木。ダフビールを飲んだり、げっぷをしたり、ときどきショットガンを突きつけられたり。スプリングフィールドを一番体現したような店のため、耐性がないまま足を踏み入れると気持ちが不安定になったりアル中になったりする。
実は作中では、なかなかの回数で改装されている建物である。
イッチー&スクラッチー(The Itchy & Scratchy Show)
笑いたいならとにかくコレ。イッチーの職人技とスクラッチーの芸人魂に、あなたはユーモアを通り越して笑うしかないだろう。
マージの髪の中
禁則事項です

[編集] 差別とユーモア

ザ・シンプソンズには数多くの差別を露骨に描写しているが、これは差別を隠し、否定するよりも際立たせ、肯定することで、人間社会の多様性つまり「みんな、当たり前」の存在として受け入れることを主張している。差があるものを別にすることは、当たり前であり、人間は一人ひとり、何もかもが違うのが自然の状態なのである。あらゆる人間が、この世界にいる。そしてその誰もが希求する愛、そしてユーモア。それは求めるすべての人へ与えられる人類希望なのである。

・・・ということを、この作品はごくありきたりな黄色人種であるシンプソン一家の物語を題材に表現したのである。[要出典] 、あくまでも本編ストーリーはシリアスに進むのであり、決して作中いたるところに散りばめられたな小ネタやクールなジョークに爆笑するあまり、腹腱断裂や腹膜剥離損傷を発症しないように注意が必要である。

[編集] 見どころ



ザ・シンプソンズにおける見どころは冒頭のバートが黒板に書かされているとこや、家族一同がソファーに集合するシーン、洗練されたストーリー、鮮烈なインパクトを与える個性的なキャラクター達、躍動感あふれるシーン展開。そして何より圧巻は後半78分のバトル・アクションである。

苦難の末に囚われのリサを救出したバートは愛しの妹を戦友ネルソンに託し、群がる追手50人ほどの小隊へ殴り込むその時。「行かないで」とすがるリサの頭をやさしく撫でて、静かに一言。

「大丈夫、お兄ちゃんを信じろ」

このセリフこそ、男の中の男にとって、そうでもない男たちにとっても、憧れの名ゼリフとなったとかならないとか。

[編集] 作品への評価

ザ・シンプソンズに対する視聴者の反響は日本において絶大な妹萌えという形であらわれた。

今まで「年増好き」「熟女最高」とか言っていた坊やたちがこぞって「サックスを演奏する美少女の口元って、エロい」などと言い始めたらその兆候が間違いなく出ている。

そして日本でザ・シンプソンズが放映されて以来、アルトサックスの売れ行きが徐々に右肩上がりになっている事は、これと無関係ではあるまい。

また、マージやマギーに対するマニアックなファンも根強く存在し、リサ・マージ・マギーの人気はそれぞれ魏・呉・蜀の均衡を保っているといわれる。

視聴者の声からは前項における「見どころ」は一切無視され、3ヒロインの萌え要素についてのみ延々と語られるばかりである。

[編集] 受賞歴

ザ・シンプソンズは数多くの賞を受賞しているが、その理由はよくわからない。

わかっているのは、ザ・シンプソンズと一番アーン♥♥な関係にあったのは、セクシーなエミーと23夜の欲情的関係があり、官能的なアニーとは21夜の劣情的関係にあったという現実である。

その他たくさんの受賞歴があるが、ただ一つゴールデン・ラズベリー賞だけは惜しくもその受賞を逃している。アンサイクロペディアンにとってのNRVにも相当するであろう最高の栄誉に浴する機会をいまだ得られないことは、スタッフ一同、ホッとしているに違いない。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ザ・シンプソンズ」の項目を執筆しています。


又吉イエス顔写真.jpg ザ・シンプソンズは腹を切って死ぬべきである。またザ・シンプソンズはただ死んで終わるものではない。
唯一ネ申又吉イヱスが地獄の火の中で加筆・編集させる者である。
ザ・シンプソンズを笑って見ているだけの者も同様である。理由は未完成であるなら自ら完成させるべきだからである。
詳しい理由は選挙公報等で熟知すべし。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語