シオニズム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

シオニズムZionism)とは、米国化したヘブライ人によるシオン公国における国是であり、人間が中東の過酷な砂漠に進出・適応することで、生物学的にも社会的にもより進化した存在になり得るという思想である。

砂漠に移住することで人間存在に革命が起こり、ひときわ高いレベルの文明を建設できるということを確信した人々によって、砂漠の中に似非国家人工国家が建設された。

大演説[編集]

我が忠勇なるシオン軍兵士達よ、今やパレスチナゲリラの半数が我が空爆によって砂漠に消えた。
この輝きこそ我等シオンの正義の証しである。
決定的打撃を受けたパレスチナ軍に如何ほどの戦力が残っていようとも、それは既に形骸である。

敢えて言おう、カスであると!

それら軟弱の集団が、この嘆きの壁を抜くことは出来ないと私は断言する。
人類は我等選ばれた優良種たるシオン公国国民に管理運営されて、初めて永久に生き延びることが出来る。
これ以上戦い続けては人類そのものの危機である。
アラブの無能なる者どもに思い知らせてやらねばならん。
今こそユダヤ人は明日の未来に向かって立たねばならぬ時であると!

ジーク・シオン!


我々は一人の英雄を失った。これは敗北を意味するのか? 否! 始まりなのだ!

アラブ諸国に比べ我がシオンの国力は30分の1以下である。
にも関わらず今日まで戦い抜いてこられたのは何故か!
諸君! 我がシオンの戦争目的が正しいからだ!
一握りのムスリムが砂漠にまで膨れ上がった中近東を支配して50余年、砂漠に住む我々が自由を要求して、
アラブ諸国に踏みにじられたかを思い起こすがいい。
シオンの掲げる、ユダヤ人一人一人の自由のための戦いを、神が見捨てる訳は無い。
私の部下、諸君らが愛してくれたレハバム・ゼエビは死んだ、何故だ!

「ユダヤだからさ」

戦いはやや落着いた。諸君らはこの戦争を対岸の火と見過ごしているのではないのか?
しかし、それは重大な過ちである。アラブ諸国は聖なる唯一のエルサレムを汚して生き残ろうとしている。
我々はその愚かしさをアラブ諸国のエリート共に教えねばならんのだ。
レハバムは、諸君らの甘い考えを目覚めさせるために、死んだ! 戦いはこれからである。
我々の軍備はますます復興しつつある。アラブ軍とてこのままではあるまい。
諸君の父も兄も、パレスチナの無思慮な抵抗の前に死んでいったのだ。
この悲しみも怒りも忘れてはならない! それをレハバムは死を以って我々に示してくれたのだ!
我々は今、この怒りを結集し、アラブ軍に叩きつけて初めて真の勝利を得ることが出来る。
この勝利こそ、戦死者全てへの最大の慰めとなる。

国民よ立て! 悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!
シオンは諸君等の力を欲しているのだ。

ジーク・シオン!!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シオニズム」の項目を執筆しています。