シャルロット・エレーヌ・オルレアン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

シャルロット・エレーヌ・オルレアン (本名:タバサ・ナガモン・ナゲット)とは、情報統合思念体に製造された、対有機生命体コンタクト用魔法少女型ヒューマノイド・インターフェース。

概要[編集]

シャルロット・エレーヌ・オルレアン

対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェースは本来ならば涼宮ハルヒの憂鬱に登場するキャラクターだが、シャルロットはハルケギニアに召喚されてしまったのでゼロの使い魔に登場することになった。

もともと、外国人の、長門有希のいとこという設定で創られたが、一緒に本を読んでいるとき、シャルロットはその本の中に吸い込まれてしまった。しかし、情報統合思念体から与えられた全宇宙の言語の情報が頭に入っているため、ハルケギニアの本も問題なく読める。ハルケギニアに現れた時は駆逐艦「雪風」に乗っていた。

実はガリア王国の王族で、シャルロット・エレーヌ・オルレアンという本名を隠しており、母からもらった人形「タバサ」を持っているが、心を狂わされた母が人形とシャルロットの区別がつかなくなったため、タバサと名乗っていて、キュルケの親友・・・というニセの記憶をハルケギニアの人に情報操作によって植えつけた。

両親の仇として現ガリア王ジョゼフ一世を憎んでおり、臥薪嘗胆を誓いながら現王家の命令に黙々と従い任務をこなしていた。ロマリア教皇ヴィットーリオの聖戦を利用してついにジョゼフ一世を滅ぼすことに成功し、オルレアン朝を開いた。

オルレアン朝を開いたものの戴冠式直前にロマリアの陰謀により誘拐され現在孤島の修道院に幽閉されており、トリステインとガリアによる救出作戦が水面下で進行中である、また作戦が成功し救出された場合ロマリアと致命的な対立関係に陥るのは確実と見られている。

長門や情報統合思念体と連絡は取れているらしく、新たにルイズによる平賀才人の虐待を阻止する任務を受けている。また、最近の趣味は頭部を噛みちぎることである。

ヒンニュー教との関係[編集]

長門やルイズを超すほど胸が小さいが、年少という設定なのでヒンニュー教ではあがめられてはいない。

関連記事[編集]

Louis2.gif 誰も認めてくれなくったって、わたしがシャルロット・エレーヌ・オルレアン認めてあげるわ。 (Portal:スタブ)
Disambiguation

ここでは、まーそのー……いわゆるひとつの世間様に最も一般的とみなされていると考えられているとされている
シャルロット・エレーヌ・オルレアンにつきまして説明している項目です。はい。