シャルロット・チャーチ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

シャルロット・チャーチ(Charlotte Maria Church)はウェールズ出身の歌手。その歌声は「天使の歌声」と評され、その愛らしい笑顔は多くの人々を魅了した。彼女はまさに現代に舞い降りた天使あった

デビュー前の映像


目次

[編集] 略歴

[編集] 天使の歌声

見よ、この愛らしい笑顔を

天才と呼ばれた彼女の歌声は英才教育によって得たものであった。 幼い頃から音楽が好きだった彼女は、9歳の頃には本格的にクラブ歌手であった叔母の下で歌の勉強を始めていた。叔母の指導は時に厳しいものだったが、彼女の歌への熱意はその程度のことでは消えることはなかった。

12歳で天才少女歌手としてデビューしてすぐにアルバム『天使の歌声』(Voice of an Angel)をリリース。名曲「アメイジング・グレイス」(Amazing Grace)や「アヴェ・マリア」(Ave Maria)などを見事に歌い上げ、その美しい歌声と可愛らしい姿は多くの人々を魅了した。14歳の時にはボーイソプラノ歌手として有名だったビリー・ギルマンのアルバム『クラシック・クリスマス』にゲストとして参加し、かの有名なクリスマスソング『そりすべり』で、当時14歳の天才少女と12歳の天才少年のデュエットを披露した。ビリーの前でお姉さんぶった態度をとる彼女の微笑ましい姿に、多くの人々が頬を緩ませた。

[編集] 天使の自立

その後もクラシック音楽や民謡をメインにCDの発表やコンサート出演など精力的に活動を行っていた彼女だったが、ある頃からポップスに強い興味を抱くようになった。思春期に入った彼女にとって、年頃の女の子がクラシックやオペラの曲、民謡ばかり歌うことは違和感を感じる行為だったのかもしれない。19歳の時には周囲の協力もあり、自身初のポップス・アルバムを発表。しかしそれまでの彼女とあまりにも異なる音楽に落胆する人も多く、セールスは不調に終わり、2006年には契約していたソニーBGMからも契約を打ち切られる結果となった。人々は少しずつ彼女のことを忘れつつあった。

[編集] 堕ちた天使

彼女は荒れた。自分の選んだ道が他人から評価されなかったという現実が彼女を打ちのめした。自暴自棄になった彼女は快楽に溺れていく。服装や化粧が派手になり、を呷り、煙草をふかす。毎日違うを連れ、セックスに明け暮れる。堕落しきった彼女をタブロイド紙は面白おかしく囃し立て、それを読んだ人々は彼女に絶望した。

そこには幼い頃に見せた天使の面影はどこにもなかった。 汚れきった人間界は天使が天使のまま生きていくには少しばかり酷な場所だったのかもしれない。
そして彼女は変わってしまった……

[編集] 現在の彼女

Charlotte02.jpg


世界を魅了した10年後の天使

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「シャルロット・チャーチ」の項目を執筆しています。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語