シャーロックシャーロット・ホームズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
ひよこ陛下
秀逸な記事

Featured.png

この記事は秀逸な記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってんなら、してみやがってください。お願いしましたよ。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「シャーロック・ホームズ」の項目を執筆しています。

シャーロックシャーロット・ホームズWilliam Sherlock Scott Wistaria Charlotte Holmes)は、トンデモ作家アーサー・コナン・ドイルの妄想の産物。世界初のライトミステリとも言われるシャーロット・ホームズシリーズのヒロインである。

といってもストーリーの筋立てはちょっとあれで、現在ではファンであるはずのシャーロキアンからも「あそこはおかしい」とか「ここは矛盾している」などとツッコミまくられる有り様であるが、探偵の元祖なのだからそれも致し方ない。

目次

[編集] 人物像

1892年刊行の貴重な初版本

身長は180cm(約1.15hyde)以上というが、依頼者や犯罪者にナメられないようにと厚底のブーツを履いていたので、実際には140cm(約0.9hyde)程度であろうと思われる。性格は極度のサディストで、相棒で助手のジョン・H・ワトスンを困らせるのが大好き。はた迷惑なほど行動力がある14歳の女の子である。ちなみに、ワトスンは15歳の男の子であり、ひょんなことからロンドンのベイカー街にあるアパートで同棲生活をすることになった。

小柄な体躯に全く合わない成人男性用のコートを屋内でも着込み、鹿撃ち帽とどぎついパイプがトレードマークの美少女である。前述の通り竹馬のような厚底ブーツをこれまた室内でも履いていて、身長162cm(約1.04hyde)であるワトスンにミニスカートの中身を見せ付けていた(同時に作者の時代錯誤も見え見えである)。

優れた観察眼と推理力を持ってはいるが、往々にしてそれはぴーだのアーン♥♥だのといった全く別の方面に発揮され、役に立たないまま気づけば事件が解決していたのが常であった。

通信教育でカジったフェンシングボクシングの生半可な知識から「バリツ」という殺人術を編み出そうとしてはワトスンを実験台にしていた。過激な麻薬ダイエットを繰り返し、コカイン覚醒剤大麻阿片ヘロインLSDを愛用した。そのためか、幻覚を見ては壁に飾ってあったヴィクトリア女王の肖像画に鉛の弾をお見舞いし、ひどい時などは、フラッシュバックに襲われて高価なストラディバリウスを叩き壊したこともある。慣用句ではなくそのままの意味で屍に鞭を打って遊んだり、怪しい化学の実験をするたびにワトスンをモルモット代わりにするなど、危険極まりない人物である。本人は仕事を通して悪人を懲らしめているつもりのようだが、彼女自身のほうがよっぽど悪人である。

しかし、そんなホームズもワトスンとの交流を経て少しずつ変化していく。現に、ホームズはよくバレバレの変装をしたが、これは素直になれない現在の自己に不満を持っていたがゆえの変身願望だったのでは、と見る向きもある。

時折ケモノ耳を着用した姿で描かれることもあるが、これはそのような萌え属性を持ったヘンタイ親爺による捏造なので注意が必要。

[編集] 略歴

[編集] 無名時代

探偵業を志すようになったのは、後に「グロリア・スコット号事件」と名付けられた事件を解決したと勘違いしたためで、まずはモンタギュー街で開業した。しかし、全く鳴かず飛ばずの開店休業状態に嫌気が差したホームズは、心機一転ベイカー街に引っ越した。ここで、引越し業者の手違いから同じ部屋に越してきたワトスンと、運命的な(ワトスンにとっては悲劇的な)出会いを果たす。

出会うなり「あなた、アフガニスタンにいたわね?」などとまったくもって見当外れな「推理」を披露したが、心優しいワトスンは彼女を傷つけないよう、「よくわかったね、どうして?」などと嘘をつく。そしてこれが全ての過ちの始まりであった。

[編集] ベイカー街時代

見た目の愛くるしさと推理の空回りっぷりが萌える、として徐々に彼女の名前が売れ、多くの依頼が寄せられるようになった。ホームズの方も、期待に応えて事件を解決した気になっていた。もっとも、実際には依頼者や警察にしてみれば、ホームズがかわいらしく立ち働いたりトンチンカンな推理を一生懸命舌足らずに語る様子を見て和みたかっただけで、要するに西之園萌絵と同じ待遇である。

ホームズにとってワトスンは、最初はただの使いっ走りかオモチャでしかなかったが、様々な事件で行動を共にすることで、徐々にワトスンに心を開いていくようになり、とうとう彼女はワトスンにをする。唯我独尊乙女のホームズは初恋に酔いしれ、バイオリンを演奏することで想いを伝えようという演劇ヒロインちっくな事をするが、ワトスンはその演奏で耳をやられてしまい、彼女がどんなに告白しても「初歩的な事よ☆」という意味深な台詞にしか聞こえなくなってしまう。

その後ワトスンは、ホームズの仕事の依頼人であったメアリーと出会い、彼女が莫大な遺産を相続すると知って結婚を申し出る。残念ながらホームズのドジな捜査ごっこによって遺産(財宝)は全てテムズ川の底にぶちまけられたが、婚約してしまった以上後戻りできないのでワトスンはそのまま結婚した。この結婚の背景には、ホームズ自身が別の事件で出会ったアドラーという男性歌手との浮気もあるのだが、このアドラーにも逃げられてしまったホームズは悲しみにくれ、ビリーという7歳の美少年を給仕に雇った。どうやら彼女はショタコンの女の子でもあったようである。きっと自分の昔の服を着せたりもしていたのだろう。

ワトスンの妻メアリーが亡くなった原因がホームズの呪いであることは言うまでもなく、吸い寄せられるようにしてワトスンはまた彼女の住むベイカー街221Bに舞い戻る事になる。

ワトスンはホームズを何よりも恐れていたが、彼女のほうは自分がワトスンと相思相愛の関係だと思い込んでいた。それが顕著に見られるのは「悪魔の足」である。作中、犯人が用いた毒物の危険性を確かめるための人体実験にワトスンを利用し、ホームズ自らも立ち会った。だがその毒物が危険と判断したワトスンは彼女を置いて一人部屋を脱出した。これでホームズから解放されると思ったのも束の間、なんとホームズも部屋を飛び出してきた。彼女は毒物による幻覚を見ており、恋人ワトスンに抱きかかえられて部屋を脱出したと勘違いしていたのである。

彼女は命の恩人である(と思っている)ワトスンに感謝と謝罪の言葉をかけた。唯我独尊ホームズが初めてデレた瞬間を目の当たりにした読者は、ホームズにはツンデレ属性が備わっていたのか、と驚き萌えた。

[編集] 失踪と帰還

こうしてロンドンの街で思う存分暴れ回った彼女であったが、ついに宿敵が現れる。魔法少女モリアーティである。と言ってもワトスンはモリアーティを見たこともなく、なんだかよくわからないうちにホームズ vs. モリアーティの熾烈な戦いが続いていたが、最後の対決の末、遂にホームズはモリアーティと共にスイスのライヘンバッハの滝に墜落してしまった。ラーメンどんぶり風の刺青を額に入れた辮髪姿の男性が、ホームズの死亡を確認した。モリアーティと共に死亡したことで、哀れなワトスンは胸をなで下ろした。

が、実は落ちたのはモリアーティだけで、ホームズは生きていた。「死んだことにして姿を隠して、ワトスンを悶えさせたい」などとS風な発想に陥ったホームズはそのままインドの山奥に立てこもって魔法を身につけ、思う存分遊びまくった末にそれに飽きてロンドンに舞い戻った。

ただ帰ってきても面白くないと思ったホームズは、魔法で老人に変身してワトスン宅を訪れ、油断したワトスンが背中を向けた隙に魔法を解いて、彼を気絶させるほどきつく抱きしめた。この帰宅でモリアーティの・モラン大佐の逮捕後は、失踪前と変わらず役に立たない探偵を続けることとなる。ちなみにこれ以降、魔法で体重や体型を誤魔化す技を身につけた彼女は、コカイン等々の麻薬は「お肌に悪い」と言って手を切っている。またこの後、ワトスンは2度目の結婚をする。こちらは事件とも無関係らしく平和な結婚だったらしいが、例によってホームズの呪いで死別し、結局のところまたベイカー街に戻ってくることとなった。

なお、この探偵業のなかで彼女は何度も男性に変身しているほか、一度などは成人男性の配管工になりすまして恐喝王の屋敷のメイドと婚約までしでかした。この事から彼女は両性愛者だったのではとの指摘もある。

因みにホームズはビクトリア女王に謁見もしている。その時女王陛下から渡されたリカちゃん人形を彼女は大英帝国勲章と勘違いし、「デイム」(男性でいう「サー」)の敬称を付けて名乗り、相手にもそう呼ばせた。

[編集] その後

こうして思う存分ロンドンっ子を萌えさせた彼女であるが、さすがに20代になると「もう賞味期限切れたよね」「二十歳? げっ、ババァ」などと言われるようになり、ようやく引退を決意することになる。

とりあえずサセックスの海岸で、インドで覚えた魔法を存分に使って草花や動物たち、特にミツバチと戯れるという「夢のような生活(本人にとって)」を送り始める。このころまた、地元の素朴な住民相手に探偵ごっこをする機会があって、「なんとなくポヤーンとした天然お姉さん」風味という新たな境地を開拓、これがそれなりにウケたために気をよくしたホームズは、「今度は大人の魅力で勝負よ!」と言い放つと家にワトスンを呼びつけるが不調に終わり、結局、ついに諦めて表舞台から引退することになる。このあたりの顛末はワトスンの著書『最後の挨拶』で語られている。

[編集] ワトスンによる評価

ワトスンは自身の著書においてホームズを以下のように評している。

  1. 文学の知識:皆無。ポーの小説のデュパンは、単語の意味がわからないという理由で痛烈に批判している。
  2. 哲学の知識:不明。
  3. 天文学の知識:皆無。地球が太陽の周りを回っていることはおろか、宇宙自体を知らなかった。
  4. 政治学の知識:不明。
  5. 植物学の知識:皆無。ある事件で知り合ったモラン大佐という人物を、「途中まで真っ直ぐだったのに、急にひん曲がった」だと言った。比喩ではない。
  6. 地質学の知識:皆無。
  7. 化学の知識:豊富だが、方向性がおかしい。初めて会った時は、アーン♥♥と反応して沈殿物を生じる謎の物体を発見した。
  8. バイオリンでおぞましい雑音をたてる。しかし慣れると存外、耳に心地よいものである。
  9. ヘタクソな剣術やボクシングを得意げに披露し、ステッキを魔法使いのロッドと勘違いして私をボコボコにする。
  10. イギリスに法律がある事を知らない。彼女自身が悪いと思ったことだけが罪であり、それ以外は何をしてもいいらしい。
  11. 精神年齢:5歳程度。
  12. 推理力と観察力に長け、勘も鋭いが、それは依頼人や刑事を萌えさせたりアーン♥♥するために発揮するばかりで肝心の事件捜査では何の役にも立っていない。

なお、上記のいずれについても本人は完璧にこなしているつもりでいた。

ワトスンはホームズを嫌っていたが、その理由は彼女の性質だけでなく、ワトスン自身が年上(20~30代)の女性にしか興味がなかったのもあると見られる。というのもワムスンの著書では、ホームズ自身については特別な形容詞は何もないのに対し、彼女の依頼人や事件に関係した女性のほとんどが「滅多にお目にかかれない」や「そうはいない」などという修飾をした「若く美しい女性」と表現されている。だが当然、ホームズに萌える人間が若く美しい女性ばかりであるはずはないので、これはワトスンが関係女性の年齢や顔立ちを基準に事件の取捨選択をしていたためと考えられる。

[編集] 後世への影響

シャーロット・ホームズシリーズは、良くも悪くも推理小説人気の火付け役として高い評価を得ている。また、ホームズのカリスマ性やエキセントリックさは残念なことにその後の探偵たちに脈々と受け継がれ、消去法などの論理的な推理による犯人特定は、推理小説の形式や方向性を雁字搦めにした。「全ての不可能を消去して、最後に残ったものがいかに奇妙なことであっても、それが真実となる」とはけだし名言であるが、彼女に言われても全然納得できない。

永遠の美少女ホームズに惚れて二次創作じみた妄想をし続けるかわいそうな人々もおり、彼らはシャーロキアンと呼ばれている。彼らによればホームズはまだ生きている(タイムズ紙の訃報欄にホームズの名前が載ったことが無いのでまだ死んでいない)らしいのだが、だとすれば彼女がいま何歳であるのか、なんてことは気にしてはいけない

なお、彼らシャーロキアンたちは「関連グッズ」と称して変なものを大量にかき集める傾向があり、そのために十数年分の気象記録だの鉄道時刻表だのデパートのカタログだのオックスフォードとケンブリッジの卒業者名簿だの(念のために説明しておくが、それらは全て1880年から1900年にかけての貴重な記録である)、普通の人には役に立たないが真面目な研究者には大切な資料を独占してしまうという空気の読めない行動に走ってオタクぶりを発揮し色々迷惑をかけている。

[編集] 関連する人物

  • マイクロソフトマイクロフトという兄がいて、妹を上回る観察力と推理力を持つ。長身で太り気味の数字オタクで、ディオゲネス=クラブという変人たちの集まりを結成した一人というだけあって、シャーロットとは実に相性が良く、彼女のブラコンを証明している。実にまずい事態になっているのだよ、シャーロット。
  • 浮気相手だったアドラー青年は、元ボヘミア国王の恋人だった。彼は同性愛という凄まじい醜聞を使い、女性と結婚予定だった国王を脅す。そこをホームズが文字通りに巻き、なんだかよくわからない事になって一件落着してしまう。こんばんは、そしてさようならミス・シャーロット・ホームズ。
  • ベイカー街221Bの女主人はハドスン夫人といい、他にメイドが一人いる。どちらも20代であり、ギャル小説と評される所以でもある。貸した部屋の欠損が敷金でまかないきれないレベルで、マジ激おこ。
  • 「ベイカー街遊撃隊(Baker Street Irregulars)」と呼ばれる手先がいる。その構成はロンドンに住む7、8歳ほどの男の子たちで、しばしば情報収集で大活躍した、らしいが何を探っていたのかは聞いてはいけない。ちなみに彼らが少年探偵団しょうねんんていだん 略してショタ団)のモデルになったのは秘密でも何でもない。
  • 少年探偵団の作者は実にフランス語に堪能だったため翻訳されるまえのホームズとルパンのパクリをしていた事は事実である。その時代は翻訳されていなかったため無問題だったのだがホームズを翻訳していた人とルパンを翻訳していた人はすでに少年探偵団の作者がパクリをしていたことをしっていたらしく、翻訳版はさもわざとらしく少年探偵団の作者がパクリをしているところに似せていた。本当のことである。そうだね?小林君。

[編集] 関連項目


この項目「シャーロック・ホームズ」は、気違い死に物狂いで書いたものです。今はまだ狂った内容しかありません。ハイ狂わせてくれる精神異常者を探しています。 (Portal:スタブ)

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語