シュルレアリスム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索


Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「シュルレアリスム」の項目を執筆しています。
ヒトは通常このように二足歩行を行う。
ネコが車に轢かれたって?まあ良くある事だよ。

シュルレアリスム(surrealism,シュルシュルシュル・・・)とは、幼児の書いた意味不明な落書きを無理やり褒める時に芸術家の間で使われる美術用語の一つである。

目次

[編集] 概要

シュルレアリスムとは、現実であり、同時にいわゆる一つの現実である。ホーホーホー、そして一人の男の子。

使用する人の気分によっては「超現実主義」などともいわれ、要するに超現実、本当に現実、つまるところが、

現実現実現実。 ぜーーーーーーーーーーんぶ現実。       、というわけなのである。

これは検閲により削除というものを行使する国家機関、あるいは政府、民族などといった想像の共同体によってフィクションだとされたものを現実であると再主張しようとする反政府集団によって主張され危険思想であると政府から一方的に迫害されている思想なのである。

普段の日常生活の中で、いわゆるある程度「常識」を持っているとされる人間は、や非現実とされる事象以外のものを現実として区別しているが、シュルレアリスムの考え方においては、夢は現実の基盤であり、非現実だと普段されているものこそ本当の現実の根底にあるものの暗喩表現や精神世界における真の現実であるとされる。そもそも、一般的な人間が持っているとされる「常識」も、自分が日常生活の中で、現実として実際に体験した記憶が無い「過去」という無意識の蓄積の上に危ういバランスを持って意識された精神世界の中に表出されたそれこそ無意識を無意識に根拠とした結果論が、確実な因果関係や条理に伴わない形で剥き出しになっているのである。

無意識が思考を内包するのと同じく、夢は現実を内包する。人が精神の存在を認めるのも無意識に拠ってであり、それは精神的な所産よいうよりも、人間そのものの無意識底に潜むであろう人間としての本能の遺産で有るかも知れないのだ。人間は永久に感情と理性の二つの存在に引き裂かれているとされるのかも知れない。しかしその言葉は結局人間の無意識に動物的感情とは異なった本能の存在を示唆しているのではなかろうか。だが結局、精神も、無意識も、その存在はきわめてあいまいなものであり、それを具体的且つ包括的に理解する事は難しい。現実の中に居座っているつもりが、眠気と共にその世界はいつの間にか不可解なものに変わり、理性と狂気とがその境界線の輪郭をなくし、混ざり合っていく。虚ろな感情のフィルターを通して目に映った物事の様子は本人にひどく現実的に映り、その様はもはや現実というよりは夢に近く、普段そうであるところの日常の風景を見ているとはもはやいえない。現実は無意識であり、夢もまた現実である。現実は非現実であり、むしろ非現実こそが本当の現実なのである。つまり、シュルレアリストにとって見れば、夢の中でみwikiさんにあんな事やこんな事をされるという事は、そういった異性にあんな事やこんな事をされるという何らかの現実を指している[テストに出るよ!]のであって、人が猫になって恩返しをしたり人が豚になって鞭を打たれたりドラえもんが20世紀の日本にタイムマシンを使ってやって来たり、バルスと言われて全てが破滅するのも、全部現実に今巻き起こっている事なのである。

そう、現実。全てが現実

そのため、多くのシュルレアリストは本当の「現実(=超現実)」を日常の「現実(=非現実)」から抉り出す為に、様々な手法を編み出して作品を作ったのであった。

この項目も本当はシュルレアリスムの真実を記したものなのであるため、実はウィキペディアに投稿するのが妥当なのであるが、ウィ(ryは少数の力有る者によって真実が隠蔽されたり個人の思うままに歪曲される、うそと虚構とナンセンスに塗れた百科事典に今・は・も~う成り下がっているため、そこから亡命した(逃れてきた)ウィキペディアンによって、このアンサイクロペディアに真実を記す事が決行されたので、此処にはアンサイとしては例外的にシュルレアリスムについての正しい事実ばかりが記載されているのだ。

[編集] シュルレアリスムの歴史的経緯

美術運動としてシュルレアリスムが展開されるのは、1924年になってからだが、運動が展開されたのは当時の芸術家に下らない宣言をして自己満足に浸ったり、秘密結社を作って下らない騒動を巻き起こす妙に出しゃばりな偏屈者が沢山いたからであって、それ以前の芸術界でも、思想としてのシュルレアリスムが存在しなくともシュルレアリスム的な作品はいくらでも存在した。なので運動としてのシュルレアリスムが起こる前からシュルレアリスム的な作品が存在した歴史をまずは説明する。

[編集] 前史

思想や運動としてのシュルレアリスムが起こるずっと前の17世紀から、絵画表現におけるシュルレアリスム的な要素はスペインにおいてとっくの昔から確立していた。スペインはかつて「太陽の沈まぬ国」といわれていたが、その名の通りかつてのスペインは今とは違って太陽からの異電波を他国よりも大量に受けていたので、その所為で普通の人なら誰もが胡散臭いと思ったり生理的に受け付けないでダウンしてしまうような絵画表現を好む画家が沢山存在していたという説は容易に考え付くし、昔はそう考えられていた。しかし実際のところ電波は間接的な理由であって直接的な理由はかつてのスペイン社会にあったのではないかと現在では考えられている。太陽からの異電波を受信する特殊魔術をもって人々を絶対的な権力で統治していた魔道士との契約と引き換えに自らの体を変容させた聖職者達は次第に契約の力により魔族に操られるようになっていった。中世の魔族に犯された聖職者達は何の罪も無い筈の少女を宗教裁判にかけて魔女と認定し、「だって魔女だなんだもん」と魔道士に言い訳をして少女をぴーしたり、ぴーしたりした。さらには何の罪も無い男の善人にまで縄を縛り付けてぴーしたり男の心身があれになってしまうまで何回も何回もぴーするなどといった人とは思えない行為をするようになり、人間としての己と契約によって生じた新たな己との狭間で聖職者達は司祭もろとも狂気に陥っていき、スペインの国民もこの半魔族と化した得体の知れないものによる何が起こるかわからない絶望的な圧政のなかで次第に狂人もしくは廃人に変身していくということが日常茶飯事であったので、そのような歴史の結果として、ゴヤやベラスケスによるシュルレアリスム的絵画という負の遺産が生まれたのであった。当時にしてはとてつもなくカオスで本当にむごたらしい絵画表現の歴史などいっそのことスペインで静かに始まり、終りも同じ国で早々と終わってしまえば良いものであった。
ところがどっこい、そうは問屋が卸さない。何と言ってもフランスの芸術家は偏屈奇を衒った物好きで、その上悪趣味目立ちたがり屋と来ている。此処にカストロネタが好きという事も追加してもいいのだが、それは明らかに悪趣味に含まれるのでこれ以上追加するとキリが無い。

要するに、フランスの芸術家にとって、このスペインの画家達の表現技法ほど興味を引き、彼らのネタになりやすいものはなかったのだ。そして20世紀前半にとある中二病の酔狂なフランス詩人により、シュルレアリスム的表現の大胆な乗っ取り計画というコトが起きてしまったのである。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

[編集] 関連項目


この項目「シュルレアリスム」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語