シリアルキラー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

シリアルキラー(英:cereal killer)とは、イネ科を代表とする穀物類を枯らす病害や虫害などの総称である。

概要[編集]

穀物は世界各国で人類の生誕より長らく主食とされている植物であり、小麦とうもろこしなどがその代表格である。それら穀物類の天敵とされる外的要因を総称してシリアルキラーと呼ぶ。シリアルキラーの種類は多岐に渡り、病害や虫害、冷害や水害といったものが挙げられる。これらは常に人類を脅かさんとする恐ろしい禍であり、飢饉といった直接的なものや食糧不足による戦争など様々な手段で人間を虐殺せんと企んでいる。近年では穀物の品種改良による病害の防止や露地栽培からハウス栽培へ移行する冷害への対策などといった対抗手段が多く登場し、危険性は減少したものの発展途上国を始めとする国々では平成の世を過ぎても未だに猛威を振るっているのが現状である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シリアルキラー」の項目を執筆しています。