ジェームズ・ビーティー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
宇宙人ビーティー.jpg
「ビーティー、あなた疲れてるのよ」
ジェームズ・ビーティー について、ダナ・スカリー
「TRUST NO ONE」
秘密結社 について、ジェームズ・ビーティー

ジェームズ・スコット・ビーティーJames Scott BEATTIE, 1978年2月27日 - )は、イングランドランカスター出身の超常現象研究家。宇宙人の存在と、それを隠匿せんとする巨大組織の陰謀を暴き立てようと活動している。かつては国内有数の水泳選手でもあった。

来歴[編集]

ピンク色の宇宙人UFO日本を大々的に侵略した1978年にビーティーは生まれた。幼い頃から、その知性は際立っており、将来が嘱望されていた。科学の徒である医者になるため、勉学に励んでいたビーティーであったが、あるときから世界を覆う大いなる陰謀と、それらを施策する組織の存在に気が付き始める。知的好奇心から組織の全貌を追っていくビーティーであったが、狡猾な組織はその残滓すら容易には明かすことはなかった。探索と妨害に疲れきったビーティーが、それ以上の追跡をあきらめようとしたその時、巨大なUFOが、彼の頭上を飛び去って行った。

その翌年。彼は超常現象研究家として、ブラックバーンで華々しいデビューを飾ることとなる。時に1992年。スーパーファミコンUFO仮面ヤキソバンが発売された年である。

研究[編集]

当たりに強く、ポジショニングに長け、空中戦が得意である。つまりは、弁舌に長け、UFO撮影ポイントを的確に察知し、飛行物体を確実に捉えることができる。

彼の論説に関しては、おおよそ次の発言に集約されるだろう。

「宇宙人に関しては一言あるんだ。そう、宇宙人は間違いなく、僕らの中に混じって地球上に存在している。そして大きな陰謀が有る。巨大な隠蔽工作さ。政府より大きな力を持った組織がその事実を隠蔽しているんだ。僕たちは事実を知らない。なぜなら、エイリアンの存在を知ったら、僕たちはそれに対処できないし、人々が怖がって世界中がパニックになるからさ。 宇宙人は絶対にいる。ただ、国を動かしている連中はその事実と向き合うより、無視しているほうが簡単だから、そうしているんだよ。

僕は頭がおかしいわけじゃない。でも宇宙人の存在をなかったことにするには、あまりにもたくさん証拠がありすぎるんじゃないかな。広い宇宙に存在しているのが、僕らだけなんてありえないだろ?現実に目を向けなよ。そんなわけないってわかるはずさ。」

2003年、Leslie Keanが、NASAに対してUFOに関する資料の公開を求めて訴訟を起こしたその年に、ビーティーは今までの功績が認められ、イングランド代表として世界的に発言の機会を得た。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジェームズ・ビーティー」の項目を執筆しています。