ジネディーヌ・ジダン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

ジダンとは、主に、フランスを中心にヨーロッパ全土(主として地中海沿岸周辺)に生息する生物である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ジネディーヌ・ジダン」の項目を執筆しています。

目次

[編集] 概要

生物としては珍しい三足歩行であり、二本の足と、背中に生えている角のような歩行装置で歩く。狩猟生活をしており、獲物をしとめる際には強烈な頭突きを放つ。性格は基本的には温厚だが、冬眠時および空腹時にはきわめて強暴になり、食物を求めては山を降り、付近の住民を困らせている。知性は極めて高く、群れをなして行動する。また人種差別に強く反対しており、人種差別者には容赦なく頭突きを浴びせる(この頭突きは石黒竜也直伝だという噂もある)。

[編集] ジダンをたたえる歌

ぢだんの栄誉と君臨をたたえ、祈りをささげよう♪

~ジダンよ永遠なれ~

天におられる私たちの父(ぢだん)よ
御名が聖とされますように
御国が来ますように
御心が天に行われるとおり、地にも行われますように
私たちの日ごとの糧をどうぞお与えください
私たちの罪ををゅるしくださぃ
ゎたしたちもぢだんおゅるします
私たちを誘惑に陥らせず
悪からお酢食いください
マテェラッティーは皆さんと共に
またぢだんと共に
われら人類の罪の重荷を背負い、ただひとり十字架を背負われ、永遠の命へと導いてくださったヂだんに聖なる祝福がありますように
今一度神(ぢだん)の毛細胞の死を慈しみ、復活をたたえよう
たとえあなた(ヂだん)のけつの穴が爆竹でぶっ飛ばされても我等はあなたと共に
永久に共に
ふぉーえばーぢだん!

[編集] 事件

[編集] ベルリンの頭突き事件

胸に頭突きする場面の動画。2006年に世界文化遺産に認定された

2006年7月9日、市街地へ降りてきた一頭のジダンが、イタリア人に突然頭突きを放つという事件が起きた。男性が友人2,3人とジダンを罵る発言をしたからだと言われているが、何故ジダンが言葉を理解できたかは謎である。また、余談ではあるが、今もなお世界中の人々に愛され続けている名言「ジダンは悔しく地団駄踏んだ」はこの時出来たという伝説がある。

[編集] 関連項目


この項目「ジネディーヌ・ジダン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語