ジム・クラーク

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジム・クラーク」の項目を執筆しています。

ジム・クラーク(James "Jim (or Jimmy)" Clark Jr. OBE, 1936年3月4日 - 1968年4月7日)は、スコットランドミサイルになってしまった ペーターである。否、ザコい地球連邦軍製のモビルスーツ、型番RGM-79だったかもしれない。「天才肌の超天才で F1史上最強最速仏血義理!」と言い切る人も多いが 昔の人なので 気にしたくても分からない。「セナが最強? でなければマイケルぅ? あんたバカぁ?」 と 一部オールドタイプが叫んでいるが 昔の人なので 気にしたくても分からない。テレビとか そういう技術が無かった頃のチャンピオンな訳で 当然っちゃ当然。だから フライング・スコット(天駆けるスコットランド人)と 褒め称え様としても 気にしたくても分からない

ペーターとしてのクラーク[編集]

スコットランドの土井中村で 田吾作どんの長男として生まれる。末っ子だけどー ウチにはおねーたましかいなかったんだっちゅーのー。だが 「オオカミが来たぞー!」的なユーモアセンスも無く 元祖ペーター的な腹黒さも備わらず くそつまんない真面目ちゃんキャラを確立させて行ったのである。ブラック団のリーダーに弟子入りを志すも クラーク自身が昔の人過ぎな所為で 叶わなかった。一部オールドタイプは その断念を すっ――――んごく評価しているらしい。「朴訥で謙虚で飾らなくて 良い奴」 と 一部オールドタイプは評価している訳だが 昔の人なので気にしたくても分からない下戸で奥手で内気で根暗でくそつまんない真面目ちゃんだが キレイなおねぃさんを取っ替え引っ換えするのが大好き♥ だったとか。だが 一部オールドタイプは 「彼ってば 昔の人だから 気にしたくても分からない♥」 で 済ませている。ブラック団入りしなくても 充分じゃまいか?

ペーターからミサイルへ[編集]

むか~しむかし 1900年代の中頃 チャーザー村のチャーンサイド(セブン)に 羊と共に三年寝太郎ごっこをして楽しむのが好きな くそつまんない真面目ちゃん牧童が おったそうな。奴の名を ジェームス・クラーク・ジュニア と 云ったそうな(←略してGM)。クラークは 趣味の草ミサイルレースでは たいそうな活躍を していたそうな。ある日 クラークのもとに F1チームオーナーの コーリンと名乗る こりん星人が 苺の馬車で やって来たそうな。えぇと 苺だったか 林檎だったか ドリアンだったか… 昔の事だから 忘れちゃったりんこ★。コーリンは クラークに こう 切り出したそうな。 検閲により削除のチームで やらないかりんこだぷー★彡」その言葉の本当の意味を 正しく理解出来なかった(と思われる)クラークは 訳も分からず その場のノリで 「いぃとも~」 と 言ったかどうかは 定かではないそうな。んだもんだから クラークの遺書には 「★彡って何だ??」 と 綴られていたそうな。だがしかし だがぁしか~し~ クラークは 昔の田舎者だったが為に 気にしたくても分からなかったそうな。 (後略)

チャップマンの“専属”ミサイル[編集]

1960年6月6日 第4戦、こりん星人チーム・ロータスから F1ミサイルデビューを果たした。今は亡きオランダGP ザントフォールト・サーキット馳せた(笑。デビュー戦でいきなり 一時は4位に着けていたのに 馳せちゃったもんだからー。当時の24歳は “まだケツが青いがきんちょの部類”なんですぅー。その後 大先輩である筈の (後の)モナコマイスターを №2に据えて こりん星人とクラークの騎馬戦は 勝ちまくった。ずっと勝ちまくりのターンが 始まった辺りから 人類はやっと 撮影とか映像保存とか そういう技術を確立した。だから チャ×クラ最盛期時代(←昔)パラパラマンガ モノクロ映像がデフォルトと思われがちだが 一部オールドタイプの無茶な熱意と 無茶な行為と 無茶なぴーが 奇跡を起こした為 クラークのデレ部分だけが 奇跡的にカラー映像で残っている。余談だが クラ×チャ派も 居るには居るらしく 頭の中のお花畑での執筆活動が アーン♥♥

関連項目[編集]

ビブ君.png この項目「 ジム・クラーク 」は、ピット作業中です。
一刻も速くコースに復帰させるために給油とタイヤ交換をしなきゃ!さ、急いで! (Portal:スタブ)