ジャック・ラカン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ジャック・ラカン」の項目を執筆しています。

ジャック・ラカン(Jacques Lacan、羅漢1901年4月13日 - 1981年9月9日)は、 フランス仏陀研究者であり12人から500人いたとされる人物である。 ちなみに「魔法先生ネギま!」に登場するジャック・ラカンは彼のもう一つの人格である。 仏さんの精神分析学を構造主義的に発展させたパリ仏さん派の総帥であった。 おNEW仏派などに反対し、それらを「仏さんになれ」と激しく非難した。

目次

[編集] 概要

仏陀はラカンを「彼だけがテクスト(南無妙法蓮華経)の読み方を知っている」とまでいった。しかし、批判は多い。(下記)

[編集] 批判

仏の骨を世間に流通させたこと。仏陀は自分の骨を世間に流通させることを望まなかった。 しかし大量に分散されインドまでのお寺に流通させたつもりが極東まで「これが仏の骨だ」と騙る人々を出し(犬の骨であってもお構いなし) 犬の骨も子孫をだませることを証明した。 更なる批判には「ビッグな戒律はやめてスモールな戒律だけにしてくれ」と仏が言っても、スモール戒律とは何ぞやという無駄なことを言って時間を空費した。

[編集] ラカン思想の用語

  • ファルス:滅びの言葉。この一言で人間の心の98%が解明できる。
  • 鏡象段階:幼児は鏡を見る事で初めて己の阿耨多羅三藐三菩提(あのくたらさんみゃくさんぼだい)を認識するという仮説。鏡のない文化圏では人間は自我を持つこともできないという。
  • 現実界:別名「世界」。秩序の全体性に収まり切らないあらゆるもの。岩波書店とは関係ない。影の実力者。表の競技界で最強とも呼ばれている想像界の数倍の戦闘力を有する。
  • 想像界:別名「移行対象」。主体が現実界とのコミュニケーションに失敗した時、繋がりを再生しようとして創りだす現実界象徴界の架橋。
  • 象徴界:別名「社会」。コミュニケーション可能なものの総体。近代合理主義のボキャブラリーで支配できる。
  • ボロメオの輪:ラカン一派の秘密の紋章。ネーション・国家・資本主義の三つの世界のダークパワーを封印する魔方陣のようなもの。ライトノベル作家東浩紀の傑作『キャラクターズ』では主人公の柄谷行人がこの秘法を駆使して悪の帝国「朝○新聞社」を壊滅させる様子が描かれている。

[編集] 著書

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語