ジャミラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

SpecialSecrecy.png

Plc13120517550014-p2.jpg
特定秘密保護対象記事
この記事は内閣に監視されています!
もしこのここの情報を外部の第三者に提供した場合、極刑が課されます!
そうと分かったら黙って政府に従いましょう!
これは警告です!
Plc13120517550014-p1.jpg

ジャミラとは、『ウルトラマン』に登場した凶悪な宇宙怪獣[要出典]である。

概要[編集]

ジャミラ
ジャミラ.jpg
近影
基本資料
本名 ジャミラ 
生没年 不明[要出典]~1993年 
身体情報 顔と胴体がくっついている 
職業 無職[要出典] 
好物 乾燥 
嫌物 水 
出身地 宇宙[要出典]

ジャミラは1993年の某日、都内某所で行われていた世界会議を中止させるために[要出典]地球に来襲[要出典]した宇宙怪獣[要出典]である。宇宙怪獣と表記したが、ギマイラボガールなどと同じように高い知能を持っている怪獣[要出典]であり、透明宇宙船を建造して飛行機を撃墜させたりと狡猾な一面がうかがえる[要出典]

やがて科学特捜隊により宇宙船が破壊されるとその正体を現し、から100万度の火炎『バイオレンススマッシュ』[1]を吐いて暴れ回る。防衛隊や科学特捜隊は宇宙怪獣の侵略を良しとせず[要出典]ミサイルで攻撃を加えるが全く通用せず、ジャミラは会議場に向かって[要出典]進撃を続ける。

しかし、たまたま[要出典]降り出したにわかを浴びて[要出典]怯んだことにより、が苦手であることが判明する。その後、地球に滞在し様々な怪獣と戦っていたウルトラマンの出現によりこれと格闘、最後はウルトラマンの放ったウルトラ水流を浴びて重傷を負うが、死に瀕してなお、這いつくばって会議場に向かおうとして[要出典]、遂に息絶えた。死の直前には国旗を握りしめており、目標のために命をかける戦意の高さが窺える[要出典]

特徴[編集]

似ているヤツ

ジャミラの姿はが無く、頭部が胴体とくっついたおおよそ人間型からは乖離した[要出典]ものとなっている。も白目と黒目が人間とは逆であり、五本のや二足歩行する姿などを除き哺乳類的な特徴はほとんどない[要出典]。浅葱色をした皮膚はカサカサにしなびており、このことからも生息環境はおおよそ人類が住むには適さない、全く地球とは無縁の惑星[要出典]であることがうかがえる。ジャミラは高温に非常に強く、からは100万度の火炎を吐くことからも分かるとおり、大変に強い。多くの生物にとって必要不可欠なを過度に恐れることからも、地球の生物からは程遠い[要出典]宇宙怪獣と言える[要出典]だろう。

ジャミラがなぜ透明な宇宙船を建造してまで世界会議を中止させたがっていたのかは今なお不明[要出典]である。また、出身地も全く明らかになっていない[要出典]ため、性別も不明[要出典]であり、生息数及び文化の程度も分かっていない[要出典]が、アメリカにも同族らしき個体が出現したという『噂』もある[要出典]

一説によれば、ジャミラは怪獣としては珍しいことにを建てられたとも言われている。しかしながら、科学特捜隊はこの後シーボーズとの出会いにより「怪獣墓場」の存在を知ったようであり、他の怪獣たちの葬儀も行っていたとされている。ジャミラの埋葬とこの怪獣葬儀の因果関係は不明[要出典]とされているが、関係者[誰?]の多くではこの二つには何らかのつながりがあるとされている[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 大怪獣バトルより抜粋。『ウルトラ怪獣攻撃技大図鑑』(講談社)によれば「サッチファイヤー」


関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジャミラ (ウルトラ怪獣)」の項目を執筆しています。
ゾフィー燃え.jpg 私の名はゾフィー。この項目「ジャミラ」はウルトラシリーズに関連した書きかけ項目だ。
今、この項目は怪獣凶悪宇宙人に狙われている。
勇敢な地球人のキミ。今、キミの力がこの記事には必要だ。
さあ、今すぐ我々に力を貸してくれ! (Portal:スタブ)