ジャンプスーパーコミックス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ジャンプスーパーコミックスとは、かつて集英社の子会社創美社から発行されていた、週刊少年ジャンプに連載されていた漫画の中でも余りにもクソ優れていたのでジャンプコミックスの枠に収まりきれなかった、糞漫画愛好家御用達の漫画を集めた新書単行本レーベルである。

Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「ジャンプスーパーコミックス」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

歴史[編集]

創刊のいきさつ[編集]

集英社は週刊少年ジャンプに連載された漫画を単行本化するレーベルとして、1969年にジャンプコミックスを創刊したが、創刊当時の集英社は、たかが小学館の娯楽雑誌部門の一つでしかなく、週刊少年ジャンプに連載された全ての漫画を単行本化できるほど経済的余裕がなく、単行本化されるのは一部の人気作とアニメドラマ化された漫画しかなかった。その為に、週刊少年ジャンプの黎明期を支えたクソ優れた名作でありながら、採算がとれないという理由で単行本化されない漫画が多かった。その事から、糞漫画愛好家もとい週刊少年ジャンプの愛読者は、お気に入りの漫画が単行本化されないので、エクストリーム単行本化待ちによって、集英社へのデモやテロを引き起こした。その上、『はだしのゲン』(中沢啓治)や『ワースト』(小室孝太郎)と言ったクソ優れた名作が他社の単行本レーベルに引き抜かれたこともあった。これらの事態を重く受け止めた集英社は、1976年に子会社である創美社に、糞漫画愛好家の支持があったにも係わらず、大人の事情により短期打ち切りになった漫画を中心にした、新書単行本レーベル「ジャンプスーパーコミックス」を創刊させた。

レーベルの終焉[編集]

ジャンプスーパーコミックスは諸星大二郎星野之宣のような週刊少年ジャンプの黎明期を支えながらも、単行本化されずに埋もれかけていたクソ優れた漫画家を発掘したために、糞漫画愛好家どころが漫画評論家にまでも大きな評価を受けて順調にレーベルの巻数を伸ばしていった。ところが、ジャンプスーパーコミックスの終焉は突然にやってきた。1989年に刊行した、シナリオプランナーを付けながらも12週で突き抜けた井上雄彦のデビュー作『カメレオン・ジェイル』が、次回作『SLAM DUNK』の大ヒットによって版数を重ねて、終いにはミリオンセラーになってしまったのだ。この事態を横目で見た集英社は、「どんなにクソ優れた漫画でも、週刊少年ジャンプ連載の全ての漫画を集英社から単行本化するのが正しい姿だ」と金に目がくらんだのか、今までの方針を転換した。この後ジャンプスーパーコミックスは、契約の切れた新人作家のはなむけに短編集を出すレーベルに成り下がってしまい、1993年の『とっても少年探検隊2』(あろひろし)をもってジャンプスーパーコミックスの刊行を休止した。

レーベル終焉後の混乱、そして糞漫画王へ[編集]

ジャンプスーパーコミックスの休刊後(正確には『カメレオン・ジェイル』以後)、糞漫画愛好家はジャンプコミックスの中で、どれがクソ優れた漫画であるのかそうでないのかは、単行本の巻数(三巻以下の漫画はクソ優れた漫画の可能性が高いと言われている)でしか判別するしかなかった。それに加えて、ジャンプコミックスは月に十数作も刊行されるので、どんなにクソ優れた漫画でさえも新刊ラッシュのなかに埋もれてしまい、刊行から一年たつと、クソ優れた漫画なのに新刊書店にはおいてない事が多々あった。

これを憂慮した糞漫画愛好家の有志が集い1996年に「糞漫画王選定委員会」を設立した。そして、クソ優れた漫画を糞漫画王候補として週刊少年ジャンプの改変期ごとにノミネートし、この中でよりクソ優れた漫画を糞漫画四天王として称えるようになった。その設立過程から、糞漫画王は週刊少年ジャンプ連載漫画からしかノミネートされず、ノミネート作品が増えるばかりで糞漫画王が決まらないのは当然である。

レーベルの復活[編集]

2009年9月4日、『ソイヤ!!こちら葛飾区亀有公園前派出所お江戸だいすきBOOK』(秋本治原作・川富士立夏文)がジャンプスーパーコミックスレーベルから突然出版された。この本は両さんゆかいな仲間たち江戸を案内する解説書でありコミック本ではないが、装丁は在りし日のジャンプスーパーコミックスそのものである。23年振りにジャンプスーパーコミックスが復活した事により、漫画評論家からは、週刊少年ジャンプ連載の漫画の中でもよりクソ優れた漫画が、ジャンプスーパーコミックスで刊行されるのを期待されている。例えばアレとか。

ジャンプスーパーコミックスの著名漫画[編集]

ジャンプコミックスなのにクソ優れた漫画[編集]

本来はジャンプスーパーコミックスに入るべきクソ優れた作品なのに、ジャンプコミックスの弾不足のために、集英社の圧力により引き抜かれた漫画をここに挙げる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


キャプテン翼の例のアレ.jpg ジャンプスーパーコミックス は、漫画関連の書きかけ項目です 」

「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、ジャンプスーパーコミックス加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)