ジャンプ十二尻新人漫画賞

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジャンプ十二傑新人漫画賞」の項目を執筆しています。

ジャンプ十二尻新人漫画賞(ジャンプじゅうにけつ しんじんまんがしょう)とは、2003年から2007年にかけて行われていた、『週刊少年ジャンプ』(集英社)の月例新人漫画賞である。通称「十二尻賞」。主な受賞者は目玉オヤジきれいなジャイアンなど。

概要[編集]

『週刊少年ジャンプ』の創刊35周年記念企画の一環として、前身である「天下一武道会漫画賞」の賞金やデビュー条件を大幅にリニューアルさせて生まれた賞である。十二尻賞という名称は、まんが日本昔ばなし理由ある太郎でおなじみ人間賛歌「にんげんっていいな」のお尻をだした子一等賞の思想に基づいて名付けられた。

一番の特徴としては、この月の入選・準入選・佳作で一番上位の賞を貰った漫画家、入選作無しの場合は最終候補の中から「十二尻賞」を必ず選び出し、十二尻賞受賞作品は週刊少年ジャンプ本誌もしくは赤マルジャンプなどの増刊号に必ず掲載された。この「十二尻賞」の存在は漫画家の卵にとっては大きな魅力であった。しかし、毎月一人以上のペースでジャンプに新人漫画家がデビューするので、ジャンプの専属契約料が増大して集英社の経営を圧迫し始めた。その上、不定期掲載をしていたために新人漫画家の代原枠供給源になっていた『HUNTER×HUNTER』(冨樫義博)が、長期休載の後に不定期短期集中連載になったために新人漫画家の代原供給枠が減少してしまった。さらに残り少ない代原枠も、毎度二話同時掲載でおなじみの『ぼくのわたしの勇者学』(麻生周一)に無理矢理任されてしまうので、2007年からジャンプは長期連載に絶えうる新人はいないのに、慢性的な糞漫画家或いは落書家の急増新人漫画家供給過多になってしまった。その結果、ついに第48回十二尻賞は「十二尻賞を必ず選ぶ」と公約していたのに「該当者無し」になってしまった。この回贈られてきた漫画がどれほど酷かったについてはお察し下さい

その為、2007年6月に当時十二尻賞審査委員長であった大石浩二の連載『メゾン・ド・ペンギン』が不評の末打ち切られた後、彼が傷心の末に実家のコンビニに帰ったのをいいことに、十二尻賞も同時に全51回で打ち切って、現在の月例新人漫画賞である「JUMPトレジャー新人漫画賞」へリニューアルした。この賞は週刊少年ジャンプ本誌もしくは赤マルジャンプなどの増刊号に必ず掲載されるのは準入選以上であり、佳作以下はweb掲載だけでお茶をにごすので、今後ジャンプの糞(ry新人供給過多は解消される予定である。

審査委員長[編集]

この賞の審査委員長は設立当時は、十二賞にちなんで、「いきなり尻みせ!」の下ネタギャグで一世風靡した『ついでにとんちんかん』の作者のえんどコイチであった。『ついでにとんちんかん』にちなんで、十二尻賞の最終候補は「頭もっこり賞」、佳作は「いきなり尻みせ賞」、準入選は「いきなり前みせ賞」、入選は「袋のシワのばし賞」と呼ばれていた。しかし、2006年からはイバちゃんの独断により、『メゾン・ド・ペンギン』とタイアップして、尻どころか全裸漫画家の大石浩二が審査委員長になった。

主な受賞者[編集]

十二尻賞は、最もブレイクした漫画家が目玉オヤジこと松井優征であることから分かるように、エログロナンセンス精神に溢れた漫画が受賞する傾向がある。以下に、週刊少年ジャンプに連載経験のある受賞者と、連載経験はないものの強烈なインパクトを残した受賞者を挙げる。

第一回 佳作 『黄金の暁 -GOLDEN DAWN-』(岩本直輝
ハレある第一回十二尻賞受賞後は赤マルジャンプや週刊少年ジャンプ本誌にたまに読み切りを発表するだけでパッとしなかったが、赤マルジャンプに掲載された『カラクリリンク』で、画力が大幅にアップした上にヒロインのククリの舌足らずな喋り方とゆうっに萌え死する読者が続出し、この号の赤マルジャンプに掲載された新人(?)の中で一番の注目株になった。その事から、2009年JG1では料理人小松から「新鮮味バツグンのルーキー」と紹介された。どうやらジャンプ編集部は椎橋寛に続いて新人と偽って再デビューさせたいらしく、2011年にようやく連載権を獲得し、ノルマン現象を起こして1年連載するも終盤はやや駆け足気味に終了漫画評論家の間では、突然の画力アップと『テガミバチ』リスペクトな作風から、ボビンチョあさだに改造されたとの噂が流れている。
第三回 佳作 『URA BEAT』(田村隆平
割と長い間、岩代俊明(『みえるひと』『PSYREN -サイレン-』)のアシスタントを務めるなど不遇な生活を送っていたが、受賞から5年目にしてようやく、『べるぜバブ』で第四回禁未来杯メンバーに選ばれた。しかし自分の彼女のせいで連載漫画家への道がNice boat.するかと思われたが、何ごともなかったかのように優勝&連載開始。そしてほぼ全国ネットでアニメ化。正気か?
第八回 佳作 『福輪術-ふくわじゅつ-』(村瀬克俊
K.O.SEN』でジャンプ本誌に連載。しかし、ロケットで突き抜けた週誰かさんによって最大の屈辱を受ける。その後、サッカー漫画が次々爆死する中、絵柄を劣化村田雄介風にして新たなサッカー漫画を始めたが、多くの漫画評論家の予想通り打ち切られた。
第十二回 準入選 『魔人探偵脳噛ネウロ』(松井優征
同名の漫画でジャンプ本誌に連載。こいつが十二尻賞の運命を決定づけたといっても過言ではない。因みに受賞直後のインタビューに対し「受賞の決め手は、最終的には運です。」と発言し、多くの漫画家志望者を絶望させた。『ネウロ』完結の3年後、再びジャンプで連載開始
第十三回 十二尻賞 『師匠とぼく』(川口幸範
天下一漫画賞も取って十二尻も取ったにもかかわらず泣かず飛ばず。デビューから5年目にしてようやく初連載を勝ち取るがよりによって鬼門とされるバスケ漫画、しかも、後輩が先に始めた作品『黒子のバスケ』がまさかの短期打ち切り回避で結局2クールで終了。最も、上記の『ネウロ』等の終了で延命したので本来なら突き抜けてもおかしくなかったが・・・。
第二十一回 十二尻賞 『』(杉田尚
同名の漫画でジャンプ本誌に連載。七歳の美少女「すぎにゃん」が一生懸命にエロ漫画を描いている姿に、漫画でなく作者にファンが付いた。連載終了からしばらくたった今でも、斬は漫画評論家によって糞漫画四天王筆頭作品として語り継がれている。すおっと!でまさかの連載復帰したが、いつものすぎにゃんなので漫画評論家を安心させた。ナイスおっぱい。
第二十四回 十二尻賞 『JIKANGAE』(普津澤画乃新
スタイリッシュかつアナアキーな作風で第三回禁未来杯登場時にジャンプ読者の度肝を抜いた。その正体は有名ミュージシャンという話はない
第三十一回 十二尻賞 『ロレンツォのヴァイオリン』(木下聡志
十二尻賞を受賞したものの、受賞作が赤マルに載っただけで飼い殺しにされたので、手塚賞を取り直して月刊のほうで再デビューした。その後はジャンプスクエアで『ドラゴノーツ』や『天元突破グレンラガン』や『創竜伝』のコミカライズを描いて活躍していたが、タライ使い漫画のスケープゴートにされて突然打ち切られた。
第三十三回 十二尻賞 『花咲か姫』(藍本松
MUDDY』でジャンプ本誌に連載。ヒロインのスズを途中退場させる謎の展開をしたおかげでロケットで突き抜けた。ホント、男心がぜんぜんわかってないのよね!2度目の連載も人気は微妙だったがお色気描写を猛烈に増やしてノルマン現象を起こしてそれなりに長く連載した。
第三十四回 十二尻賞 『牙になる』(附田祐斗
受賞作は全然画力が伴っていなかったが2作目の『57th』が漫画評論家の間で話題になり、長いこと「附田はまだか?!」と言われ続けていた・・・が。本誌読切を経ずにいきなり連載が始まった『少年Sick』は、サッカーワールドカップに便乗しただけの文字通り少年病な作品だった為、ふざけリストだけが喜ぶ微妙なふいんきにさせられた。現在は変態料理漫画の原作屋に転身。
第三十九回 準入選 『island』(古味直志
ダブルアーツ』でジャンプ本誌に連載。受賞作が最高傑作で、読切を発表するごとにボロが出始めた。読切は良かったのに連載になるとアレな二代目内水融。皮肉な事に内水融と入れ替わりに打ち切られた。その後にラブコメ枠で新連載を始めた。
第四十四回 十二尻賞『黒子のバスケ』(藤巻忠俊
受賞作が赤マルに掲載されたっきり2年近く放置プレイを受けていたが、昨今のスポーツ枠消滅の危機から急遽登板決定。因みに受賞作が連載化したのは過去に松井とすぎたんのみ、受賞作だけしか描かずに連載化したのは松井のみ、そして受賞回が「44」であるうえにジャンプにバスケは鬼門・・・と思われたが、腐女子が押し寄せた事により何だかんだでアニメ化達成。しかし、その影には過激なアンチが潜んでいることには注意が必要。
第五十回 十二尻賞 『除霊少女ヤミコさん』(桜井建志
目玉オヤジに見いだされた十二尻賞最後の徒花。十二尻賞発表週に、偶然にも誰かさんが原稿を落としたために、急遽代原として掲載されてジャンプ読者を唖然とさせた。赤マルジャンプ2008SUMMERに『シンクろっ!』が掲載されたが…。誰だよ!北京オリンピックのシンクロ日本チームに赤マル読ませたのは!!
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]


ドーピングコンソメ.jpg フゥ~この「ジャンプ十二傑新人漫画賞」わぁ~、我が帝国に関する記事だぁ~。おまえ達にこの記事をより愉快に出来るかな。加筆しろーいいから加筆しろー!俺の料理は至高にして究極だー! (Portal:スタブ)