ジュゴン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジュゴン」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「呪禁」の項目を執筆しています。

ジュゴンとは、哺乳類の一種である。

目次

[編集] 概要

哺乳綱カイギュウ目ジュゴン科ジュゴン属に分類される海洋哺乳類で、インド洋から西太平洋、紅海周辺の温暖な海に棲息している。かつては地中海にも棲息していたとされる。

古くから呪いや占いと関係が深いものと考えられており、地中海で絶滅したのはジュゴンが魔女の手先と見なされ迫害の対象になったからだとも言われる。人魚のモデルとされるような神秘的なイメージも、ジュゴンが呪いや占いに利用されてきたことと無関係ではないという。しかし一方で、ジュゴンが地中海で絶滅したのは魔女狩りの嵐が吹き荒れるずっと前だという主張もある。

なお、日本では沖縄に生息している、いや・・・餌場(藻場)を失えばもうすぐ・・・。見た人がいないからいない、と抜かす奴も出てきたが、沖縄県民のほとんどが泳げないのに海など見やしないのだ、これは女性器を見たことがない童貞が女性器は存在しないというのと同じぐらいみっともない。また、最近は観察してない研究観察会が最低限の確認された生息数(3頭)を全て(他の個体の生息が否定されたわけではない)だと言い張り、繁殖の見込みはない(から死んでも構わない)、海は広いから問題ないと、人間だって広くても砂漠では生きられないのにご無体な。兎に角、無茶振りが酷いので絶望的なのは間違いない。

[編集] 古代日本におけるジュゴン

ジュゴンは飼育が難しいことで知られており、今となっては鳥羽の水族館くらいでしか飼育個体を見ることはない。しかし、驚くべきことに奈良時代の日本の朝廷ではジュゴンが飼育されており、典薬寮という役所にジュゴン師やジュゴン博士という専門の職員が配置されて世話をしていた。なぜこのようにジュゴンが重視されていたかというと、その呪術的な力が国家の安寧のために不可欠であると考えられていたからである。ジュゴンの飼育は困難を極めたが、次々に南海で捕獲したジュゴンが運び込まれ、朝廷にジュゴンが絶えることはなかったのである。

当時は、ジュゴンの餌としてヘビやカエル、様々な虫などが与えられ、これによってジュゴンの霊的なパワーを引き出そうとしていたようである。そのため、ジュゴン師やジュゴン博士でないものが朝廷の許可無く餌を与えることは厳禁されていた。

しかし、同時に、そのジュゴンの力を悪用して朝廷の権力を牛耳ろうとする輩も現れ、しだいにジュゴンそのものが危険視されていった。奈良時代の中頃には、蠱毒厭魅事件と呼ばれるジュゴンの餌の密造事件が相次いで起こり、天皇や貴族たちは不安に駆られるようになった。そのため平安時代までにジュゴンを飼うことは停止され、日本からジュゴンの姿は消えたとされる。

…これが一般的に理解されている古代日本のジュゴン史であるが、実際には、本来海藻などを食べるジュゴンにヘビや虫などを与え続けていたため、ほとんど飼育することも出来ずに死なせてしまい、次から次へと運ばれてくるジュゴンも南海での個体数の減少により捕獲がままならなくなり、その結果ジュゴンに関する制度も自然消滅したものと見られている。

[編集] ポケットモンスターのジュゴン

有名なゲームであるポケットモンスターにもジュゴンが登場するが、こおりタイプで寒冷な土地を好んだり、分類があしかポケモンだったりと色々な意味で間違った設定がなされているため、ジュゴンの名前を冠した別の何かだと思ったほうが良いようである。

[編集] 関連項目

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語