ジョン・タイター

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
予言

あなたは今、この文を読んでいる。


ジョン・タイター (John Titor) とは、2036年からやってきた未来人のことである。自称男性であるとのことだが、彼が現在に残していったのは電子掲示板の書き込みくらいなので、少女の可能性も完全に否定はできない。また、1998年生まれのゆとり世代であり難しい言葉は使えないらしく、堂々と自身の脳内未来を暴露していった。諸説あるが少女の家系ではないかとの説が有力である。

CV:土田大田村ゆかり

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジョン・タイター」の項目を執筆しています。


概要[編集]

2000年11月2日、とある電子掲示板に、口座に金を振り込んでくれたら、俺が未来を書き込んでやる、という怪しさ満点の書き込みが発見されてしまった。 彼は、自分をJohn Titor (ジョン・タイター)と名乗り、2036年から現在にやってきて、今は検閲により削除をやっている、だから検閲により削除が必要なんだ、との主張を繰り返していた。 初めは完全に相手にされていなかったものの、その必死さが良かったのか、その後、暇人が彼の口座に検閲により削除し、煽りまくった所、彼はなんと未来からやってきたという証拠を出し始めた。 たとえば、自身が搭乗してきたタイムマシン、その操縦マニュアルタイムマシンの原理などを分かりやすくzipでまとめてうpしてくれたのである。また、2036年までに起こる主な出来事を愚痴りだした為に大騒動となった。 また、尊敬していたと見られる人物は紛れもないあさはら☆粛清されましたである。つまり、彼の夢は今から数年後に世の中に出てきて、サリンを作り、XXXXXサリンばらまくことである。

タイムマシンについて[編集]

タイムマシンによるタイムトラベルは、タイムマシン上部のパネルに付いている赤いボタンひとつで簡単に操縦できるらしい。なんとも便利になったものである。また、約10年前に戻るのに、およそ1時間程かかるとのことだが、タイムトラベル中の時間ってなんだろう?等と考え出すと哲学的ゾンビに陥ってしまう恐れがあるので、断じてしてはいけない思考である。

タイムマシンは、2034年に欧州原子核研究機構(CERN) により試作1号機が実用化されるはずだという。とはいえ、CERNはマイクロブラックホールを生成する方法について研究したりと、元々が怪しさ満点な所なので、タイムマシーン開発くらいはできるだろう、ということで、これは2001年当時でも、どうでもいい情報だったりした。

矛盾を起こさない為に[編集]

彼はまた、矛盾が起こるのは当然だとしてパラレルワールドの存在を主張した。 そうでもしなければ、薔薇色の未来は永久に訪れないため、この主張は当然だと言える。

タイターが残した近未来予言[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連事項[編集]