ジョン・F・ケネディ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

ジョン・フォークリフト・ケネディ1917年5月29日 - 1963年11月22日)は、第35代米国大統領。愛称は次郎。一応言っておくが、しまじろうとは関係ないかもしれない。略してジョディ。 そう、彼は♂にも♀にもなれるのだ。凡人どもはJFKと略すがそちらは某基地外球団の伝説の方であ~る。

幼少時代のケネディ。微動だにしないその姿は統領としての風格を見事に現している

目次

[編集] 略歴

  • 誕生したときに、七歩歩いて右手で天を指し、左手で地をさして「天上天下唯我独尊」と言った。それを見た父母は「我が家から気違いが生まれたぞぉぉ!」と、ちょっとした騒ぎになった。(そういえば..釈迦も同じようなことを言ってたなぁ..気にしない気にしない! 一休み一休み!)
  • なるほどたしかに一歳にして米騒動を主導した、というのはでたらめ、デマ、煽動だZE☆(面白かった?じゃぁねぇ!)
米騒動で問題にされたライス。たしかに美味そうだ。
  • 彼が選出された選挙は史上初めて“あみだクジ”で行われた。言うまでもなくかなりの接戦であった。負けたことを知ったときのニクソンの顔といったら…まるでピューマの目のようだ!った。
  • 一般的には、嫌煙主義なイメージのバリアフリー派とされる。
  • 雨ニモマケズの作者として有名である。
  • 次いで有名なのが「私には夢がある」演説。その中でアポロ計画という無茶な願望が語られている。(ここだけの話、とてもとても国家予算では、まかなえない額の金が必要になったので、番組『マネーの虎』に出演し、投資家たちに投資を懇願した。マネーの虎たちのキツイ罵声に耐え、結果見事マネー成立したかに見えたが、そのとき嬉しすぎてガッツポーズをしたため、成立取り消しになりかけた。が、マネーで解決した。
  • キューバ危機一発を回避…したかった。が、キョン(←詳しくはこちら)にしてやられた(舌打)
  • ベトナム戦争を早期解決しようとしたが…それ以上は禁則事項です
  • ここだけの話、ベトナム戦争終結後、一度ヘドちゃんドクちゃんに謝罪のため訪れている。そのときの彼らからケネディにあてられた声明を以下に示す。(後述するがこのときケネディは大統領ではなく警官である。)
「サツは嫌いね。でも、ぞうさんの方がもっと嫌いね。」
警官ケネディ について、ヘドちゃん
「でも両津勘吉は好きね。」
警官ケネディ について、ドクちゃん
「俺まで何で、ベトナムに?でもそんなの関係ねぇ!」
ケネディ について、小島よしお
と複雑なことになってしまった。まあ、いいきみだろう。
  • 米国ではダラス市で暗殺されたとされている。
  • しかし日本では生存が確認されており、株式会社カプコンに生息していると思われる。
  • 少なくとも大統領令嬢を助けるくらいの元気はある。
  • バイオハザード2バイオハザード4に大役で出演している。

[編集] 私には夢がある演説について

  • 内容に関しては、18禁より禁則事項ですです。(ふひひ)
  • 官僚たちは「これじゃエロすぎるだろう...」「うちのかみさんよりエロいよ...」と苦言を呈した。
  • しかし民衆うけがよく、この演説に感動した民衆らがワシントンをヌード行進するなど大騒ぎになり、ワシントンは一日ヌーディスト村となった。
  • 支持率はもちろん右肩下がりのうなぎ登りだった。訂正、右肩上がり。(ま、間違えたわけじゃないんだからね!)

[編集] 大統領暗殺マジックの映像

脱出前のケネディ(左端)持ち前の笑顔で観客を見るが、どこか引きつっている。まさかケネディがイリュージョンするとは誰も思っていない。
上図拡大。なんという脱出装置..。脱出は不可能に見える。

ケネディマジック

おまけ情報

  • 暗殺時の映像を撮影した男はゲイではない…という保証はない。
  • この映像を撮影した男の末裔が富竹ジロウであることは周知の事実である。

[編集] 映像に関する学者の見解

以下に示す点からケネディはマジックの使い手であるとされている。

  • 銃撃されたのは精巧に作られたダミー人形に見える。
  • 暗殺の背景は未解明とされる。(そりゃそうだ。死んでないんだから。)
  • マジック後も、ケネディの目撃情報がネット上で錯綜しており、ラクーンシティで見かけたという者や、「ヨーロッパの小さな村に車で入っていった」という者もいる。
  • 少数派の中には目撃情報から「死後3日目に甦った!」と騒ぐ人々もいる。
  • 最近、ペンタゴンの施設内でカストロと共にゾンビと戦っていたという目撃情報[1]が報告された。

[編集] マジックのその後~手品のうますぎも考えもの~

  • 若い大統領の死報は、全米を涙させた。しかし、日本人は笑っていた。
  • なぜなら、日本で流された映像にはケネディが車からマンホールに飛び込む瞬間が映っておりバレバレだった。
  • 実際にマジシャンであるプリンセス天功に話を聞いた。
「なにこれ?これでもマジックのつもり?バレバレじゃない?暗殺という方が無理があるわ。マジックの基本中の基本。要するにですね。大統領とマネキンがすり替わればいいんでしょ? ならば健康な体と人手と金さえあればできますよ。体重落とす必要はあるけどね。これを俗に入れ替わりトリックというのよ。詳しくはこの本に載ってるわ。しめて945円よ。」
ケネディ暗殺マジックの映像 について、プリンセス天功
HAHAHAHAHA
日本にだけ流された衝撃の瞬間!茶の間を笑いの渦に巻き込んだ。
ケネディが車からの脱出を成功させてアインシュタインの真似をする瞬間!彼に恐怖というものはないのか!?

[編集] 死んだはずのケネディ目撃情報に対する各機関の対応

幽霊を見たという情報が寄せられているが、幽霊がいないということが証明できない以上、前向きに検討したいが、幽霊怖いので、めっ!」
死んだはずのケネディが目撃されていることについて について、FBI
  • 「めっ!」って久しぶりに聞いた。
「そうかそうかぁ。幽霊をみたんだー。へぇ。どんな顔ちてたのぉ? うん。そうだよね。そうかそうか。よかったねぇボク~。さぁもう夜遅いから、ほらドーナツもあげるし、ママの所に帰りな。」
目撃者のわらをもつかむ切実な訴え について、CIA
  • 話だけ聞いてくれた。ドーナツもくれた。でもママは帰ってこない…。

[編集] 忙しい人のための暗殺マジック事件総まとめ

前代未聞のイリュージョンを成功させたケネディであったが、あまりにも出来が良すぎたため「俺がそのケネディだよ! 生きてるんだよ!」と何度いっても、街の人々は「馬鹿いぇ! ケネディは死んだんだ! なめてぇんのか! 目に肘いれるぞ!」と言ってきかないし、父母でさえ聞く耳をもたなかった。だが唯一駄菓子屋のおじちゃんは信じてくれた。

[編集] 新たなる出発~警官ケネディとして~

警官ケネディの活躍

熟年エージェントとなったケネディ。目指すは次期大統領。
  • 駄菓子屋のおっちゃんの励ましにより気を持ち直したケネディは、警官となって人生をやり直すことを決意。
  • いったん大統領という身分を捨て(というか誰も信じてくれないので)、新米警官からスタートした。
  • 今となっては大統領に頼られるほどの有能エージェントである。なかなかの男であろう。
  • 大統領令嬢の救出に成功した今、大統領に貸しがあるので、次期大統領も夢ではない。
新米警官時代のケネディ。跡形もない整形だ。


[編集] 口癖

  • 最近おいら、ドッペルゲンガー見るんだよねぇ
  • 一に性欲、二に性欲、三四はなくて、五に性欲。
  • われわれウィルコムは永久に不滅です!
  • 実はな…ずっと黙っていたんだが…レズだ…


[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ジョン・F・ケネディ」の項目を執筆しています。

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語