スカート

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「スカート」の項目を執筆しています。

スカートとは、女性のパンツや身体が外部の淫らな視線の前に露わになることを防ぐために開発された「鉄のカーテン」であり、数多の男性の前に立ちはだかる強力な防御壁である。

目次

[編集] スカートの誕生

アダムとイヴがリンゴの実を食べたその瞬間、身体を直接外部に露出することを「恥ずかしい」と感じる心、すなわち羞恥心が誕生した。人類は動物の皮や植物の葉を腰に巻くことによって、その羞恥心から解放された。これはちょうど、風呂上りに男性が腰に巻くバスタオルのような非常に簡単な衣類であったため、動きにくく激しい活動には不向きだった。特に男性の場合、狩りで獲物を追いかける必要があったため、激しく動いてもめくれて恥部が露出しないような衣類が開発された。すなわち、ズボンの誕生である。一方、女性の場合はこのような動機が働かなかったため、初期の衣類の形状がそのまま受け継がれ、それが今日のスカートとなったのである。

[編集] 防御壁としてのスカート

以上のような誕生の経緯ゆえに、スカートには突発的な事故等によって身体が露わになってしまう危険性が残されていた。このようなスカートの性質が男性の性的本能を刺激し、スカートには男性達の熱い視線が注がれるようになった。女性達にとっての危険性は、男性達にとっての可能性=希望に他ならなかったのである。

男性陣の淫らな視線を避けるために採られた一つの方法が、スカートの中にもう一枚衣服を身に付けるというものであった。こうすることによって、たとえスカートがめくれたとしても禁断のデルタ地帯が外部に露出しないようにするセーフティーネットが出来たのである。すなわち、これがパンツの誕生である。パンツに関するこれ以上の記述は、該当記事に譲る。

一方、スカート自体の機能も時代とともに変化していった。スカートは単なる衣類としての枠を超え、女性の身体と男性の欲望とを厳格に仕切る神聖な防御壁として意味付けられるようになったのである。それは、男性がスカートの中を覗き見るのを困難にすることではなく、その行為の代償として男性が受ける不利益を増大することによって成し遂げられたのであった。すなわち、キャー!変態よ!この人痴漢です!のび太さんのエッチ!などといった呪文が、スカートの神聖性(危険性とも言う)を高め、ここに男性の欲望を心理的に思い止まらせる強力な防御壁が誕生したのである。

[編集] 科学的考察の対象としてのスカート

以上のような強力な妨害をもってしても、スカートの中を覗きたいという男性の浅はかな、もとい勇敢な熱意は揺らぐことはなかった。この強烈な熱意から、スカートの内部に関する様々な考察が生まれ、その中からシュレーディンガーのパンツという思考実験も誕生した。シュレーディンガーは「パンツを履いているかいないか、それはスカートをめくってみるまで分からない」と唱え、それに対してアインシュタインは「神はサイコロを振らないし、ノーパン主義者でもない」と反論した。スカートとパンツに関する男達の熱い議論が、今日の量子力学を生んだのである。

[編集] スカートの素晴らしい利用法

元来スカートはトイレへ行くときにたくしあげるという便利な利用法があるのを男子は全く知られていない。

[編集] スカートは女性限定じゃないって知ってた?

今世紀に入ってどうだろう。今までだったら、女性限定だったとされる伝説のスカート。限定ってどこからくるのだその単語は?女性だってパンツはくだろ!それがなんで男性スカートが変態なんだよ。とある百貨店の婦人服売り場だってスカート買ってる男子普通にいるべ。

[編集] 関連項目


この項目「スカート」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語