スケルトン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「スケルトン」の項目を執筆しています。

スケルトン (skeleton)とは、コンピュータ業界における営業が使う魔法呪文の事である。

ファンタジーにおけるスケルトンはスケルトン(骸骨)ファンシーグッズ等におけるスケルトンはスケルトン(丸見せ)をそれぞれ参照の事。

[編集] 概要

スケルトンとは、難解もしくは単純すぎて使い回しができないプログラムソースを基準に、別のプログラムを作り上げれば安上がりになるじゃないか、という胸算用を行う際に登場する便利な呪文で、これを唱えると予算段階での工数がみるみる削減できる、という効果がある。

但し、実際にスケルトンを作るまでにはシステムや規約の理解などが待っており、またスケルトン自体に不備があると一律修正が発生する、などという予期せぬ工数が発生しうる危険性も孕んでいる。

この状態を放置しておくと、次第にプロジェクト全体が暴走を始め、デスマーチを奏でる者、線路の鉄の部分に頬擦りしてみたい衝動に駆られる者などが現れ、大変に危険な状態となる。

このような事態においても、レベルの高い営業であれば、別プロジェクトからの予算・人員の流用魔法、更には責任返しによる追加工数交渉魔法などという高度な魔法を駆使できるようになる。

[編集] 古典に見るスケルトンの歴史

  • 白骨の章(親鸞)
それ、人間の浮生(ふしょう)なる相(そう)をつらつら観(かん)ずるに、おほよそはかなきものはこの世の始中終(しちゅうじゅう)、幻(まぼろし)のごとくなる一期(いちご)なり。されば、いまだ万歳(まんざい)の人身(にんじん)を受けたりといふことを聞かず。一生過ぎやすし。今に至りて誰(たれ)か百年の形体(ぎょうたい)を保つべきや。我や先、人や先、今日とも知らず、明日(あす)とも知らず。遅れ先だつ人は本(もと)の雫(しずく)末(すえ)の露よりも繁(しげ)しといへり。されば、朝(あした)には紅顔(こうがん)ありて夕(ゆうべ)には白骨(はっこつ)となれる身なり。すでに無常の風来(きた)りぬれば、すなはち二つのまなこたちまちに閉ぢ、一つの息ながく絶えぬれば、紅顔むなしく変じて桃李(とうり)のよそほひを失ひぬるときは、六親眷属(ろくしんけんぞく)集まりて嘆き悲しめども、さらにその甲斐(かい)あるべからず。さてしもあるべきことならねばとて、野外に送りて夜半(よわ)の煙(けぶり)となしはてぬれば、ただ白骨のみぞ残れり。あはれといふもなかなかおろかなり。されば、人間のはかなきことは老少不定(ろうしょうふじょう)のさかひなれば、誰(たれ)の人も早く後生(ごしょう)の一大事を心にかけて、阿弥陀仏(あみだぶつ)を深く頼みまゐらせて、念仏申すべきものなり。あなかしこ、あなかしこ。

[編集] 関連項目

この項目「スケルトン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語