スケート

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スケート」の項目を執筆しています。

スケートとは、大学受験に向かう受験生が行うエクストリームスポーツである。

ファンに笑顔で応える選手

概要[編集]

スケートは、凍結したDHMO相変化における固体化状態)の上に立ち、圧力によって液化することで滑り易くなることを利用したエクストリームスポーツである。これらは前日に降ったみぞれが一端半溶け状態で再凍結することで、最も過酷さを増す。日本では毎年1月中旬の土日に本競技が開催され、転倒による打撲・骨折などの負傷者は後を絶たないほか、転倒して泥水にまみれたり、転びそうになって前の人のスカートのすそを掴んで、毛糸のズロースごとずり下ろしてしまうと言う悲惨なハプニングや、試験に間に合わずに心理的にも外傷を負うなどして挫折感に打ちひしがれる受験生らの姿は、冬の風物詩ともなっている。

このスポーツはとにかく滑り易い状況で滑らないようにする事こそが肝心で、このため周到な受験生らにあっては靴に荒縄やストッキングを巻いて簡易アイゼンとする北国出身者もみられるが、その一方で南国育ちの受験者が東京の雪に阻まれて前進できないケースも見られる。なおも過酷なのは、こういった地方出身の受験生らは、慣れない東京の鉄道や地下鉄で、迷い彷徨い体力を消耗した状態で挑まなければならないという点にある。

これらの過酷な状況に打ち勝つことのできないような虚弱者は、大学受験を受ける資格すらないと言う暗黙の試験方法ともなっている同競技だが、多くの受験者は大学入試の試験問題のみが大学受験のステップだと誤解しており、十分なスケートの訓練を受けていないケースも見られる。このため日本各地にスケート場があり、幼い頃から英才教育の一環でスケートを行わせる保護者も見られるが、この状況は地域格差があり、温暖地域出身者を中心に不公平だとする非難の声もある。しかし温暖地域出身者が温暖地域でセンター試験を受ける場合は必ずしも不公正とはいえず、むしろそれらの地域の受験者は同地域内にある大学を受ける上では通学においても雪に阻まれることすらないため、東京大学をはじめとした冬場の降雪がある地域の大学は、こういった受験生などからの訴えを退けている。

このような過酷な状況から、一般には受験に失敗することを「滑る」と表現するようになった。滑って転ぶことで身体的ダメージが蓄積し、受験に失敗するためである。

フィギュアスケートの大技ダルシム

関連項目[編集]