スターシップ・トゥルーパーズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スターシップ・トゥルーパーズ」の項目を執筆しています。

スターシップ・トゥルーパーズ(Starship True Pars 宇宙の真性ぱぁたち)は、1997年にロバート (・A・) ハ インランの小説宇宙の戦死を原作としたポール・バーホーベン監督のSF(Shit Fuck)映画。軍国主義の人類と、宇宙昆虫との戦いを描いた。

ストーリー[編集]

死んだ虫だけがいい虫だ!
世界は地球連邦政府に統合されていた。人口が飽和したこの社会では兵役に身を置いた者にしか性交が認められず、ジョニーはカルメンとセックスしたいがために軍隊に志願した。ところがセックスする前に、宇宙昆虫との戦争が勃発!童貞のまま死ねるか!ヤってやるぜ!
去勢作戦!クレンダス星の悲劇!
地球連邦軍はオスのバグの子種を絶つ作戦に打って出た。フェロモンで呼び寄せたオスのバグのタマタマを撃ち抜くんだ!しかし、機動歩兵は降下で半数の精力を失い、そもそもバグのタマタマがどこにあるのかわかっておらず、部隊は大混乱に陥った!
作戦変更!今度はメスをヤる!
クレンダス星の作戦失敗で、ディーンズ司令官は辞任。マルー司令官は「同じ失敗は許されない。今度はメスを絶やします」と作戦を変更。前作戦で負傷したジョニーもラフセックス隊に配属され善戦する。
惑星P・ウィスキー砦の乱交!
「数には数で対抗するしかない!」と毎日乱交パーティだったウィスキー砦。その砦にバグが乱入!ラズチャック隊長は下半身を奪われ、ディジーも挿されてしまう。
さあ、君も連邦軍に入隊して物語の結末を確かめよう!
カールから常にモザイクがかかってしまい正体不明のバグを探し出すよう命令を下されるリコ隊長。「ラフセックスはいつでもイケます!」一方で撃沈する艦隊から脱出したカルメンとザンダー。お約束通り大ボスのところに墜落、運がよけりゃバグズの餌食に、運が悪けりゃ二人は愛を育んでしまう。ジョニーの孤独な戦いが始まった!

登場人物[編集]

ジョニー・リコ
先任を殺すために双眼鏡で見えていた敵を見えなかったことにする、かなりのヤリ手。戦時下なら軍曹になんてあっという間だぜ。
ラズチャック
ラフセックスの隊長。敵に操を捧げた部下を容赦なく射殺する。下半身を失った際には「リコ!わかっているな!これじゃ楽しめない!」と自らを撃たせた漢の中の漢。
ディジー・フロレス
つおくてエッチな女兵士。ちくしょう、いい女だぜ!
カルメン・インヴァイデス
浮気な宇宙海軍パイロット。虫が嫌いだが虫に好かれる。
ザンダー・バカヤロウ
パイロット士官。人の女かすめとった報いで脳味噌を吸い取られてしまう。
エース
フッといてトモダチはないぜ。俺にならぶち込んでもいいんだぜ。持つべき物はホモ。
カール
カール・ジェンキンスは類い稀なる天才少年なのである。
ズィム
前線で戦うために二等兵になった訓練教官。白兵戦の鬼でナイフやチェーンソーでバグズと互角に戦う。連邦の最下級MSの名の由来となった。
ランブレザー中尉
金髪美女。

機動歩兵[編集]

機動歩兵は宇宙戦艦から敵惑星に小銃一つで降下して撃ちまくる最も過酷な兵種である。もっと知りたいですか?

M3型ヘルメット
反重力物質製で、頭から地表に衝突した際の衝撃を0にする。絶対に外してはならず、リコは降下中に他の隊員のヘルメットを外させて墜落死させてしまったため、軍法会議にかけられた。降下に失敗して地表に激突して死傷する兵士が続発、死傷者が30万人を超えたためクレンダス星作戦以降、機動歩兵の降下は中止された。
盛田式アソルトライフル
この世界の発展に大きく貢献した企業が生産した汎用自動小銃。歩兵に配備されたものはショットガンが組み込まれている。自動弾道補正機能が組み込まれており、銃口が多少標的の上を向いていても当たるため照準器がない。磨耗を感知する自己防衛機能も組み込まれていたが、戦闘中にこの機能が働き兵士が無力化し、連邦は一時間で10万人の兵力を失った。
ぬぅーく弾
発射器の孔にハメ、穴にブチ込む弾頭。推進力が鞭毛なのでありえない軌道を描いて飛ぶ。バグズが恐れをなすほど危険な代物で、手に持って「これがわかるか?どぅーん!」と威嚇してれば襲われない。

アカクニノ・バグズ[編集]

一切のコミュニケーションが不可能なこの地球外生命体との関係は、ヤルかヤラれるか、種の生存を賭けた行動のみが唯一持ちうる関係である!

ウオリアー・バグ(ユーロッパゲ)
極めて凶暴かつ好戦的なバグ。もっと知りたいですか?
プラズマ・バグ(クソブーカケ)
体内の排泄物を凝縮して発射する生体兵器。もっと知りたいですか?
フンコー・バグ(フンブリピチャ)
排泄物を集めて転がし、歩兵部隊に致命的な打撃を与える。通常は糞塊の中を移動しているため、捕捉は困難である。もっと知りたいですか?
ホッパー・バグ(オシリオカス)
翅を持ったウオリアーバグの亜種。兵士をさらって高所でヤる。もっと知りたいですか?
チュピチュッパ・バグ(スベルゾティーダ)
重量級のバグの移動を容易にするローションの効果を生む。もっと知りたいですか?
プレイン・バグ(セレブス・セックス)
本能行動しかとらない頭脳階級のバグ。その外形は謎に包まれている。もっと知りたいですか?

制作背景[編集]

やつらは群れでやってきた。

資金面で制作が難航し、バーホーベンはアメリカ合衆国陸軍海兵隊をスポンサーとすることで、資金と弾薬(.223弾)を確保した。そのため軍部の要求に従わざるをえず、敵と遭遇した際にはバリバリ撃ちまくれる、男女ともにシャワーを浴びることができる、伍長にさえなってしまえば上官の許可のもとセックスできる(ただし20分以内)、そのうえわかれた相手とヨリを戻せるといった点を前面に押し出すことになった。湾岸戦争ソマリア紛争、ユーゴスラビア動乱で不足した歩兵を募るため、航空戦力や戦車等の登場はない。後に海軍が参入し、宇宙海軍の活躍と金髪美人を無理やり取り入れた。

当初は原作に登場した強化服も登場するはずだったが、陸軍が進めているランドウォリアー計画の全貌が曝されかねないとの懸念と、形状が日本アニメのロボットに極めて酷似していて歩兵を愚弄するものだと却下された。これにより原作を知る視聴者からは批判され、原作と軍事事情を知らない者たちには支持された。

残念なことに、軍のバカ発想は大成功し、大規模な歩兵部隊を送り込んだアフガニスタンへの報復は短期で実現、イラク戦争では敵の頭脳階級を捕らえて処刑することに成功した。「身体的能力で劣る相手に人海戦術で挑むバカ映画」と批判されているが(特に日本)、それは軍事に身をおいていない者の戯言であり、戦艦も航空機も装甲車輌も歩兵の進撃を補佐するための脇役である。歩兵なくして勝利はありえないことを、残念ながらこの作品と歴史が証明している。

軍のどうしようもないバカ要求に振り回されたバーホーベンは後に「アメリカでの制作は最悪。まるで透明人間に操られているようであった」と語っている。

関連[編集]

群れでやってくるやつらには、群れで勝負だ。よし、俺はファイヤーアントを増やす!君はオオセンチコガネを頼む!君には重大任務だ!Gを頼むぞ!何、嫌だ?それができないものは撃ち殺す!わかったか!


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第4回執筆コンテストに出品されました。