スタートレック

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

スタートレック(Star Trek)とはアメリカSFドラマである。

概要[編集]

もともとジーン・ロッデンベリーというおっさんが「西部劇の幌馬車隊みたいに宇宙船が星々を旅するSFドラマ作ったら売れるんじゃね?うはwwwww俺天才wwwwww」と考えたのが始まりである。

当初MGMに企画を持ち込んだがボツにされ、CBSに持ち込んだが類似品があったためこれまたボツにされ、NBCでなんとか企画が通った。これが最初のシリーズである宇宙大作戦である。

低視聴率だったものの社会風刺などを盛り込んだため熱狂的な信者、すなわちトレッキーを生み出すことになった。結局最初のシリーズはシーズン3で打ち切られたものの、再放送で爆発的人気が出て続編の映画やTVシリーズが生まれた。

TVシリーズ[編集]

現在までに5つのTVシリーズが作られている。

宇宙大作戦-通称TOS(The Original Series)。カーク船長やミスタースポックが出てくる最初のシリーズ。当時、スパイ大作戦が日本でヒットしていたためパクって、宇宙大作戦というタイトルになる。

新スタートレック-通称TNG(The Next Generation)。ピカード艦長やデータ少佐が出てくるシリーズ。最大の敵、ボーグが出てくる。

スタートレック:ディープ・スペース・ナイン-通称DS9(Deep Space 9)。シリーズ屈指の武闘派。宇宙ステーションディープ・スペース・ナインを中心に銀河を揺るがす大戦争が起きる。

スタートレック:ヴォイジャー-通称VOY(Voyager)。宇宙船USSヴォイジャーが銀河系の反対側にすっ飛ばされる。悪魔艦長ことジェインウェイ艦長が出てくる。

スタートレック:エンタープライズ-通称ENT(Enterprise)。TOSの100年前を描く作品。だが、不人気だったためTOS以来の打ち切りの憂き目にあう。

映画[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

お約束[編集]

シリーズを通じてのお約束がいくつかある。

  • 赤いシャツを着てる奴はもれなく死ぬ。

初代シリーズで定着したお約束。TOSでは部門ごとに制服の色が分けられていたのだが、赤いシャツを着ていた機関部及び保安部の人間が毎回のように死んでいた。それ以来赤いシャツを着ている奴がよく死ぬようになった。TNG以降、指揮系統やパイロットが赤い制服になり、保安部門や機関士は黄色の制服を着用するようになる。つまり、TOS(ENT)の時代とTNG時代以降の赤・黄が逆転したのだが、それでも赤い制服の人間が死ぬことが多い。よって、赤い制服を着用している士官が上陸任務に任命された場合、ほぼ死刑宣告と同じである。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スタートレック」の項目を執筆しています。


この項目「スタートレック」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)