スターバックス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「スターバックス」の項目を執筆しています。
「なぜ我が鳥取にスタバが無いんだ!島根の松江にスタバがあるなんて酷いじゃないか!!!!」
スターバックス について、鳥取市米子市
「我が鳥取にスナバ…いや、スタバを!!」
スターバックス鳥取進出 について、鳥取県知事平井伸治

スターバックスStarbucks)とは、アメリカシアトル)で発祥したオシャレな雰囲気をかもし出している喫茶店。濃緑のマークが目印で、世界中に支店を構えている。日本ではスタバと呼ばれることも多い。

日本ではドトールコーヒーを抜き、売上高1位。ライバルはタリーズコーヒー(同じシアトル発祥)。

目次

[編集] アメリカでの展開

古いスターバックスのロゴ
新しいスターバックスのロゴ
Coffee1ry6uk.jpg

アメリカ人は何かにつけてコーヒーを飲む。そのため、とりわけ都会人は足繁くスタバに通う。朝はスタバのコーヒーカップを片手に通勤する姿が見られるし、お茶の時間もやっぱりスタバである。そのため都心では日本のコンビニよろしく100m間隔でスタバが並ぶ。スタバのカップを持って街を闊歩するのはニューヨーカーの証だと抜かす半可通がいるが、どこの町でも同じである。そもそも発祥はシアトルである。

コーヒーは1.50ドル程度。ガスステーションならコーヒー1杯0.80ドルくらいで買えるから、割高である。しかしスタバのコーヒーは味は保証されている。カップはアメリカらしからぬショートサイズであるが、店頭で販売されているタンブラーはかなりでかい。ちなみに筆者の友人(日本人)はへのお土産にタンブラーを買って帰ったが、大きすぎると言って受け取ってもらえなかったそうだ。

スタバの店員には容姿端麗な女性が多い。筆者もサンフランシスコでとてもきれいな店員に出くわした。しかしこれはスタバの作戦である。美しい女性を置くことでチップをせしめようとしているのだ。アメリカでも基本的にファーストフード店ではチップは不要なのだが、スタバに行くとチップを入れるための箱が設置してある。

[編集] 日本での展開

都市部の主要な駅のまわりを中心に展開中である。1996年に国内一号店を開店すると、その後数年で都市部から、果ては高速道路のインターチェンジから防衛省内にまで進出。国内への浸透の早さはセイタカアワダチソウブラックバスをも上回る。

日本でも店員はみな容姿端麗で、採用面接は顔で決まるとの都市伝説も存在する。スタバのコーヒーやフラペチーノは1杯300円程度と高額であるため、美女のスマイルだけ価格が上乗せされていると考えられている(アメリカのチップに相当)。マクドナルドはスマイル0円を謳っているが、スタバのほうがスマイルの質が保証されていると人気である。

[編集] 主な客層

スタバではフラペチーノというフローズンタイプのデザート飲料が主力商品であるので、若い女性に人気である。そのため喪男にとってはとっても入りづらい雰囲気があった。筆者も1人ではなかなか入りづらく、女性に付き合ってもらってスタバデビューを果たした。しかし昨今ではオフィス街を中心に中年男性の占める割合も上昇してきており、男が1人で入っても許されるということが認知されてきている。秋葉原にも出店しているくらいだから安心して行かれよ。

[編集] ライバル店

黄色い看板のプロミス…じゃなかったドトールコーヒーが最大のライバルである。黄色のほうが濃緑よりも目立つためドトール有利かと思いきや、最近では絨毯爆撃のように出店を続けるスタバのほうが勢いが勝っている。やはりススキはセイタカアワダチソウには勝てないらしい。

名古屋共和国は例外で、コメダ珈琲店が支持されている。スタバでコーヒーを頼んでもおつまみがついてこない、スタバではシロノワールが食べられない、スタバでモーニングを食べようとすると結局高くつく、など散々な言われようである。

またスタバはオシャレでコーヒーが美味しいことを売りにしているが、神戸市に行けばもっとオシャレでもっと美味しい店はいくらでもあるので、同市ではスタバはなかなか浸透していない。さらにスタバの店員が「UCCの缶コーヒーなんてあんな不味いものを…」などと口走ると大変なことになるので、スタバ側にしてみれば居づらい町である。

[編集] 新たな規制

・日本にあるスターバックスでは、客層のあまりの老若男女ぶりに苦情が増えた時期があり、2008年4月より入店規制が設けられた。

・入店の際にはiPhoneを所持すること(2009年4月より、所持していれば鞄から出す必要はなくなったが、不定期検問が実施されるようになった。)

・着席後1分以内に足を組むこと(右手にペン、左手に手帳を持つと、稀に店員から割引券がもらえることがある。また景観重視の観点から、足を組むのが困難と判断された場合は従う必要がない。)

[編集] 主に開店される場所

田んぼの中のスタバ.jpg

これほど稲刈りが似合うコーヒー店も珍しい。

[編集] 伝説のスタ丼

スターバックスには隠れた裏メニューがある。それがスタ丼である。一般の人には知られていないため、伝説とまで呼ばれている謎に満ちたメニューである。

  • ドリップコーヒー丼 … ドリップコーヒーで飯を炊いたオーソドックスな丼。好みでミルクや砂糖をかけて食べる。
  • スターバックス ラテ丼 … ご飯の上にラテがかかっている丼。泡の食感が楽しい丼。
  • コーヒー フラペチーノ丼 … 凍ったコーヒーが乗っている丼。暑い時期にはうれしいひんやりメニュー。
「不味いわーーーーー!!」

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語