ストーンヘンジ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ストーンヘンジ」の項目を執筆しています。

ストーンヘンジとは、旧イギリス王国(現サンサルバシオン国)にある環状遺跡である。または、国際共同プロジェクトの下で開発された超巨大地対空レールガン、またはそのレールガンが備わる基地のことである。

目次

[編集] 概要

ストーンヘンジの複合体は2000年間に渡る数段階に分けて建設された。その発展は何段階かにに分かれる。

[編集] 紀元前3500年ごろ

「木から始まり水を渡って石に至る」の構想の下、祭祀のため、また情報統合思念体と間接的にコンタクトするために建設された。

[編集] 紀元前2000年ごろ

魔術師マーリンが召還した巨人により第一期の構想を残しつつ日食など、太陽の動きを予測する天文学的技術が反映された環状の石柱が追加され、現在の原型となる。

[編集] 紀元前2000年ごろ~西暦1980年代

このころから、本来の運用がされなくなり、当分の間忘れ去られていた。近代になると初期の目的など知らんと言う爽やかな人たちにより、ドミノ倒しなる、板状の物体を倒す娯楽が生まれたのは有名。

[編集] 西暦1990年代

小惑星郡「ユリシ-ズ」飛来により、地上に甚大な被害が発生するというシミュレーション結果から、スペースガード構想「STN計画」のもと、環状石柱を覆いかぶさるように建設された中央電子戦施設、外周に砲塔8基と、原子力発電所、スーパーコンピューター計8192台、専用空港を建設。

[編集] 西暦2000年代

ユリシーズによる被害を軽減することに貢献したものの、砲塔の1基が隕石の直撃を食らい、稼動不能に陥る。また大陸戦争により対空砲へ転用される。当初は連合軍を苦しめたが、一機の戦闘機に残る7基を隕石の直撃のほうがマシだと言わんばかりにことごとく破壊される。その後、隕石の直撃を食らい稼動不能に陥っていた1基の修理が終わり、有事に備えて機能を休止状態にして待機していた。

[編集] 西暦20XX年代

ジェイル・スカリエッティ事件


ミッドチルダの時空管理局機動六課の要請を受け、すでに修理が完了し待機していた一門を使用し、支援砲撃。後の資料によると多数の無人機「ガジェット」を撃墜した、とある。

ゴールデンアクス計画騒動


スピリダスがロンドンを襲撃した際には幹部が砲撃承認を渋っているうちに死んでもカウントされない英雄たちが撃墜し、バラウール攻撃の際も砲塔旋回している間に先を越され、単なる準備運動に終わった。

[編集] その性能

学園都市第三位のレベル5「電撃使い(エレクトロマスター)」御坂 美琴の遺伝子を参考に打ち出されたスペースガード構想「STN計画」第一号。「120cm対地対空両用磁気火薬複合加速方式半自動固定砲」の名が示す通り、火薬と電磁砲を複合させ、飛ばす。ものすっごく電気を食うので原子力発電所が敷地内にあるのはこのため。

[編集] 類似兵器

  • シャンデリア(注:エストバキア連邦軍所有電磁砲。ぶら下がらないものだけを指す。)
同じく小惑星ユリシーズの迎撃用に開発されたものである。口径に至ってはストーンヘンジと話にならない位でかい。
武装組織ヴァラヒアが所有していた「電磁投射砲」。ただし、レールガンはオマケ。

[編集] 出典

Wikipedia

[編集] 外部リンク


この項目「ストーンヘンジ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語