スノーボード

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スノーボード」の項目を執筆しています。

スノーボードとは、雪上で使用する農具である。

概要[編集]

スノーボードはその名のとおり、一般的に(ボード)の形をしており、主に雪山の斜面をえぐり耕す事に使用されている。板の上部には人間の足を固定することができるように金具がついており、使用者はこの板の上に乗り雪上を滑走する事により素早く行動が可能となり、かつエッジと呼ばれる部分を使用する事によって広範囲にわたって耕す事が可能である。過去に開発された農具は電力燃料を必要としていたことに対してスノーボードは斜面を滑り降りる重力とえぐる際の摩擦力のみを利用するため、生物にも自然にも優しいという特徴を持っている。

しかし、雪の降るシーズン、つまり冬の間しか使うことが出来ない。一般的な農耕のシーズンとはスノーボードが使用できる季節は乖離しており、主に二毛作で冬に農耕を行う場合に使用されることが多い。また、スノーボードの操作にあたっては、とにかく体力が要求される。高齢者の農家にとっては扱いづらい農具である。加えて、力を込めて耕さないと、肝心の地面が耕せず、上に積もった雪を耕しただけの結果に終わることもある。

スキー派との対立[編集]

近年急激にその数を増やしたスノーボード利用者(以下ボーダー)は昔ながらの農耕従事者であるスキーヤーと大変仲が悪い事で有名である。ボーダーが長く深い農耕を得意とするのに対し、スキーヤーはなだらかに耕す事を好むためその方向性の違いから対立は深まる一方である。

また、双方滑走の特性が異なりお互いの行動を予測できずに衝突する事故が毎年発生しており、山を管理する者の頭痛のタネとなっている。冬場の山に近い立地に住んでいる人間は毎日のように救急車の音を聞き「また誰かが足を折ったのか」と狼狽しており、円滑な農作業の実施のためにも早期解決が求められている。

難点[編集]

円滑に農地を農耕できる点においてはコンバイントラクターなどの精密機械にも劣らないながら、それらと比べて維持費が安上がりである。しかし、縦横無尽にスノーボードを扱う為には運搬するためのリフトを併設しなければならないことが多く、結果としてコンバインやトラクターを購入して毎月その維持費を費やすより金がかかってしまう。

また、操縦においてはある程度の技巧と体力が必要とされており、クワ一本で農地を耕してきたおっちゃん達には、技術的にも体力的にも扱うのがキツい。その為大学生をアルバイトとして雇い彼らにスノーボードをレンタルして農地を耕してもらう農家も多い。

関連項目[編集]