スパゲッティ・モンスター

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
スパゲティ・モンスター(基本形態)

スパゲッティ・モンスター(英:Spaghetti Monster)とは、空飛ぶスパゲッティ・モンスター教(Flying Spaghetti Monsterism, FSMism, フライング・スパゲッティ・モンスター教, パスタファリアニズム, スパモン教、以下FSM)における唯一神にして、進化論の擁護者、並びにインテリジェント・デザイン教(以下ID)における大悪魔の総称である。

概要[編集]

2001年にアメリカ大統領に就任したテキサスの腐れ脳みそは、自分が教育熱心であることを有権者に知らしめるために、その当時流行っていたID論などというたわけた概念を教育現場に取り入れることを主張し、その結果、2005年アメリカカンザス州において、進化論の授業とともに、「神様が世界を作ったんだから、進化論も神様が考えたんだよ」などという、トンデモ学説にのっとった授業が開始されることになった。そのことに激怒したFSM教の教祖にして無神論者のボビー・へンダーソンは、「そんなことはない。世界を作ったのは空飛ぶスパゲッティ・モンスターだ」と宣言し、文句があるのなら、「神が進化論を作ったという証拠を見せてみろ!」と、とどめの一言を言い放った。

この発言に世界の無神論者達は狂喜し、一斉にFSMへ入団。以後、ID論者たちとFSM教信者たちとの激烈なバトルが繰り広げられることになる。

スパゲッティ・モンスターとは?[編集]

ミートボールスパゲッティ、そして2つの目を持つ究極の存在。一応、麺類に属すため、触手はヌードルとされている。宇宙を創造し、最初に山と木々、そして小人を創造された。当初、小人の背がのびるのをそのヌードル触手にて押さえつけていたが、近代になって人口が増えすぎたため、ヌードル触手が足りなくなってしまった。

ウソだと思うのなら証拠を見せてみろ。

空飛ぶスパゲッティ・モンスター教信者とは?[編集]

ボビー・ヘンダーソンを教祖として全世界に存在するFSM教信者とは、主にスパゲッティ・モンスターを偉大なるヌードルと呼び、信者同士を家族とみなしている。信者は海賊の衣装をまとい、そういえばパイレーツ・オブ・カリビアンが大ヒットしてたっけ、という突っ込みは思い描きつつ、金曜日にスパゲッティ・モンスターに祈りをささげる。彼らは死後の世界にストリッパー工場とビール火山があり、進化論以外の学説を教育現場で教えるものこそわれわれの味方であると信じている。自らのことをパスタファリアンと呼び、祈りの言葉はラーメン

なお、キリスト教徒の中にも同じようにコスプレのごとく古代の衣装をまとい、日曜日に祈りをささげ、死後の世界に天国があると信じている者がいる。ただし、進化論以外の学説を教育現場で教えるなんてのは、一部のバカしか支持していないが。自らのことをクリスチャン、もしくはプロテスタントと呼び、祈りの言葉はアーメン

ウソだと思うなら・・・証拠は見せなくてもいい。

IDとは?[編集]

進化論の正当性を主張してみろ、それが正しかったら25万ポンドを払ってやる、といった科学者の皮をかぶったナニカが在籍している教団。その考えはまさしく信仰に基づいているため、進化論はもとより、ビッグバン理論に地動説を否定し、果ては神とキリストと聖霊はそれぞれ一つだが、三つ併せても一つであるなどといった、数学的にも相当無理がある学説を堂々と推し進めようとしている人々。そのため、FSMは彼らを目の仇にしており、実際に、イエス・キリストがスパゲッティ・モンスターの息子ではない証拠を見つけたものに懸賞金を出すという、前述した科学者に対する当てこすりを行っている。

違うって言うんだったら、証拠を見せてみやがれ。

ただし、一般的な話で言うならば、ID論者はFSMにとってまことにありがたい存在である。なぜなら、彼らが主張する神が世界をデザインしたという話は、すなわち、空飛ぶスパゲッティ・モンスターが世界を創造したという話に他ならないからである。ただし、ID論者が公権力に擦り寄って実際の教育現場に影響を与えると、FSM信者たちはその恐るべきユーモアという名の牙を振りかざす傾向にある。

結論[編集]

トンデモ学説VSトンデモ学説は、面白いほうが勝つ。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スパゲッティ・モンスター」の項目を執筆しています。