スペランカー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

スペランカー (Spelunker) は、日本国外のとある組織から指令を受けた、アイレムが総力を挙げて訓練を実施している講義を受けた冒険家である。

史上最強の主人公

目次

[編集] 概要

世界には、モヘンジョダロ不思議のダンジョンといったさまざまな遺跡があるが、スペランカーが向かう遺跡は「原因不明の死者が多発している」所である。スペランカーはその遺跡で起こりうることに対してさまざまな訓練をつんだスペシャリストで、古文書に書かれた「その手の人には時価数億の謎テクノロジーポケモンフラッシュの輝きを発するというお立ち台」・・・のそばにある綺麗な石を目指して訓練を受けるものも多い。・・・しかし、訓練を受けているものは洞窟探検の知識など何にも無いド素人で、短距離走の訓練で滑って一機失う瀕死の重傷を負うものがほとんどであるため、彼らは滑らんかーと言われ、いつしか訛ってスペランカーと呼ばれた。

[編集] 容姿

青いオーバーオール・赤いシャツ・赤い帽子など、非常にあのイタリア出身の配管工に似ている。しかし、遺跡に入る前に記念としてLEDをもらうことが習慣となっていて大きな違いである。

[編集] 遺跡探査について

  • 酸素が薄すぎるため「酸素供給装置」を装備しなければならない。
    • ヘッドライトヘルメットとつなぎの服の形状であり、見た目に反して想像以上に重いため、軽がるジャンプできるほどの脚力が必要。
      • 重すぎるため、足を踏み外したり着地に失敗するほど高いところから落ちると、起き上がることができない、もしくは埋もれる、気圧の急激な変化で失神する。
      • もちろん、装置が1ドット破損しても死ぬ。
  • 外敵に対しては空気砲しか通用しない。もちろん空気は自腹。
  • ほか、かんしゃく球や対消滅爆弾(ピコサイズ)を持っていく

ということが鉄則で、やはり死ぬものも多い。しかし、替え玉も多いため誰が死んだかわからないことが多い。

一部、「元スペランカー」の別の職に付いた人間もいるが、たいてい死んで仮死状態になってもう一度生き返る、怪我しまくって損をする余生をすごしていることが多い。

[編集] 特徴

彼は、すぐ死ぬ。何をしても死ぬ。とにかく死ぬ。まさに死にたがりではないだろうか。

[編集] こんなときに死ぬ

高さ156cmから飛び降りる
⇒下半身複雑骨折+出血多量で死亡
下り坂でジャンプする
⇒落差に恐怖感を抱き、着地前にショック死
鳥のクソを浴びる
⇒クソを浴びたショックで心臓麻痺を起こし死亡
火山ガスを浴びる
⇒ガス中毒…ではなくガスの臭いをかいで中毒と勘違いして死亡
水に触れる
⇒水の中に含まれている猛毒が革靴越しに足の裏に触れて死亡
銃を適当に打つ
⇒反動で腕がイカれて痛みで悶絶死
ポータブルファンの打ちすぎ
⇒ポータブルファンとはただの扇風機のであるが、打ちすぎると死亡する。その謎めいた死因に研究家は、あれはスペランカーの魂を放っている、ポータブルファンはその小型の機体からは想像を絶する風圧を発しており、スペランカーの体力を著しく消耗させるなど諸説があるが、ただの扇風機で死ぬなら冒険などするな!と進言する専門家もいる。とにかく謎である。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「スペランカー」の項目を執筆しています。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス