スペース・マウンテン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スペース・マウンテン」の項目を執筆しています。
スペース・マウンテン
Space Mountain(英語)
標高 38m
所在国 東京ディズニーリゾート合衆国
所在地 東京ディズニーランド州トゥモローランド自治区
山岳鉄道管理 日本コカ・コーラ
所要時間 約3分
山岳鉄道定員 12名(1車両あたり)
登山制限 身長102cm以上 ほか
FP(ファストパス)
単独登頂 不可
山系 独立峰
国立公園総面積 世界第xx位
4,400m²
山岳鉄道最高速度 50km/h

スペース・マウンテン(英:Space Mountain)は、東京ディズニーリゾート合衆国内のトゥモローランド自治区にある独立峰であり、スペースマウンテン国立公園に指定されている。いわゆるTDL三名山のひとつ。

概要[編集]

山小屋のひとつ。

星の世界に行けるほどの高山地帯であり、日中でも星空が上下左右に広がる。1983年4月15日に登山鉄道が開業、酸素ボンベなしでも日本人が気軽に入山できるようになった。 ウォルト・ディズニーにより広められ、日本では83年の登山鉄道開業まではあまり知られることがなかったが、1975年からは海外登山愛好者の間ではすでに話題となっていた。 現在においては、山岳鉄道による登頂しか認められてはいない。

環境保護[編集]

国立公園内には、ミキマウス・ウォルトディズニーニ(Mus musculus waltdisninny)など希少生物が住み、1980年代からは入山者が急増して入り口に毎日数キロの列をなすようになった。このため自然保護が求められ、入山者のマナーの悪さもしばしばマスコミ報道されていた。そのため、|王国政府も対策に乗り出し、入山制限や優先登山券の配布などの対策が行われた。

  • 身長102cm以上に満たない人
  • 健康状態が良くない(睡眠不足など)
  • 乗り物に酔いやすい
  • 首・脊椎に障害がある
  • 体格などによりセーフティーバーが正常に下がらない
  • 心臓病
  • 高血圧
  • 妊娠中の人
  • 中の人

安全面を考慮して以上に該当する人は登山が制限される。

登山者[編集]

登山者は、最初は「ヤッホー!」と叫ぶことが多かったという。しかし、Yahoo!の買収後、スポンサーであるコカコーラの意向により禁止された。周りが見えないのをいいことに、最近は「きれいなきんたまー!!」「しこしこー!!」「おまんこーー!!」と叫ぶ若い登山者が多い。また、特定のカーブを曲がったあとの場所で全裸になる者も多く、まじめに登山しにきたカップルに「うつってなかったよ」で迷惑をかけることもしばしばである。実際は中指を立てただけでも「うつってなかったよ」になる。

事故[編集]

他の地域と同様に、中高年登山者の増加と共に遭難事故が増加し、関係者を悩ませている。1984年以降にも遭難事故が発生しており、2009年までに3件の死亡事故が報告されている。しばしばネットで「IEDをしかけた!」などと書かれて警察沙汰になることもあるが、現在ではより強力なAEDが常備されている。

関連項目[編集]