スポーツ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

スポーツとは、不味い料理にかける万能ソースの一種にして浪費のための活動である。

[編集] 概要

欧米のスポーツはレクリエーション(娯楽)という意味合いで使われることが多いが、日本ではしばしばスポーツのことを体育と表現し、体育=てるという言葉が示すようにスポーツは一般に「体を動かすこと」と言われている。日本のスポーツではこの中に貧乏揺すり痙攣断末魔の足掻きが含まれる。しかし本来のスポーツでは「娯楽」という言葉が指し示すように、様々な浪費活動が主目的であり、上に挙げた「それほど何かを損耗しない」ような活動は除外される。

多くのスポーツでは必要もないのにボールを棒切れで引っ叩いたり蹴り回したり、をすり減らしたり、に登って踏み崩して標高を下げたり、を振り回して腫れたちんちんを回転させたりと言った様々な活動で体内に蓄積された脂肪をはじめとする栄養分を浪費することと解されている。これは肥満の者にとっては自らのアイデンティティを損なわせる最悪の行為であり、また骨折打撲は言うに及ばず裂傷・筋肉の断裂・循環器障害の悪化・発汗のし過ぎに伴う熱中症脱水症状といった各種負傷や疾病を発生させ、人間の数多いマゾヒズム行動の一環であるとみなされている。

なおこのように様々な弊害の目立つスポーツではあるが、数少ない利点として「スポーツで疲労した後の食事は旨さ倍増」という効果があげられる。このため料理の下手な母親のいる家庭や、あるいは夕食が決まってファーストフードジャンクフードレトルト食品という劣悪な家庭環境にいる児童青少年の多くは、日がかげるまで野外での遊び部活動を通じてスポーツに勤しんでおり、またおいしい夕食のある家庭の児童や青少年であっても、やはりよりおいしい夕食にありつこうとスポーツに励む傾向が見られる。

また、日本ではスポーツ万能論なるものが存在し、スポーツに従事してきたものをあらゆる面において優遇する傾向がある。これは「スポーツに汗水を流してきた人は打たれ強く、我慢強い」という重度のマゾヒズムから生まれた神話の1つであり、他にも「チームで協力して何かを成し遂げるという経験がある」「上下関係を弁えていて礼儀正しい」などの神話が存在する。そのため、日本の企業、とりわけ「どんなに理不尽な要求にも簡単に屈することがない打たれ強さ」や「徹夜仕事や月100時間を超える(サービス)残業にも耐えうる忍耐力と基礎体力」を求めている黒い企業にとっては「スポーツ神話」は特に重宝され、スポーツに汗水を流してきた若者を好んで採用する傾向が極めて強い。オリンピックなど世界レベルで活躍するスポーツ選手に至っては、「スポーツ推薦」というチート究極の切符が学校や企業から受け取ることが可能であり、例え学力が偏差値40未満だとしてもスポーツさえできれば日本の名だたる大学や大企業に入ることができるのである。

しかし、スポーツに従事してきたものは重度のマゾヒズムを蓄えてきたその反動で究極のサディストに陥る傾向も強く、その結果、内柴正人のように道を踏み外してしまう危険性をも兼ね備えているのである。

[編集] スポーツの分類

Uncyclomedia Commons.png
アンコモンズに、スポーツに関するガラクタがあります。

[編集] 関連項目


ExSport.png この項目「スポーツ」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語