スポーツマンシップ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情テラ豚丼が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

スポーツマンシップとは、スポーツ選手の競技に対する何が何でも(どんな手を使っても)勝つという意気込みあるいは姿勢のことをいう。しかしながら現在においては乗っ取るなど、この精神を解さない一部の選手たちの抵抗によって消滅の危機にさらされている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スポーツマンシップ」の項目を執筆しています。

歴史[編集]

世界各国、その歴史はさまざまであるが、日本においては、鎌倉時代の武士の精神が、その根底にあるという藤原正彦氏の指摘がある。武士といえば、殺し合いが仕事であり、何が何でも(どんな手を使っても)勝って生き残らねばならなかったと考えられる。よって、武士の精神が、スポーツマンシップのもととなったという、氏の説はおそらく間違いないであろう。

実践[編集]

世界中のスポーツ選手たちが、日々この精神のもと、競技を戦っている。その実践をいくつか紹介する。

替え玉
自分とそっくりの人間と協力して行う。主にマラソンにおいておこなわれる。
ドーピング
多くの選手たちが実行してきた例である。特にオリンピックメジャーリーグにおいてよく行われる。しかしながら、これを阻む勢力(オリンピック協会)の手によって、取締りが強化されており、危機感をつのらせる選手も多い。

上記は非常にメジャーな例であるが、それゆえに、スポーツマンシップを解さない人々により度々妨害されている。

日本の場合[編集]

日本においても、実践される例は多い。

ひき逃げ
自分の地位を守るためには、誰かが死んでもかまわないという、素晴らしくハイレベルな実践例。ある野球選手が実践したが、やはり良心の呵責というスポーツマンシップには、あるまじき誘惑に負けて失敗してしまった。
金の力で○○
金にものをいわせて、選手を買収したり引き抜いたりすることで、かつては読売巨人軍の専売特許だったが、最近では西武ライオンズも行っていることが明らかになった。また特殊な例ではホリエモンなどがあげられる。
酒に酔って大暴れ
これはプロ選手よりも学生選手の方が多い。とくに3月4月によく見られる実践例である。大人数で店に押し寄せて、大声を出し、わめき叫ぶ、注意されれば、「金払っているのに騒いでなにが悪いんじゃこのワレ」と叫ぶなど、なかなか素晴らしい実践である。特に未成年ならば、酒を口にしただけでも素晴らしい。

このようにプロスポーツのみならず、学生選手や支援する人々にもその精神は広がっており、日本においてはスポーツマンシップは安泰だといわれている

関連項目[編集]


ExSport.png この項目「スポーツマンシップ」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)