スロバキア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スロバキア」の項目を執筆しています。

スロバキア共和国( - きょうわこく)は、ポーランドの南部に位置する独立国家。はっきり言ってばかり。周辺のありとあらゆる国家と、合併、分裂を繰り返してきた奇妙な国であり、いまだにスロベニアと混同され、ある年代からは隣国であるチェコと同一視されるかわいそうな山国である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ファイル:Slovakia topo.jpg」の項目を執筆しています。

歴史[編集]

アルプス山脈のドドド真ん中、山また山のさらに奥地に存在しているスロバキアは、はっきり言うなら、あまり征服する価値がない場所であったため、地域内で独自の文化を発展させまくった歴史が存在する。もちろん、隣国にはヨーロッパ史における超大国オーストリアがあり、ウクライナの隣国であるため、ロシアが手を伸ばせば届く場所にも国が位置していたため、それなりの世界情勢の影響は避けられなかったけれども、いかんせん、国土がほとんど。地図のほとんどが茶色。平地?なにそれ?おいしい?状態であるため、歴史的に見て、大国が合併する際についてくるオマケ、もしくは近隣諸国で戦乱があった際の亡命地、さらには大国同士の戦乱の際の通過点として大人気だった。

古代[編集]

スロバキアが歴史上に登場するのは、9世紀ごろ、サモ王国・モラヴィア王国として独立した頃までさかのぼる。と、されている。もちろん、スロバキア人でも、この国が民族史の原点だと信じていない人間のほうが多い。なぜなら、その後は、アジアからやってきたマジャール人(ハンガリー人)に征服された結果、スラブ系の住民はアジア系の血と混血しまくり、結局、ハンガリー帝国の一部となってン百年を経過することになる。この段階で普通ならハンガリー人=スロバキア系と思っても致し方ないのだけれど、いかんせん、そのスラブ系の住民とハンガリー人が仲たがいするんだな、これが。

その結果、単なる地理的条件にしかすぎない9世紀の国がスロバキアの原点だなどという話がまかり通ることになる。まぁ、よくある話である。

ハンガリー王国時代[編集]

10世紀以降、アジア系の騎馬民族であるマジャール人に蹂躙されたスロバキアは、マジャール人が建国した国ハンガリー帝国の一部として数百年間、なんの支障もなく存在する。そして、中世ヨーロッパにおけるハプスブルグ家の勃興の際は、隣国であるオーストリアとも合併、オーストリア・ハンガリー帝国の一部として、やはりなんの支障もなく存在している。しかしこの時代、山また山のスロバキアは世界帝国の主要な鉱工業の中心地として君臨。それなりに、帝国の重要な一地域となり、数少ない平野部には工業地域が形成されていくことになる。この頃になってようやくスロバキアという地名が世界史に存在するようになる。ちなみに、ハンガリーとオスマン帝国が戦争した際には、スロバキアにハンガリーの臨時政府が置かれている。

まぁ、臨時政府が置かれるほど、堅牢な山間地だったわけだけれど。

ところが、臨時政府の移動の結果、スロバキアに住んでいたスラブ系住民と、よそ者であるけれど、国を作ったマジャール人との間でいさかいが勃発。

この時代を境にして、スロバキアのナショナリズムが始まる。まぁ、ほとんどの国においてナショナリズムが形成される第一歩が、あいつむかつくであるため、それはそれでいたしかたのないことである。

第一次大戦後[編集]

第一次大戦後オーストリア・ハンガリー帝国が崩壊するとその隙に乗じてスロバキアは歴史上初めての独立を果たす。

隣国チェコと一緒に、チェコスロバキアとして。

しかしながら、ドイツ系住民の塊であったチェコと一緒に独立したことで、スロバキアには必然的にヒットラーの魔の手が忍び寄ることとなり、独立からわずか20年でドイツの保護国化、すぐさま、1945年の第二次大戦終了後にソ連の衛星国化と、小国の悲哀を感じさせずにはいられないテキトーな扱いを受けることになる。

ソ連崩壊後[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ハイフン戦争」の項目を執筆しています。

しかし、1989年に共産陣営が崩壊し始めると同時期に、スロバキアはチェコと一緒に即座に民主陣営に鞍替えする。これは、別名ビロード革命と呼ばれ、平和裏に共産陣営から鞍替えに成功した事例として他の東欧諸国に多大な影響を与えることになる。まぁ、チェコの政治家が中心となってやったんだけどね。しかし、そんな平和な独立に危機感を覚えたスロバキアの政治家は、国名を表記する際に「チェコスロバキア」にするべきか、もしくは「チェコ-スロバキア」にするべきか、などという世界一どうでもいい理由で政治闘争を始めた結果、1993年に2つの国家として別々にやっていくこととなる。別名、ビロード離婚。ちなみに、このときに分裂したチェコはスロバキアのが産出する鉱物を使用しての工業地域として知られており、世界的なメーカーが幾つも存在、さらには、隣国には経済大国ドイツが存在。これは、地理的にも経済的にも東欧諸国の中でも屈指の優良国に分類される。

一方のスロバキアぁ?山だよ、

スロバキアはチェコのほか、隣国にオーストリアウクライナポーランドハンガリーが存在している。

なお、工業地域に資源を拠出する側であったスロバキアは、国が分裂した結果、農業国に分類されることになる。そして、スロバキアの隣国各国で、農業国ではないのは、オーストリアとチェコのみである。

それでも分かれなければいけなかった理由が、スロバキアにあったのかと思うと、目頭が熱くなっていく。で、その後のチェコの躍進を思うとなおさら悲しくなっていく。

現在[編集]

2004年、チェコとスロバキアはEUの仲間入りを果たす。チェコは、その工業力を期待されて。スロバキアはそのオマケとして。しかし、ウィキペディア日本語版におけるスロバキアの記事で、経済の項目がわずか5行しか存在しない。ちなみにチェコの記事では、経済の中に別ページまで存在している。

大国に翻弄される小国の悲哀という話には、どう考えても小国のほうが悪い時もある。

関連項目[編集]


この項目「スロバキア」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)