スンダ列島

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情スモークチーズが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スンダ列島」の項目を執筆しています。

スンダ列島(すんだれっとう)とは、東南アジアの海に浮かぶごちゃごちゃしたもの。あまりに広いため、インドネシアマレーシアブルネイ東ティモールが分担して管理している。

概要[編集]

スンダ列島を創造した誰かは、スンダ列島を創造するさいに、広いスペースをもらったにも関わらず、片付け下手だったのか、面倒くさがりだったか、適当だったのか分からないが、何もかもがごちゃごちゃしている。

一つ目は島。あまりにごちゃごちゃしているため、スンダ列島の大部分を管理しているインドネシアは、自分の玩具島の数が分からないという事態が起こっている。

二つ目は地形。富士山級のがいっぱいあるにも関わらずそのすぐ下が街のある平野だったり、サンゴ礁スポットのすぐ近くが流れが速い危険地帯だったり、都会は地盤がジャガイモだったりする。

三つ目は民族。上記のような地形が交流の妨げとなり、統一感が無く、民族や言語の数はもはや数えることが出来ない。少なくとも500は下らないであろうという、アホみたいな状況になっている。

四つ目は国境。上記の地形などによって、国境がごちゃごちゃになってしまい、ブルネイマレーシアによって、東ティモールインドネシアによって真っ二つに引き裂かれている。つまり、スンダ列島を管理している全ての国の国境がおかしくなってしまっている。

注:アンサイクロペディアは、嘘と出鱈目にまみれています。
ここに書かれた内容も嘘や出鱈目である可能性が高いです。
…と、言いたい所ですが、アンサイクロペディアにあるまじき事態なのだが……以上のごちゃごちゃした概要は全て事実なのである。
しまった、つい頭がごちゃごちゃになって真実を書いてしまった!

主な島[編集]

大スンダ列島[編集]

スマトラ島(インドネシア)

地味に本州より大きいが、スマトラ島に人口は少ない。ただでさえ少ないのに北部の人の一部が、津波に乗ってあの世まで移住してしまった。

『スマトラトラ』とかいう、口説い名前のトラが住んでいる。口説い名前になった理由は、命名時に命名者が寝ぼけていて、トラを2回書いてしまったためである。

ジャワ島(インドネシア)

山奥だろうが、はしっこだろうが、人がいっぱいの島。

西部の街ジャカルタはインドネシアの首都で、ジャガイモ都市である。ジャカルタの地面はジャガイモであるが、ジャワカレーがないのでジャワカレーの具材にも出来ないし、そもそも全地球上の成人男性·成人女性·少年·少女·犬·猫·鼠が力を合わせない限り抜けないであろうと言われている。ジャカルタ都市圏に人口は世界都市圏人口ランキング2位であり、 地方を中心に人口が減ってきている日本も見習うべきである…と言いたいところだが、1位は日本の京浜都市圏である。どーだ!見たか!ジャガイm…粛清されました

カリマンタン島(インドネシア、マレーシアブルネイ)

世界最多の3つの国の領土がある島で、世界で3番目に大きい島で、世界で9番目に大きい陸、人口は論外。自然がいっぱいで、植物がいっぱい育…たない。恵まれ過ぎて、神の恨みを買ったのである。植物も栄養もすべてスコールという名の天罰によって流されていると考えられるが、住民が少なく、誰も見ていないため謎である。

ボルネオ島(インドネシア、マレーシア、ブルネイ)

世界最多の3つの国の領土がある島で、世界で3番目に大きい島で、世界で9番目に大きい陸、人口は論外。自然がいっぱいで、植物がいっぱい育…たない。恵まれ過ぎて、の恨みを買ったのである。植物も栄養もすべてスコールという名の天罰によって流されていると考えられるが、住民が少なく、誰も見ていないため謎であr…あれ、この話さっきしたようなような気がする。

スラウェシ島(インドネシア)

信仰の違いで内乱勃発…と見せかけて、実は過激派の仕業だった。完全に利用された住民がかわいそうだが、あまりに簡単に利用されたため、住民は操り人形なのではないかという説が有力である。島の形がKであることからわかる通り、スンダ列島のKingである。じゃあ何故こんな下にあるんだって?いい質問ですねー!理由はこの島自体も家来のキンカンジャガイモ頭に操られているからである。

小スンダ列島[編集]

バリ島(インドネシア)

なぜか観光客が多い。大した所でもないのにである。

パリと間違えられるのは嫌がっている。もし、バリ島で間違えると、やばい。絶対間違えてはいけない。絶対パリ島で、パリ島とバリを間違えてはいけな…

死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。
ロンボク島(インドネシア)

隣のバリ島よりも海が綺麗な島だが、バリ島が濃いせいで影が薄い、少し可哀想な島。

バリ島の観光だけして、ロンボク島には来ないよくあること。でも、あまりに観光客が来ないため、住民はロンボク島が人気がないことに気づいていない。

スンバワ島(インドネシア)

サーフィンの聖地だが、隣の隣のバリ島と隣のロンボク島の方が濃いため、影が薄いすら無い少しかなり可哀想な島。

バリ島とロンボク島より、かなり広いのに交通網が全く整備されていない。というか、気づかれていない。

スンバ島(インドネシア)

属するスンダ列島と名前がややこしい為、よく間違えらてしまう。一部のスンダ列島の説明にはスンバワ島という聞いたことのない島の名前があることがあるが、恐らくスンバ島の誤記だと思われる。

コモド島(インドネシア)

伝説のドラゴン『コモドドラゴン』がいる島。火を吹ける上、毒を持ち、鎧を着ていて、第三の目があるらしい。なので、人は絶対に勝てないが、戦いを挑む、たくさんの愚か勇者が足を踏み入れており、食べられた愚か者もいるという(実話)。

フローレス島(インドネシア)

『フローレス大ネズミ』という『コモドドラゴン』バチモン見たいなネズミがいる島。

『ジンベイザメ』がいる、ダイビングスポットとして有名な海があるが、爆弾を投げ込むテロのせいで壊れてきている。

ティモール島(インドネシア、東ティモール)

東ティモールの軍は極端に弱く、ポルトガルから独立するときは、インドネシアに助けをもとめ、そのままインドネシアにのっとられてしまった。また、インドネシアから独立するときは、国際連合を頼り、国際連合の統治下になってしまった。

独立後、西ティモールはインドネシア、東ティモールは東ティモールに分けられたが、西ティモールのいいところ(オランダ植民地時代の中心都市オエクシ)だけは東ティモールがぶんどっていった。

交通[編集]

道路[編集]

  • 赤道-スマトラ島、カリマンタン島、スラウェシ島を結ぶ道であるが、暑さで自然発火した赤い炎がずっと燃えている為、使用不可。インドやアフリカや南米とも繋がっているらしいが、燃えてるため確認できない。尚、赤道という名前は通称で、赤い炎から名付けられたものである。正式名称は、緯度零道という。
  • 他の道路-かなり整備されていて、山岳道路や、深い森林にの中の道路や、国境を跨ぐ道路や、かなり小さい島への橋もある。でも、大きい島同士を結ぶ橋は皆無。

空路[編集]

空港[編集]

変な名称の空港ばかりである。有名なものを挙げる。

スカルノ這った空港(所在地:ジャガイモ)

何故このような名称になったのかというと、インドネシアの人全員が知ってる人の夫人である『デヴィ·スカルノ』がこの空港を這ったからである。

グラライ空港(所在地:電波)

しりとりで「ん」が付いても続けることができる。

ナハ空港(所在地:那覇)

日本の沖縄本島の玄関口。しかし、沖縄本島を含む沖縄諸島がスンダ列島にあることはあまり知られていない。情報によると、沖縄諸島はスラウェシ島北側にあるようだ。なんかおかしな気もするけど誰も気にしない

飛行機[編集]

あまりに暑い為、中の機械が壊れており、諸国で事故を起こしまくった。ヨーロッパ等から危険視されているが、原因は暑さなのでしょうがない。ヨーロッパも、しょうがないと思ってくれたのか、オーケーが出た。

航路[編集]

フェリーはのろいので、そこら中の海で行われているボートレースの参加者に賄賂を渡して乗せてもらうといい。そうするとジェットエンジンつけた、レーシングボートに乗せてくれる。警察は見て見ぬふりをしている。それどころか、警察も乗船していることもある。

鉄道[編集]

そんなものはない。実は、ジャワ島にある。日本が全面的に支援しており、在来線は関東地方から、新幹線は中国地方からの支援がある。

関連項目[編集]

Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第36回執筆コンテストに出品されました。