スーパーファミコン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

スーパーファミコン(super famicom)は任天堂が開発したファミコンの進化したもの。超ファミコンと表記されることもある。同時発売ソフトは『超髭親父世界』。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「スーパーファミコン」の項目を執筆しています。

目次

[編集] 概略

スーパーファミコンの画像。

任天堂が開発したファミコンが、表示音源処理速度など、自身の機能を大幅に向上させるために変身した状態のものをスーパーファミコンと呼ぶ。その存在は、公式に発見される以前から噂されており、ファミコン1000台につき1台の確率でスーパーファミコンに変身する素質のあるファミコンが生まれる伝説が残っていた。販売台数は日米合わせて約4000万台。つまり、伝説によるとファミコン1000台につき1台しかスーパーファミコンに変身できるものが生まれないので、約4000万台のスーパーファミコンを作るのに、約400億台のファミコンが作られたと言うことがわかる。またこのスーパーファミコンの誕生逸話を元に鳥山明スーパーサイヤ人アイデアを思いついたことは有名な話である。

[編集] 外見

変身前のファミコンの画像。変身後に比べるとチープな外見である

ファミコンがを基調とした配色で全体的に角ばった外見をしていたのに対し、スーパーファミコンは全身をグレーで統一し、全体的にも丸みを帯びた形をとっている。全面には電源スイッチとリセットボタンカセットロムの挿入口と取り出しボタンが備え付けられている点では、変身前のファミコンと同様の様相を示している。また、操縦コントローラーは変身前と同様、2つ付いているが取り外しが可能で、さらに専用の装置を用いることでプレイ人数を無限増に出来る。

また、時間が経つにつれて外側が黄色く変色するという特殊能力を持っている(標準装備)。

[編集] 変身・社会的影響

穏やかな売り上げ、社の存亡の機器、他者製品の機能への妬み、客離れに対する悲しみなどを元に覚醒することがある。スーパーファミコンの存在が初めて公式で確認されたのは1990年であるが、それまでにもその存在が噂されていたことから、ごくわずかに存在していたと考えられる。1990年に発見された当初は、当時にしてはハイスペックだったと言うこともあり人気を博したが、まだスーパーファミコンに覚醒できるファミコンは少なく、需要に供給が追いついていなかった。そのため、全国で品薄状態が続き、一部ではプレミア価格で販売されるなど、ちょっとした社会問題をもたらした。しかし、発見から数年経つと需要と供給のバランスもとれ一般的に普及を拡げていたが、プレイステーションセガサターンなどの新たなが現れ、その人気にも陰りが見えてきた。そこで任天堂は巻き返しを狙って、自社ソフトの値下げや、スーパーファミコンが4000円安くなるクーポン券をソフトに同梱した。当時の任天堂の行動は消費者に対しては喜ばしいものではあったが、かつては伝説と呼ばれていた、スーパーファミコンの存在価値を下げるとして一部では避難された。当時、国民的アイドルであったベジータが「まるでスーパーファミコンのバーゲンンセールだな」などという非難の言葉を残していることからもスーパーファミコンの値下げに対して反対的な意見もあったことが伺える。

[編集] 名作一覧

1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年以降

[編集] 関連項目

この項目「スーパーファミコン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語