スーパーマリオブラザーズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
緑「兄貴!違う世界に迷い込んじまったみたいだぜ!」
赤「気にするな! いつもと変わらずサーチ&デストロイだ!」

スーパーマリオブラザーズ』(Super Mario Bros.)とは、任天堂放送(NTND)より1985年に放送されたテレビドラマのことである。略称はスーマリ

目次

[編集] 概要

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「スーパーマリオブラザーズ」の項目を執筆しています。

このスーパーマリオブラザーズは日本の、いや世界のテレビドラマの基礎を作った番組。しかし、セーブがなかなかできないためストレスがたまりファミコンに向かって激怒する障害者たちが増加した。そのためのちにセーブが気軽にできる敵踏み殺しグロテスクアニメを放送した。ファミコンテレビを国民機にまで押し上げ、任天堂を世界的企業にまで成長させたのはこのドラマの存在である。現在でもスーマリの視聴率は破られていない。

天才宮本茂によって作られた。この番組がなかったらどうなっていたのか分からないほど、世界のドラマの動向を決めた。

スーマリ放送後、ファミコンテレビが社会現象とまでなった。テレビ局=ファミコンという認識もあったほど。

[編集] 経緯

任天堂以外のテレビ局を全て敵にまわしていた当時、キラー番組と呼ばれるスーマリで形勢を跳ね返した。後にソニープレイステーションが登場するまで、任天堂の天下は続いた。任天堂は浮かれすぎて、殿様商売をしていたのが、プレイステーションに抜かれた原因でもある。そのプレイステーションは今度は殿様商売をして……と歴史は繰り返されている。

[編集] 内容

Smbmovie poster.jpg

さえないオジサンが主人公のテレビドラマ。マリオルイージは共に配管工である。セガソニックがクールなイメージだったのとは対照的にダサいスタイルであった。しかし、ソニックよりもスーマリの方が売れた。それは単純なテレビの面白さという点でスーマリの方が勝っていたからである。

[編集] アイテム

マリオ、ルイージともにキノコを食うと巨大化する。巨大化の域も凄まじく、身長がぴったり倍にもなる。このキノコのデータをアメリカの企業が提供を申し出たが、任天堂はスーマリの秘密を守る為にこれを拒否した。このキノコをhydeも入手しようとしていたらしい、とアメリカジャーナリストが後に語っている。しかし、hydeの身長は伸びなかった。それでも、hydeはマリオの身長の驚異的な伸びを羨ましがっており、尊敬する人物にマリオを挙げている。かりにhydeがキノコを摂取すると、312cmという異常な長身になる。歴代人類史上、最長の男としてギネスブックに記録されることになるだろう。

(キノコは、毒キノコという説がある)

また、そこら辺に生えている花を食べるだけで、火を吐けるようになる。それらのことからマリオ、ルイージともに特異体質ではないか、人間ではないのではないか、などという意見も散見される。

あるいは、これらは全てマリオが見た夢で、ドラッグの影響であるというものである。マジックマッシュルームを齧り、巨大化して、別のドラッグをやり、火を吐いたりするようになったとも言われる。マリオは自室で籠もりきりで、マリオシリーズは全て夢だったという説である(『不思議の国のアリス』にも似た説がある)。これらから少年向けのドラマではない、と意見されたりもした。

現在においてもスーマリの視聴率は世界累計、日本累計ともに破られていない(スーマリの視聴率記録もギネスブックに載っている)。

[編集] 関連項目

Mario.png マリオ土管に入れません。
とりあえず早く入れるためにパックンフラワーを倒すか穴をあけてください。
できるだけ早くお願いします。 (Portal:スタブ)
Clay pipe.jpg
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語