スーパー大回転

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

スーパー大回転(-だいかいてん)はスキーのフリースタイル競技の1つ。

概要[編集]

競技の様子

その名の通り、スーパーな大回転を行う。1回のジャンプで通常の「回転」なら1回転、「大回転」なら5~10回転、「スーパー大回転」と言うからには20~30回転は行う。それぐらいしないと「スーパー大回転」とはとても言えないだろう。

競技者は斜面を滑走し、ジャンプ台から飛び立って、スーパーな大回転を見せる。似た競技にエアリアルがあるが、これはせいぜい「中回転」と言ったところである。

決して、斜面をコーナーリングしながら滑降するだけの甘っちょろい競技ではないことに注意すること。まさかそれだけのことで「スーパー大回転」を名乗ることなどあろう筈がない。

スーパー大回転を超える「ウルトラ大回転」や「ハイパー大回転」があるとの噂もあるが、さすがに競技者がいないようである。架空の話ではあるが、100回転をも超えればそれは「スーパーウルトラグレートデリシャスワンダフル大回転」という競技名となるであろう。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スーパー大回転」の項目を執筆しています。