セガサターン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「セガサターン」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「セガサターン」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「セガサターン」の記事を執筆しています。

セガサターンとは、セガが総力を上げて作り上げた高拡張性ゲームハードである。

概要[編集]

時は1990年代半ば、これまでハードシェアの牙城を守り続けてきたファミコンスーパーファミコンの優位性がバブル崩壊により揺らぎ始めた頃。セガマークIIIといいメガドライブといい二番手三番手に甘んじてきたセガは、任天堂の隙をつくべく新ハード計画を発表した。これまで家族層をメインにしてきたコンシューマハードの定石を崩す尖りきったラインナップ、βビデオに並ぶ先進性を持っていたビデオCDへの対応など数々のサプライズを用意した次世代ハード、セガサターンの登場である。

カクカクの箱型キャラクターが立体的に動き回る「バーチャファイター」や18禁PCタイトルの移植は衝撃的であり、また同時期のPlayStationが苦手としていた2D描画が異常に得意でありアニメ絵好きを歓喜させた。加えてコンシューマ初となる完全18禁タイトルを出すなど、その尖りぶりはまさにセガの魂が形になったようなハードと言えるだろう[要出典]

拡張性[編集]

これがセガ驚異のテクノロジーだ!!

セガサターンの拡張性の高さを象徴するのが、Vサターンやハイサターンという上位機種の存在。PCエンジンのように個別に周辺機器を取り付けるのではなく、ハードそのものを物理的にアップグレードする手法になっている。特にハイサターンは、これまで標準対応ではなくVカードが必要だったビデオCDやフォトCDにも標準対応するという進化を遂げた。

中でもハイサターンの衝撃的な機能は、カーナビ機能である。専用モニターを車内に据え付ける事で、当時まだ普及率の低かったカーナビを手軽に持てるようになる。SONYハードがこの機能を持つのは十年以上後であり、任天堂ハードに至っては未だに実装出来ていない。セガサターンがいかに優れたハードであるかを示している。

その終演[編集]

セガサターン・PlayStation・ニンテンドー64の三つ巴[1]の戦は泥沼化し、そこから抜け出すためにセガは禁断の戦術「炎上商法」に手を出してしまった

せがた三四郎が「群れねば遊べない者には、心に問い掛けるぞ(=みんなが持ってる売れてるゲームばかりしてないで、売れてないセガハードのゲームで遊ぼう)」と呼び掛ける自虐CMや自虐キャンペーン[2]を打ちまくり、今でいう炎上を狙ったがそれは大きく裏目に出てしまい最終的にはせがた三四郎が自爆してCMシリーズを完結させることになった。そしてセガサターンはドリームキャストに後を譲り現役を引退している。しかしその凄まじいパワーはゲーム業界に刻まれ、多くのマニアがセガサターンの偉業を記憶に留めている[不要出典]

脚注[編集]

  1. ^ プレイディア?3DO?それは何処の国の冷やし中華ですか?
  2. ^ ドリームキャストでも同じように自虐キャンペーンを打ち、最終的には湯川専務が常務に降格したらしい。人事と関係ないのに。

関連項目[編集]